君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)のネタバレ解説まとめ

『君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)』とは、2017年に公開されたルカ・グァダニーノ監督による青春・ラブロマンス映画。17歳エリオは大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーとひと夏を共に過ごす。そんなエリオの初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いている。本作はアンドレ・アシマンが2007年に出した小説『Call Me by Your Name』を原作としている。今作では原作の物語の途中までしか描かれておらず、続編の構想が明かされている。

本作では古代ギリシャ等の芸術がふんだんに使われており、古代ギリシャの歴史が大きく関わっている作品である。というのも、古代ギリシャでは少年と青年同士の恋愛である「少年愛」というものがあったとされている。これは、通過儀礼のようなものとされていた。本作はこの文化を根底に置き、原作者であるアンドレ・アシマンの哲学が表現された作品である。

『君の名前で僕を呼んで』の名シーン・名場面

好きな人の香り

本作でエリオがオリヴァーの部屋に無断で入り、オリヴァーの服の匂いを嗅ぐシーンがある。頭から服を被りオリヴァーの香りに包まれ、その香りに浸るシーン。
1番記憶に残りやすのは「香り」と言われており、好きな人の香りを嗅ぐだけで、幸せな気持ちになったり、好きな人の香りに包まれていたいと感じるほど「香り」は恋愛において重要なものである。

芝生で寄り添う2人

エリオが気持ちを告白した後オリヴァーを自分の「秘密の場所」に案内して湖のほとりの草原で寝転び初めてキスをするシーン。最初はオリヴァーから軽くキスをするが、後にエリオが激しくキスをする。まだ過ちを犯すべきではないと一旦忘れようとするオリヴァー。2人の気持ちは確かだが、離れる事が最善だという初々しくも甘酸っぱい雰囲気が漂う美しいシーンである。

今までにないエンドロール

3分半にも及ぶ長回しラストショットには心揺さぶられると話題になったシーン。オリヴァーが帰国し、数ヶ月が経つ。久しぶりにオリヴァーから電話があり「結婚することになった」と聞かされ、放心状態となるラスト。電話を切り、暖炉の火を眺めるエリオの顔のアップ映像の左側スペースにメインキャスト・スタッフ等の名前が出る。 今ままで味わった事のない痛みに必死に耐えるエリオだが、堪えきれず涙が出てくる。エリオが母親に呼ばれ、涙を拭き取りゆっくり振り返りスクリーンは黒に変わる。暖炉の焚火の音だけが響き、スタッフ等の名前が出て終わる。エリオの映像の方が長く、背景が黒に代わってからは短い。エンドロールのほぼ一面で悲しい表情を3分半にも及んで演じたティモシー・シャラメの圧巻な演技である。

『君の名前で僕を呼んで』の名言・名セリフ

「大事なことは何も知らないんだ」

オリヴァーとサイクリングに行った際に、恋心を伝えようとしつつも、どう話したらいいのか、自分の気持ちは正解なのか、何も分からないエリオ。それでもオリヴァーに伝えたいという気持ちが溢れ出たセリフ。こんな曖昧で切なくて美しい表現がこの映画には多くちりばめられている。

「君の名前で僕を呼んで。僕の名前で君を呼ぶ」

2人がついに関係を持ち、恋しさのあまりエリオがオリヴァーに言った言葉。本作のタイトルにもなっているセリフであり、エリオはオリヴァーを「エリオ」と呼び、オリヴァーはエリオを「オリヴァー」と呼ぶ。名前を交換して相手とひとつになることが2人の愛情表現であるというロマンチックなセリフだ。

「お前が感じた喜びをその痛みとともに葬ってはいけない」

オリヴァーと離れ失望感に浸っていたエリオに、父親がかけた言葉。一言もエリオとオリヴァーの関係について気づいていても問いただす事はせず、「お前たちが羨ましいよ」と微笑む。自分もはるか昔にそうした感情を持つ寸前まで行ったのに思いとどまり後悔をした経験があるからこそ、息子には自分の気持ちに正直でいて欲しいと語りかける。

「何ひとつ忘れない」

ポスターにも起用されたセリフ。オリヴァーが電話でエリオに最後に伝えた言葉であり、2人の恋の切実さが伝わってくる。別々の道を歩む事になったが、互いの人生を形作る大切な宝物のような時間を過ごせたのだと感じるセリフ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents