向井太一(Taichi Mukai)の徹底解説まとめ

向井太一(Taichi Mukai)とは2010年より活動を開始した福岡出身のシンガーソングライターである。
Instagramでのフォロワー数も増加し、アーティストとしての階段をまさに駆け上がっている彼の圧倒的な歌唱力と、ジェンダーレスに評価されるルックスとセンスに日本のみならず世界からも注目が集まっている。

向井太一の代表曲

Siren

tofubeatsとコラボした楽曲。向井太一の知名度を押し上げたこの曲は恋愛のワンシーンを描いたような歌詞とアップビートなメロディーが心地よい。恋の駆け引きに潜む表と裏をグラフィカルに表現したMVにも注目である。

Pure

「本当に伝えたいことを歌いたい」と思い書いた曲で、ソウルフルな楽曲に乗せた人間らしい歌詞が魅力的な一曲である。

君にキスして

向井太一が一番長く歌っている曲の一つと公言する一曲。結婚式前夜をイメージして、向井太一が18歳の時に書いた曲である。引き込まれるようなバラードを丁寧に歌い上げている。

HERO

兄への思いを歌にした曲。アコースティックギターの演奏でしっとり歌い上げている。また、MVでのサプライズも必見である。

リセット

TVアニメ「風が強く吹いている」のために描き下ろした一曲。アニメのメッセージ性を込めつつ、歌謡的な要素も盛り込んだ楽曲となっている。MVにはプライベートでも交流のある友人が撮影に参加している。

向井太一の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

出典: images.app.goo.gl

向井太一のSUMMER SONICの際に恒例になった「たねやのオリーブ大福」の投稿

ライブのときには楽しそうな風景をSNSにアップしている向井太一。
共演者との写真や、自身のパフォーマンスの写真や動画もアップしている。
SUMMER SONICのときには「たねやのオリーブ大福」を2年連続投稿している。
以前から好きな大福のようで、密かな楽しみとしているようだ。

向井太一が愛用している森下仁丹の「鼻のど甜茶飴」

Twitterで相互フォローしている「森下仁丹」。
森下仁丹の「鼻のど甜茶飴」を以前より愛用しており、森下仁丹の公式SNSでもこのようにアップされていた。

アニメ好きな向井太一

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents