ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

洞院リナの名言・名セリフ

出典: www.fanpop.com

リナは左端にいる緑色の髪の女の子だ。クールで男勝りな性格だが、恋愛では純粋で奥手な一面を見せる。北大西洋のマーメイドプリンセスだ。

出典: twitter.com

リナが人間の時の姿だ。

クール・シャインピッチ!!

左からリナ、波音だ。ライブをするために変身した時の姿である。

見出しのセリフは、リナが敵の前で歌を披露する前に言う決めセリフである。

男勝りでクールな一面と女性らしい繊細さや優しさを併せ持つリナの性格がよく表れている。

これから舞があるんだ。おまえたちのこと願って舞ってくるよ。

着物を身につけているリナ達。

3巻でリナがるちあや波音に言ったセリフである。

リナは、人魚に縁があると言われている泡海神社で巫女として働いていた。泡海神社では、はるか昔に人間と恋に落ちて泡になってしまった人魚の神様を祀っている。

大晦日では、泡海神社で巫女が神に対して祈りを捧げる奉納を参拝客の前で披露するという行事が行われた。るちあと波音は巫女として舞を踊るリナを見るため、泡海神社にやってくる。

リナの親友であるるちあと波音は、人間に対して恋心を抱いている。るちあの片思いの相手はサーフィンが好きな同級生の堂本海斗で、波音の片思いの相手は中学校の音楽教師である海月太郎だ。しかし、マーメイドは人間に自身の正体がバレると泡になると言われており、さらに住む場所の違いや海の世界を守るというマーメイドプリンセスの使命から、人間とマーメイドの恋は前途多難で成就が難しいとされていた。

当初、リナは激しく否定はしないものの、試練やつきまとう危険の多さから人間とマーメイドは恋をすべきでないと考えていた。しかし、るちあや波音の真剣な思いに触れて二人の恋を応援するようになる。

見出しのセリフは、そんなリナの親友であるるちあや波音の恋を心から応援する気持ちが表れた名セリフである。

強がったってあたしたちにはお見通しなんだからな。

海斗のことでショックを受けるるちあは、ブラック・ビューティー・シスターズの罠に簡単に嵌ってしまう。

出典: www.fanpop.com

るちあとリナは親友同士だ。

5巻でリナがるちあに言ったセリフである。

ガクトとの戦いに決着がついた後、海斗はサーフィンの大会に出るためにハワイへと旅立つが、そこで海難事故に遭い、記憶喪失となってしまう。

海斗が記憶喪失になったことに激しくショックを受けるるちあだが、波音やリナを心配させないために二人の前では強がって「あたしはへーきだよ。だって海斗が無事だったんだもん。こんなにうれしいことないじゃない!」と、笑顔を見せる。

その後、一人で涙を流しながら海を彷徨うるちあだったが、ブラック・ビューティー・シスターズに捕まってピンチに陥った。見出しのセリフは波音と共にるちあの窮地を救ったリナが言ったもので、親友の痛みに寄り添いつつ笑顔を見せるリナの優しさが表れた名セリフである。

それでもみんな希望を捨てないで生きている。運命の重さに押し潰されそうになっても、明日への願いを捨てたら負けだ!

出典: www.zerochan.net

マーメイドプリンセスと敵対するミケルは、白い髪の人物だ。これまでも辛い事を乗り越えてきたマーメイドプリンセスたちは、希望に向かってまっすぐに進もうとする。

6巻でリナがミケルに言ったセリフである。

るちあ達は、ミケルとの最終決戦のためにミケルの城に乗り込んだ。ミケルは生まれながらに存在を祝福された幸せな存在であるマーメイドプリンセスを心底憎んでいた。

ミケルは誰からも愛されずに海の底で孤独に過ごしてきたという辛い過去を持っている。そのため、海や地上の生き物を滅ぼして今は亡き自分の一族の仲間を復活させる事がミケルの目的だ。

ミケルの城へと潜入したるちあ達だがミケルの罠によって城の階段が崩れ去り、波音とリナがどこかへと落ちていった。その後、るちあは海斗と行動を共にし、かれん達とは二手に分かれて城の中を捜索する。

かれん、ノエル、ココはミケルに立ち向かうが、マーメイドプリンセスの歌がミケルに通じずにピンチに陥った。

すると、そこに階段から落とされた後に何とか生き延びた波音とリナが現れ、助けに入る。

「美しき人魚姫よ⋯⋯。あなたたちは我が手で葬ってあげましょう。生まれたときからすべてを得ていながら何も持たぬ者に愛や友情を語る傲慢な者たち⋯⋯。」「⋯まだ言うのか?またきれいごとを⋯⋯」と、自分と違って全てを持って生まれたマーメイドプリンセスに激しい憎悪を表すミケルに対して、波音は「いうわよ!幸せだけで生まれてくる人なんていない!あなたは私たちのこと生まれながらにして全てを持ってるって言ったけど⋯私たちだっていっぱい悩んで苦しんでる!」と、思いをぶつけた。

見出しのセリフは波音の言葉に続けてリナが言ったもので、「どんなに苦しい時でも希望を捨てたら今のミケルのように生きるのが辛くなってしまう」「見え辛いだけでどんなに苦しい時だって希望はある」という意味合いの名セリフである。

かれんの名言・名セリフ

かれんは紫の髪をした少女で、非常に勝気な性格をしている。南極海のマーメイドプリンセスで、北極海に双子の姉であるノエルがいる。

キューティ☆ホットピッチ!!

かれんが変身した時の姿だ。

見出しのセリフはかれんが敵に歌を披露する前に言う決めセリフである。

かれんの勝気な一面が表れている。

るちあ、元気出して!あたしたちがいるじゃない!

るちあに寄り添うマーメイドプリンセスたち

5巻でかれんがるちあに言ったセリフである。

ガクトとの戦いの後、ハワイへと旅立った海斗は海難事故の影響で記憶喪失になっていた。恋仲になったのにも関わらず、自分の事を忘れてしまった海斗に対してショックを受けるるちあだったが、「海斗はいつか絶対に思い出してくれる」と信じて前を向く。

しかし、いつも前向きなるちあでも寂しさを感じる時はあった。ある日、るちあはリナと浜崎がいい雰囲気になっているのを目撃する。「リナ⋯⋯よかったね」と思いつつ「やっぱり羨ましいな⋯」と、るちあは寂しそうな表情をした。

見出しのセリフは、そんな寂しそうなるちあの表情を見たかれんが言ったもので、かれんの仲間思いで優しい所が表れた名セリフである。るちあの寂しさに、かれんだけでなくマーメイドプリンセスの全員が寄り添った。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

目次 - Contents