君の名前で僕を呼んで(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)』とは、2017年に公開されたルカ・グァダニーノ監督による青春・ラブロマンス映画。17歳エリオは大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーとひと夏を共に過ごす。そんなエリオの初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いている。本作はアンドレ・アシマンが2007年に出した小説『Call Me by Your Name』を原作としている。今作では原作の物語の途中までしか描かれておらず、続編の構想が明かされている。

『君の名前で僕を呼んで』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

恥ずかしいダンスシーン

オリヴァー役を務めたアーミー・ハマーが「人生で最悪のシーンだ」と語っているシーンがある。それは、劇中でオリヴァーとエリオとエリオの数人の男女の友達で夜にダンスパーティーに行き、オリヴァーが80年代の音楽に合わせてダンスをするシーンだ。楽しそうに踊っているが、どこかぎこちないオリヴァーがネットでも話題になった。
この事についてアーミー・ハマーは「撮影中は音楽がかかっていない状態だったから、リズムを取りながら一晩中踊るのは大変だったよ。だからあのシーンはあまり好きではないんだ」とコメントしている。
海外のファンからは「動きがユニーク過ぎ」「なんだか不思議に可愛い」「なぜかハマる」と密かな人気を誇る名場面でもある。

ハエによって表現されるエリオの成熟

美しい映像にたまに写り込んでくるハエが印象的な映画でもある。ラストシーンにおいて暖炉の前でオリヴァーとの別れに泣いているエリオの周りでもハエが1匹飛び回っていた。これは、エリオの成熟を示すものだとされている。ハエは香りを放つものに寄ってくる。熟していない果実には寄らず、熟して香りをまき散らすようになった果実にはハエが寄ってくる。つまり、エリオの恋も熟し、果実のように成長したからハエが寄ってきていたのではないかと言われている。

続編の可能性

実は本作は原作の途中までしか描かれていない。監督自身も続編への意欲があり、続きがあるとすれば、2人の十数年後を描く予定だとされている。今作では80年代に流行ったとされるエイズ問題について一切触れられていないため、次回作ではエイズ問題について描く予定であると監督はインタビューで答えている。

『君の名前で僕を呼んで』の主題歌・挿入歌

オープニング主題歌:Sufjan Stevens『Mystery of Love』

エンディング主題歌:Sufjan Stevens『Visions of Gideon』

挿入歌:The Psychedelic Furs『 Love My Way』

『君の名前で僕を呼んで』の劇場予告動画

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)とは、2017年にアメリカで公開された、声の出ない中年女性と半魚人のラブ・ロマンスを描いた作品。前代未聞のラブストーリーということで、2018年に日本でも公開され話題になった。ギルレモ・デル・トロ監督作品の中でも傑作と呼ばれる本作で、サリー・ホーキンスの演技が高く評価された。

Read Article

メッセージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メッセージ』(原題:Arrival)とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。 突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

Read Article

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』とは、1868年出版のルイーザ・メイ・オルコットの自伝的小説『若草物語』が映画化されたもの。2019年12月に全米、2020年6月に日本公開。監督のグレタ・ガーウィグが脚本も担当。今作に挑むに当たってガーウィグ監督は、著者であるオルコットが「本当は何を言いたかったのか」という命題を深く掘り下げることに焦点を当てた。古来、女性が置かれてきた状況を顕在化することで、自分らしく生きたいと願う現代の女性へのオマージュに昇華させている。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

ホテル・ムンバイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホテル・ムンバイ』とは、2018年に製作されたオーストラリア・インド・アメリカの合作映画である。2008年にインドのムンバイで発生した同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められた人たちの様子を実話をもとに描いている。ホテルのレストランで給仕を担当しているアルジュンはロビーからの銃声を聞いて宿泊客を頑丈な部屋へ避難させ、テロリストとの戦いが始まる。監督はアンソニー・マラスが務め、デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ジェイソン・アイザックスらが出演した。

Read Article

目次 - Contents