ダンベル何キロ持てる?(ダン持て)のネタバレ解説まとめ

『ダンベル何キロ持てる?』とは、原作:サンドロビッチ・ヤバ子、作画:MAAMによる漫画作品で、小学館のコミックアプリ「漫画ワン」と漫画配信サイト「裏サンデー」で連載中である。
食べることが大好きな女子高生の紗倉ひびきが理想の身体を目指してジム通いを決意し、そこで出会う個性的な同級生、ジムトレーナーとの交流を描く。登場人物の面白さ、可愛さに癒されるだけでなく、本格的トレーニング方法も学ぶことが出来る漫画となっている。

『ダンベル何キロ持てる?』の概要

『ダンベル何キロ持てる?』とは、原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画MAAMによる漫画作品で、現在は小学館のコミックアプリ「漫画ワン」と漫画配信サイト「裏サンデー」で連載中の漫画である。2019年7月~9月には、アニメ制作会社動画工房によりアニメ化され、ニコニコ動画等の動画サイトで話題を呼んだ。

本作の主人公は、皇桜女学院の女子高生、紗倉ひびきである。ひびきは食べることが大好きで、朝から晩まで食べてばかりである。ある日、同級生の上原彩也香から太ったと指摘をされ、ひびきはダイエットを決意する。そこで、新しく出来たシルバーマンジムの見学に行くと学校の同学年で優等生美人の奏流院朱美も見学に訪れていた。ただ、ひびきの想像していたジムとは違い、本格的なボディービルダーやスポーツ選手も通うジムであることに気づき、ひびきは入会を諦めようとする。一方で一緒に見学に来ていた朱美は筋肉フェチのため、とても喜んでいた。そんなひびきであったが、ジムを案内してくれたトレーナーである街雄鳴造に出会った瞬間に入会を決意する。なぜなら、鳴造は爽やかイケメンで細マッチョであり、ひびきのタイプであったからである。しかし、鳴造も本格的なボディービルダーであり、服の下にはムキムキの筋肉が隠れており、ビルドポーズをするたびに隠れた筋肉が姿を現すのであった。その後、実家がボクシングジムを経営している同級生の彩也香、コスプレが趣味で生徒にはコスプレをしていることを隠している教師立花里美、ロシアからアームレスリングの試合のために来日し、その後留学生としてひびきの家に住むことになったジーナ・ボイドも仲間に加わり、彼女達と一緒に筋トレの世界へのめり込んでいく。

『ダンベル何キロ持てる?』のあらすじ・ストーリー

本作の主人公である食べることが大好きな紗倉 ひびき(さくら ひびき)は、同級生で両親がジムを経営している上原 彩也香(うえはら あやか)から「太った?」と指摘を受ける。太っていることを自覚していなかったひびきはショックを受けるも自分では痩せる方法を知らないため、痩せるぞと意気込みながらも大好きな食べ物を食べ続けてしまう。

自分一人ではダイエットが出来ないと思ったひびきは近所に出来たシルバーマンジムへ見学に行く。そこで同級生で文武両道、才色兼備の奏流院 朱美(そうりゅういん あけみ)と出会う。朱美と自分では頭脳も容姿もかけ離れており、会話をすることに抵抗を感じる。しかも、朱美はジムに通う目的意識も高く、ひびきは楽に痩せる目的でジムに来ており、目的までも違うなと感じ、朱美とは仲良く慣れないと思いながらも一緒にジムの見学をすることになる。

ひびきはトレーニング場を覗くとビックリする。何故ならこのシルバーマンジムは本格的なボディービルダーやプロスポーツ選手も在籍するガチで身体を鍛えるためのジムであり、トレーニング場ではムキムキマッチョな人達が身体から蒸気を出すくらい激しいトレーニングをしていたのであった。

ひびきはイメージしていたジムとはかけ離れていることに驚きを隠せずにいた。一方で朱美は何故か息が荒くなり興奮していた。なんと朱美は超がつく筋肉フェチであり、素敵な筋肉を見るだけで興奮が止まらなくなるのであった。

朱美は直ぐに入会を決意するも、ひびきはイメージとのギャップから入会を諦めようとするが、そこに現れた爽やかイケメンフェイスのジムトレーナ街雄鳴造(まちお なるぞう)に出会った瞬間に入会を決意するのであった。なぜなら、ひびきの好みの男性タイプにドンピシャであったからである。

さっそく街雄の筋肉講座と称したトレーニングが始まった。ベンチプレスの基本的なフォームを教わる。ひびきは初心者のため、街雄の補助がある状態でベンチプレスをやってみることになった。

しかし、バーの重さに耐えきれずもう限界と声を出してしまう。街雄からは初めてにしては上出来と褒めてもらうも、ひびきはベンチプレスの大変さを思い知らされた。一方で朱美はひびきより重い重量でベンチプレスを楽にこなす。そんな朱美の姿をみたひびきは自分の非力さに少し肩を落とす。

こで街雄から初めてだから出来なくて当たり前であると励まさせる。しかし、街雄が初めてベンチプレスをやった時は100キロだったことを聞いて、規格外であると驚きさらに自信をなくす。

自分のレベル感だと笑いものですよねと、街雄に告げるが、街雄からは優しい励ましの言葉を貰う。ひびきはこの人は心もイケメンだと感動する。

ひびきはもう一度挑戦することを伝えると、しっかり休んで後日再度挑戦することを勧められる。街雄は「再度」という言葉を放った瞬間に「再度」という言葉から「サイドチェスト」を連想し、街雄に隠れた筋肉があふれ出す。

Yu
Yu
@go-109177143358639946741

目次 - Contents