NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。
木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。
『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

プロフィール

指輪:零 右手の親指

『暁』のリーダー。忍の始祖である『輪廻眼』を開眼している。赤い髪で、髪により片目が隠れている。長門は『うずまき一族』の血を引いており、この赤い髪は『うずまき一族』の特徴である。
雨隠れの里を支配しており、住民からは『神』と崇められている。人前には滅多に姿を現さず、小南が長門をサポートしている。

自身のチャクラを受診させる黒い棒を死体に刺して操る。操る死体は6体あり、『ペイン六道』と呼ばれている。ペイン六道の全員が輪廻眼を持っており、それぞれが視界を共有している。その為、死角から攻撃を仕掛けても、他のペイン六道がそれを見ていると攻撃を避けられてしまう。また、ペイン六道のそれぞれが異なる輪廻眼の力を持っている。

来歴

雨隠れの里の一般住人だった。ある日、家に食料を目当てに木の葉隠れの里の忍がやって来る。長門は家族と共に逃げようとするが、両親が暗闇で敵の忍と間違えられ殺害される。それをきっかけに輪廻眼を開眼し、忍たちを殺害した。その後、放浪をしている時に自身と同じく戦争孤児である弥彦や小南と出会い、行動を共にする。その後、木の葉隠れの里の『伝説の三人』の一人である自来也に拾われ、彼の元で忍術を学ぶ。
その後、弥彦をリーダーにして「武力に頼らない平和」を実現するために『暁』を結成する。『暁』は順調に規模を拡大していくが、雨隠れの里の長である半蔵はそれをよく思っていなかった。そこで半蔵は木の葉隠れの里の上役であるダンゾウと手を組み、『暁』を襲撃する。それにより小南が人質にされる。そして長門とは弥彦を殺害するように迫られる。長門は弥彦を殺す事が出来なかったが、小南の身を案じた弥彦は、自ら命を落とした。長門はそれにより激怒し、『外道魔像』を口寄せして半蔵配下の忍を全員殺害した。それ以降、長門が『暁』のリーダーとなった。

長門は身体が衰弱していき、機械に補助してもらわなければ歩けなくなる。そこで長門は『ペイン六道』を作り出し、それらを動かして行動するようになる。そして自身は表に顔を出さず、『ペイン』と名乗って行動していく。弥彦が死んで以来、長門は人が変わっていた。長門は尾獣を手に入れて圧倒的な禁術兵器を作ろうとしていた。それには「禁術兵器を国に与えて戦争を起こす事で人々に戦争に対する恐怖心を覚えさせ、それにより戦争を無くす」という目的があった。その目的を達成する為に、イタチや鬼鮫など、S級指名手配されている忍たちを『暁』に引き入れていく。
それと並行して、長門は半蔵を殺害し、雨隠れの里の指導者となった。

その後、『ペイン』の事を調べていた自来也が雨隠れの里を訪れる。そこで長門はペイン六道を動かしてかつての師を迎え撃つ。自来也は三人のペインを倒したが、そこへさらに三人のペインが現れ、左腕を失ってしまう。そして倒したはずのペインも復活し自来也は追い詰められる。窮地に陥った自来也はペインの情報を残して、死亡した。

その後、ペイン六道全員を用いて木の葉隠れの里を強襲する。長門はペイン六道を使って木の葉隠れの里の忍を圧倒する。そして『神羅天征』という術を使い、木の葉隠れの里を瓦礫の山へと変えた。
そこへ、仙術の修行の為に里を離れていたナルトが帰還し、戦闘を始める。ナルトは仙術を覚え、桁違いに強くなっており5体のペインを破壊する。しかし、ナルトの行動を封じる事に成功する。ナルトを助けようと、ナルトと同期の忍であるヒナタが割って入ろうとするが、ペインはヒナタを突き刺して重傷を負わせる。それを見たナルトは逆行し、九尾の力を暴走させる。ナルトは危うく九尾を復活させようとするが、父親である波風ミナトにより暴走を止められた。
その後、残っていたペインも倒され、長門はチャクラを探知されてナルトと対面する。そこで長門は自身の過去を語り、戦争と平和に対する自身の考えを述べた。ナルトは、自身の師を殺害し、木の葉隠れの里を崩壊させた長門の事を憎んでいたが、殺すことはしなかった。そして「ナルトが平和をもたらすことができると信じる」という自来也の言葉を信じると宣言した。それを聞いた長門はナルトを信じる事に決める。そして長門は自身の命と引き換えに他者を蘇らせる『外道・輪廻天生の術』を使用し、ペインの襲来により死亡した木の葉隠れの里の人間の命を蘇らせた。

その後『第四次忍界大戦』が勃発すると『穢土転生』で復活させられ、戦争の手駒とされた。そして同じく『穢土転生』で蘇ったうちはイタチと共に、ナルトとキラービーと戦った。この時の長門はペイン六道が使っていた輪廻眼の力を一人で全て使用する事ができ、ナルト達を苦しめた。しかし、イタチが『穢土転生』を解き、封印術を帯びた霊剣・十拳剣で刺した事により封印された。長門は消える間際に「俺は師匠のところへ戻ってお前の物語を見ておくとするよ。俺から言わせりゃ、お前は三部作の完結編。一部は自来也、完璧だった。だが、二部作目ってのは大概駄作になる。俺のようにな。師にも認めてもらってない。シリーズの出来ってのは三作目……完結編で決まる! 駄作を帳消しにする位の最高傑作になってくれよ…ナルト!」と笑顔でナルトに檄を送った。

後に、長門が持っていた輪廻眼がうちはマダラのものだった事、『暁』を結成するようにオビトが仕組んでいた事が明かされた。

ペイン六道

天道

素体となっているのは、長門と行動を共にしていた弥彦の死体。
斥力と引力を発生させる力を持つ。

地獄道

閻魔大王を口寄せし、他者の魂を引き抜くことができる。魂を抜かれたものは死亡する。
この魂を使って戦闘不能になったペイン六道を復活させることができる。
素体となっているのは、廃村で演説をしていた男。

餓鬼道

敵のチャクラを吸い取ることができる。チャクラは、敵の体内にあるもの、術として練られたもの関係なく吸収することができる。その為、忍術は通用しない。
また、通常のチャクラだけではなく、仙術チャクラも吸収できる。しかし、仙術チャクラはコントロールできなければ石化してしまう為、仙術チャクラを吸い取る場合にはその技術を会得していないとならない。
素体となっているのは、自来也が賭博場で出会った草隠れの忍。

畜生道

口寄せを専門としている個体。畜生道が口寄せした個体は全て輪廻眼を持っている。ペイン六道が輪廻眼を持っているのもこの為である。
様々な動物を口寄せするが、ほとんどの個体が巨大な体格を有している。
自来也が戦った畜生道は木の葉隠れの里に持ち帰られた為、2人目の畜生道が生まれた。
1人目の畜生道となった男性は、自来也と交戦した風魔一族の忍。2人目の畜生道となった女性は、雨隠れの里の忍である。

修羅道

カラクリ兵器を口寄せして戦う。ミサイルなどの兵器も使用する。
素体は自来也が旅をした時に出会った傀儡師の男。

人間道

他者の額に手を当てることで、体を乗っ取り、記憶を読み取ることができる。その際に魂を引き抜いて殺害することもできる。
素体となっているのは滝隠れの里の忍である。

長門の術・技

輪廻眼

三大瞳術の一つ。忍の始祖とされる『六道仙人』が開眼していたとされる眼。
この眼を開眼すると六道の術を使用することができるようになる。
本来の持ち主であれば、六道の術以外に固有の能力を使うことができるが、長門の眼はうちはマダラのものなので、長門に固有の能力はない。

神羅天征

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents