NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。
木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。
『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

土遁・土矛

自身の体を硬化させる。敵の攻撃を防ぐだけではなく、体術による攻撃力も増す、攻防一体の術となっている。
しかし、土遁に強い雷遁にはその効力を発揮せず、カカシは雷切によって角都の心臓の一つを潰した。

ゼツ

プロフィール

指輪:亥 右手の第五指(小指)

草隠れの里の抜け忍。巨大なハエトリグサのようなものに体を包まれている。左半身と右半身で色が違う。白い方が『白ゼツ』、黒い方が『黒ゼツ』といい、白ゼツと黒ゼツは異なる人格を持っている。
地面に潜ることができ、情報収拾を行なっている。

黒ゼツ

マダラの背後にいるのが黒ゼツ

プロフィール

ゼツの右半身。カタコトの言葉を話すのが特徴。
オビトを助けたマダラは、身体が限界にきており死ぬ事になる。マダラの代わりに『月の眼計画』を実行するオビトをサポートする為に、マダラは自分の意思を白ゼツの一体に流し込み、黒ゼツを作り出した。しかし、実は黒ゼツはマダラが作り出した存在ではなく、大筒木ハゴロモ(六道仙人)の母親である『大筒木カグヤ』が封印される際に産み落とした存在だった。黒ゼツは封印されたカグヤを復活させる為に、暗躍していく。

来歴

ハゴロモの息子であるインドラは、兄弟であるアシュラに後継者争いで敗北する。黒ゼツはそんなインドラを唆し、兄弟が対立するように仕向けた。これが、構成に続く千手一族とうちは一族の不和に繋がる。そしてハゴロモが書き記した石碑の内容を書き換え、石碑を読んだうちは一族の者が『無限月読』を実行するように仕向けた。
その後は、インドラとアシュラの転生者に働きかけ、輪廻眼を開眼させようとしていた。そしてマダラを見つけ、マダラなら輪廻眼を開眼できると確信した。そして、自身がマダラから作り出されたように見せかけた。

『第四次忍界大戦』が勃発する直前に、カブトにマダラの痛いの場所を教えて『穢土転生』させた。
戦争が始まると黒ゼツは各国の大名を襲撃する。しかし、護衛についていた霧隠れの里の忍である長十郎に上半身と下半身を分断され、行動が不能となった。しかし、時間をかけて地中に潜み、その場を離脱した。
その後、オビトの身体に取り付き『輪廻天生の術』を使わせてマダラを復活させた。その後、マダラが十尾の人柱力となり、『無限月読』を発動させた時に本性を現し、マダラの胸を背後から貫いた。そしてマダラの身体を触媒とし、カグヤの復活を果たした。
その後、カグヤと同化し、ナルト達を殺害しようとした。しかし、カグヤはナルト達により再び封印されることになる。黒ゼツはカグヤから離れて逃げようとするが、ナルトにその存在を気づかれ、カグヤと共に封印された。

白ゼツ(オリジナル)

ゼツの左半身。子供のような話し方をし、優しげな性格をしている。ナルトに「トゲトゲのアロエヤロー」と言われた時には憤慨していた。
マダラやオビトから千手柱間の劣化したクローンとされていた。しかし、その正体は無限月詠の術にかかった者の成れの果てである。

うちはオビトがうちはマダラに助けられた時から、オビトをサポートした。
サスケが五影会談を強襲した時には、突如会場に姿を現して一同を混乱させた。その後、激昂した雷影に首を折られるが、死亡はしていない。そして他者に寄生してチャクラを奪う『胞子の術』を発動し、サスケにチャクラを渡した。
その後、オビトによりサスケの監視を命じられていたが、イタチの写輪眼を移植し『永遠の万華鏡写輪眼』を手に入れたサスケにより殺害された。

トビ / グルグル

左がグルグル

マダラに生み出された存在。
顔が渦巻いており、トビの面のモデルとなっている。性格は陽気でボキャブラリーに飛んでいる。オビトが演じていたトビは、このグルグルを真似ていたと思われる。
オビトがマダラに助けられた後、オビトのリハビリを手伝った。オビトが立てるようになった時には、非常に喜んでいた。
その後、オビトの仲間であるカカシとリンが窮地に陥っていると知ったオビトが戦場に向かおうとし、グルグルはオビトの身体を覆って全快していなかったオビトを助けた。
『第四次忍界大戦』の時には、木の葉隠れの里の忍である大和に纏わりついて操った。ナルト達によって無限月詠が解除され、グルグルは再び大和の体を操ろうとするが、体が崩れさって消滅した

白ゼツ(量産型)

『第四次忍界大戦』に向けて、戦力差を埋めるために尾獣のチャクラを使って量産された白ゼツ。オリジナルのゼツと違い、右半身が存在している。その正体は、初代火影である千手柱間の細胞を使って作られたクローンであり、「木遁の力で動く植物」である。
『胞子の術』でチャクラを奪い、それを利用して忍連合の忍に化けて同士討ちをさせようとした。しかし、九尾チャクラをコントロールし、悪意を感じ取ることができるナルトが来た事により、正体がバレてしまって一掃された。

ゼツの術・技

胞子の術

白ゼツの術。
敵に寄生し、チャクラを奪う。そのチャクラを使うことで、白ゼツはチャクラを奪った者に化けることができる。また、奪ったチャクラを他者に譲渡することもできる。

長門(ながと)

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents