NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。
木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。
『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

対象の運命を変える幻術。禁術であり、この術を使った写輪眼は失明する。
対象を精神の無限ループの中に閉じ込める。本来の己を受け入れた者は無限ループから解放される。

干柿鬼鮫(ほしがき きさめ)

プロフィール

指輪:南 左手の第四指(薬指)

名前の通り、鮫に似た容姿をしている。頬骨のところに魚のエラのような傷がある。また、人間らしからぬ青黒い肌をしている。
霧隠れの里の抜け人。元『霧の忍刀七人衆』の一人である。上司であり、『霧の忍刀七人衆』の一人でもあった西瓜山河豚鬼を殺害し、大刀・鮫肌を奪った。

膨大なチャクラを持っており、『尾のない尾獣』と呼ばれている。その異名は伊達ではなく、通常の3割ほどのチャクラでも、普段のナルトほどのチャクラ量である。
鮫肌は、刀身に無数の棘がついたような刀で、斬らずとも敵の体に当てて擦り付けることで負傷させることが出来る。また、鮫肌は敵のチャクラを喰うことができる。鬼鮫は、チャクラを喰った鮫肌からチャクラを譲り受けることができる。この能力により、ただでさえ凄まじい鬼鮫のチャクラは、さらに膨大な量となる。鮫肌が一度に喰えるチャクラの量は決まっている。また、鮫肌と合体し、魚人のような姿になることができる。この姿になると、水中での呼吸や高速移動が可能となる。
水遁を得意としている。鬼鮫の水遁は、水場がない場所でも大量の水を生み出す高位な術となっている。

来歴

霧隠れの忍だった時は、ボディーガードと、他国に情報が漏れないように味方殺しを行なっていた。しかし、その仕事行っていたせいで、鬼鮫は自身の存在意義に疑問を抱いていた。そんな時、鬼鮫は当時の水影だった橘やぐらを操っていたトビ(うちはオビト)と出会い、トビが語る『理想の世界』に興味を持ち、『暁』へと加入した。

『暁』に入ってからはイタチと行動を共にしている。
ナルトの中の九尾を奪いに、イタチと共に木の葉隠れの里を訪れる。イタチと共に、カカシ、アスマ、紅と戦い、優位に立つ。しかし、そこにガイが救援に来た事により退却した。その後、自来也が現れ、イタチの決断により木の葉隠れの里を去った。

『第四次忍界大戦』の前には、サスケが捕獲し損ねた八尾の人柱力であるキラービーの討伐に繰り出す。
鬼鮫は、尾獣を完全にコントロールする事ができるキラービーを相手取り、優位に戦闘を行なう。キラービーは水遁で巨大な水のドームを作り出し、そこへキラービーを引きずりこむ。鬼鮫は鮫肌と合体する事で、自在に水中で戦う事ができた。しかし、キラービーのチャクラを喰った鮫肌がキラービーを鬼鮫を裏切った事により、形勢が逆転する。さらに、そこに雷影であるエーが現れ、鬼鮫はキラービーとエーにより首を刎ねられる。しかし、実はこの時、鬼鮫は死亡しておらず、鮫肌の中に潜んでいた。キラービーは鮫肌を自身のものとして持ち帰った。

その後、『第四次忍界大戦』が始まり、ナルトとキラービーは忍連合によって隠される。その時、鬼鮫は鮫肌の中に潜んでいたが、九尾のチャクラをコントロールしたナルトは悪意を感じ取ることができるようになり、それにより存在を感知されてしまう。
鬼鮫は潜んでいた間に得た情報をまとめた巻物を持って逃走しようとするが、ガイと遭遇し戦闘になる。その結果、鬼鮫は八門遁甲を開いたガイの技『昼虎』を受けて敗北する。
その後、トビに関する情報を引き抜かれようとするが、舌を噛んで自身を拘束している術を解き、鮫を口寄せして自分自身を喰わせた。それにより、トビに関する情報が忍連合に渡ることはなかった。そして鬼鮫は、情報を記した巻物を開くと『水牢の術』と『口寄せの術』が発動するように仕組んでおり、鮫に巻物を持ち出させた。
死の間際には、以前イタチと交わした「人間がロクでもないかどうかは死に際にわかる」という会話を思い出し、「どうやら自分はロクでもない人間…でもなかったようですよ」と言っていた。だが、仲間の為に戦ったその生き様により、ガイは「その名を一生覚えておく」と残している。

干柿鬼鮫の術・技

水遁・爆水衝波

体内で生み出した水で辺り一面を覆う術。この術で水場を作る事で、水遁使いが本領を発揮することができる。
この上位互換として『水遁・大爆水衝波』がある。

水牢鮫踊りの術

水のドームに敵を閉じ込め、自身は鮫肌と合体して徐々に敵を弱体化していく。
この水のドームは術者を中心に移動する為、鮫肌と合体した鬼鮫から逃げるのは至難の技である。

水遁・大鮫弾の術

巨大な水の鮫を作り出し、敵に打ち付ける。敵のチャクラを吸って大きくなる力を持っている。

デイダラ

プロフィール

指輪:青 右手の第二指(人差指)

岩隠れの里の抜け人。岩隠れの里にいた時は爆破部隊に所属していた。長めの金髪で、左目が髪で隠れている。自身の事を「オイラ」と呼称するが、たまに「オレ」と呼ぶ。言葉の終わりに「うん」とつけるのが癖。
同じく『暁』のメンバーであるサソリと行動を共にしている。

粘土と自身のチャクラを練り合わせて作った『起爆粘土』を使って戦闘を行う。自身の両の掌には口がついており、その口で粘土を練ったり、形成したりする。起爆粘土は蜘蛛や鳥などの動物の形に形成する事が多い。鳥を形どった起爆粘土は飛行する事ができ、蜘蛛の起爆粘土は地上に張り付く事ができるなど、形成した動物の能力を得られる。爆破の威力は、使用している粘土の量に比例する。粘土の量を増やすと、その分、起爆粘土の移動スピードが落ちる。
爆弾は『C1』〜『C4』の爆弾があり、数字が増すごとに威力が増す。単純な破壊力は『C3』が最大で、被弾すれば大国も存続が危うくなる。デイダラ最大の技である『C4』は体内に入り込むほどの極小の爆弾である。『C4』は空気中に爆散し、生物の体内に入り込んで体内から細胞を破壊する。
デイダラの爆弾は全て土遁である為、弱点の雷遁で攻撃すると起爆しなくなる。

来歴

禁術である起爆粘土に手を出した事により、岩隠れの里を追われた。里を抜けた後は起爆粘土を使ってテロリストのような事をしていた。そんな時にイタチが『暁』のメンバーの勧誘に訪れる。デイダラはその勧誘を断り、イタチと戦う事になるが、写輪眼の幻術にかかり、イタチに完敗する。この一件でイタチに対して執着するようになる。

サソリと一緒に我愛羅の中の一尾を求めて砂隠れの里を強襲する。デイダラは巨大な鳥の起爆粘土を作って、上空から奇襲しようとするが、我愛羅にその存在を感知されて戦闘となる。デイダラは我愛羅の砂の防御を崩せず、左腕を潰される重傷を負わされて苦戦する。しかし、デイダラは起爆粘土を我愛羅の砂の中に潜り込ませ、我愛羅の防御の中から爆破を起こして勝利する。
その後、砂隠れの里を脱し我愛羅の中の一尾をを外道魔像の中に封印する。そして砂隠れの里からの救援申請を受けてやってきたナルト達と戦うことになる。
デイダラは鳥型の起爆粘土に乗って上空から様子を伺っていたが、カカシの『神威』により右腕をちぎられ、ナルトによって地上へと落とされ、追い詰められる。しかし、粘土で分身を作り出し、逃げ出す事に成功する。

ナルト達と戦った時に、相方であるサソリは死亡したため、新入りのトビと行動することにすることになる。
その後、自身が狙っていた大蛇丸をサスケが殺害した事により、サスケをターゲットとする。そして、イタチの捜索をしているサスケと遭遇し、戦闘を始める。
デイダラはトビと協力して起爆粘土の地雷を地中に仕掛け、上空から爆撃を仕掛ける。しかし、写輪眼により地雷の場所と、起爆粘土の弱点を知ったサスケに地上に叩き落される。サスケは、かつてのイタチのようにデイダラを幻術にかけるが、デイダラはイタチに敗北した経験から写輪眼の幻術を解く訓練を積んでいた。それにより、写輪眼の幻術を解き、自身が持つ最強の爆弾である『C4』を爆破させる。極小の爆弾がサスケの体内で爆破し、デイダラは勝った気になっていたが、それも写輪眼の幻術だった。サスケは雷遁を自身に流し、C4を無効化していた。追い詰められたデイダラは、起爆粘土を食べ、自爆した。しかし、サスケは口寄せした蛇で防御した為に死ぬことはなかった。

『第四次忍界大戦』直前に禁術である『穢土転生』により呼び戻され、忍連合が隠していたナルトとキラービーの元へ現れる。『C4』を使おうとするが、土影であるオオノキが現れた為に撤退した。
その後、戦争が始まり、デイダラは偵察部隊に組み込まれた。そして奇襲部隊であるカンクロウが率いる部隊と遭遇し、戦闘を行う。その結果、カンクロの傀儡の中に閉じ込められる。デイダラは自爆を試みようとするが、雷遁の刀で刺され、どうすることもできなくなってしまう。その後、イタチが『穢土転生』の術者であるカブトを倒した為、消滅した。

デイダラの術・技

起爆粘土

デイダラのチャクラを練り合わせた粘土。デイダラが印を結ぶことで、任意のタイミングで爆発させることができる。
粘土とチャクラの量に応じて威力が変動する。デイダラの起爆粘土は『C1』〜『C4』に分類される。爆弾は数字が上がるほどに破壊力が増していく。
起爆粘土は土遁であるために、弱点である雷遁を受けると爆発しなくなる。

C1

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents