仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

当初仮面ライダージオウは、「ロボットに乗って戦う仮面ライダー」という形で企画されていた。ロボットに乗る仮面ライダーは、過去に例はない。アーマーをまとうライダー(仮面ライダー鎧武)や、巨大化するライダー(仮面ライダーJ)、仮面ライダーそのものがロボットになる(仮面ライダーBLACK RX)はあったものの、ロボットに乗るライダーは過去に例はない。

ただロボットに乗って戦うヒーローとしては、既に「スーパー戦隊シリーズ」がある。またロボットに乗るヒーローは、特段珍しいものではない。そこでロボットをタイムマシーンにして、歴代ライダーの時代をめぐる話が固まっていく。

時間を行き来する設定は、仮面ライダーのデザインが上がってから決まったものだ。ジオウは腕時計がモチーフになっていることから、「時間を行き来するライダー」に方向性が固まった。ただ時計を仮面ライダーのモチーフに採用するには、些かインパクトに欠ける。そこで顔に「ライダー」という文字を入れることにより、印象深いライダー像を確立する。

「ロボットに乗って時間移動する仮面ライダー」を軸に企画を上げた際、「レジェンドライダーから逃げない」ことを決定した。ただ東映プロデューサーの白倉伸一郎は当初、レジェンドライダーを取り扱わない方向で進めようとしていた。レジェンドライダーは、平成仮面ライダー10周年作品である「仮面ライダーディケイド」で、既に取り扱っている。ジオウでレジェンドライダーを取り扱うということは、「過去の焼き直し」とも捉えられる。しかし仮面ライダージオウは、平成を締めくくる最後の作品である。記念作品であるにも関わらずレジェンドライダーを取り扱わないのは、逃げていることと同じ。共同プロデューサーである武部直美からの指摘により、正々堂々と正面を切って、レジェンドライダーを取り扱うこととなった。

なお仮面ライダージオウでレジェンドライダーを取り扱うのは、前作「仮面ライダービルド」の視聴率が振るわなかったからという理由もある。過去に仮面ライダーディケイドでレジェンドライダーを取り扱った所、視聴率が回復した実績があるのも理由の1つだ。

こうして企画され作り上げられたのが、仮面ライダージオウである。

『仮面ライダージオウ』の用語

アナザーライダー

出典: www.tv-asahi.co.jp

タイムジャッカーがアナザーウォッチを用いて生み出した、もう1人の仮面ライダーだ。仮面ライダーの力はあるものの、正規の変身者ではないため、怪人のような姿になる。体にアナザーライダーが誕生した年が記されている。アナザーライダーになる人物の多くは、崖っぷちに追い込まれた者が多い。怪人になってでも願いを叶えたいという思いがあるため、説得するのは不可能である。

なお、アナザーシノビ・アナザーカブト・アナザーリュウキのように、仮面ライダーの変身者がアナザーライダーに変貌したケースはある。アナザーシノビの場合は、2019年時点で仮面ライダーの力を有していなかったという理由で説明がつく。アナザーカブトの場合、仮面ライダーには変身するものの、仮面ライダーカブトの直接的な変身者ではない。アナザーカブトの正体は矢車想で、本来は仮面ライダーザビーと仮面ライダーキックホッパーの変身者である。アナザーリュウガの正体は鏡の世界の城戸真司で、仮面ライダーリュウガの正規変身者である。しかし本来の変身方法では変身できなくなり仮面ライダーの力を失ったがため、アナザーリュウガに変身したと推測される。

タイムジャッカーがアナザーライダーを生み出す理由は、オーマジオウとは別の王を擁立することである。王の条件やタイムジャッカーが望んでいることまでは、作中でハッキリしていない。しかし「新たな王擁立」は表向きの目的で、実際はソウゴがライドウォッチを集めるために生み出していただけであった。

なおアナザーライダーが誕生すると、本来のライダーは存在を失うことになる。同じライダーの力は同じ時間には共存できないのだ。

例えば2017年にアナザービルドが登場した際、同じ2017年軸にいた仮面ライダービルドの存在は「なかったこと」になる。仮面ライダーの力だけでなく、自分自身が仮面ライダーであった記憶すらもない。なぜなら、アナザーライダーこそが本物のライダーと歴史が認識しているからである。またライダー本人だけでなく、2号ライダーやサブライダー、関係していた人物にも影響が及ぶ。アナザーライダーが倒れると、「本物のライダー」が倒れて存在が消えるため、正規の変身者は一時的に記憶を取り戻す。しかしソウゴ達がアナザーライダーとの戦いを積み重ねたためか、新たなパラドックスが発生。オリジナルライダーとアナザーライダーが共存することになった。2号ライダーやサブライダー、関係者の記憶も残っている。

アナザーライダーを倒すには、契約者の体に組み込まれたアナザーウォッチを壊すしかない。アナザーウォッチを壊すには、同じライダーの力が必要だ。仮に必殺技を用いて撃破することができても、すぐに蘇ってします。ただ必ずしも、同じライダーの力を使う必要はない。アナザーライダーよりも遥かに強い力を用いれば、同じライダーの力を借りなくても、撃破することは可能。ゲイツリバイブやジオウトリニティは強力な力により、アナザーライダーを撃破した。

ウォッチ

出典: www.tv-asahi.co.jp

仮面ライダージオウに登場する、仮面ライダーの源となるアイテムだ。主にブランクウォッチ・ライドウォッチ・ミライドウォッチ・アナザーウォッチの4種類ある。

ブランクウォッチ

何の力も入っていない文字通り”ブランク”な時計型のアイテムである。誰が何のためにウォッチを生み出したのかは作中で明確にされなかったが、桐生戦兎が言うには「2017年の技術で制作するのはできない」とのこと。つまり、非常に発達した科学技術が集結したことにより、生み出されたものと推測できる。

ライドウォッチ

ブランクウォッチを仮面ライダーの資格者が手にすると、ライドウォッチに変化する。何も作動していない状態のライドウォッチには、独特の模様と、放送年が描かれている。ライドウォッチの外周を取り囲んでいるリングパーツ(ウェイクベゼル)を回すと、ライダーの顔が浮かび上がる。そしてウォッチ上部にあるボタン(ライドオンスターター)を押し、変身ベルトであるジクウドライバーの左側に装着し、変身となる。そして右側に他のライドウォッチをベルトに装着すると、ライダーの力を宿したアーマーである「ライダーアーマー」が登場する。

ライドウォッチには、変身用とライダーアーマー用の2種類ある。2つの違いは、ウェイクベゼルの矢印が右を向いていたら変身用、左を向いていたらライダーアーマー用だ。

ライドウォッチはライダー専用武器に装着することで、必殺技を出せるようになる。変身用ウォッチは9種類、主役ライダーウォッチは19種類、サブライダーウォッチは42種類登場している。サブライダーウォッチの中には、「SUPER テレビくん」の付録(スカルとジョーカー)や劇場版(マッハ)限定のように、TVに登場しないライドウォッチも含まれている。

変身ベルト

ジクウドライバー

仮面ライダージオウにおける、変身ベルトのことである。使用者はソウゴ・ゲイツ・ツクヨミだ。ジクウドライバーにライドウォッチをはめ込み、ベルトのバックル部分を回すことにより、仮面ライダーへと変身することができる。TV本編では、4本のジクウドライバーが登場。

ソウゴは当初、ウォズから献上されたジクウドライバーを使用するも、途中でゲイツによって破壊。そしてゲイツが使っていたジクウドライバーを受け取り、最終回まで使用することになる。ゲイツは最初からジクウドライバーを使用していたが、ソウゴに譲り受ける。ソウゴに譲り受けた後は、ウォズがソウゴに差し出した3本目のジクウドライバーをソウゴから受け取り、使用することになった。そして4本目のジクウドライバーは、ツクヨミが使用することになった。

なお3本のジクウドライバーは、ウォズが持ってきたものである。ゲイツが元から持っていたジクウドライバーに関しては出処がわからないものの、オーマジオウから奪い取ったものと推測できる。ジクウドライバーは誰によって生み出されたのかは、ハッキリしていない。

ビヨンドライバー

ビヨンドライバーは、仮面ライダーウォズが使用する変身ベルトである。使用者は黒ウォズと白ウォズだ。使用方法は基本的にジクウドライバーと同じで、ベルトにミライドウォッチをはめ込み変身する。出処はわかっていないが、白ウォズが持ってきたことから、「オーマジオウがいない未来」から作られたのは確かだろう。

後に黒ウォズにビヨンドライバーを奪われた。「オーマジオウがいない未来」が消えたことにより白ウォズ本人も消えたものの、ドライバーとミライドウォッチだけは消えることはなかった。消えなかった理由は、作中では語られていない。

ライドガシェット

ライドウォッチホルダー

ライドウォッチを装填するための、ブレスレット型ホルダー。ジオウとゲイツの両腕に装備。なおゲイツは変身前もライドウォッチホルダーを装着している。ライドウォッチを2個装填することができる。ライドウォッチホルダーはライドウォッチの力を引き出し、メンテナンスをも手掛けている。

ライドウォッチダイザー

六角形型の台座で、一段につき7個のライドウォッチを装填することができる。3段に積み重ねられるので、合計21個のライドウォッチが収納できる。普段はクジゴジ堂に、インテリアのように置かれている。そして、出動の際にはライドウォッチダイザーからライドウォッチを持ち出している。

ファイズフォンX(テン)

TANK
TANK
@TANK

Related Articles関連記事

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

仮面ライダーディケイド(Decade)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Read Article

仮面ライダーV3(ブイスリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダーBLACK(ブラック)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。 「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。 人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

Read Article

仮面ライダーZX(ゼクロス)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Read Article

仮面ライダーG(ジー)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーGはテレビ『SmaSTATION!!Presents SMAP☆がんばりますっ!!』の企画「SMAPチャレンジ」の1つ。SMAPの稲垣吾郎の「幼少時の憧れであった仮面ライダーになってみたい」という要望を石森プロと平成仮面ライダーの製作スタッフの全面協力のもと実現したヒーローの名称である。 武装組織「シェード」に誘拐され、改造人間となった五郎が仮面ライダーGとなってシェードと戦う物語。

Read Article

サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

Read Article

仮面ライダーW(ダブル)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーW』とは、2009年9月6日から2010年8月29日にかけて全49話が放送された特撮テレビドラマ作品であり、『平成ライダーシリーズ』の第11作品目。 探偵を営む左翔太郎の前に土地の権利者と名乗る鳴海亜希子という女性が現れ、翔太郎に事務所の立ち退きを求める。2人の言い争いの最中、女性から彼氏を探してほしいと依頼がくる。依頼の調査中、謎の怪人ドーパントが出現。探偵事務所には秘密の部屋があり、謎の少年フィリップがいた。左翔太郎とフィリップは2人で1人の仮面ライダーWであった。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

仮面ライダーエグゼイドのライダーガシャットまとめ

『仮面ライダーエグゼイド』とは「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」がキャッチコピーの平成仮面ライダーシリーズ第18作目。 病院を舞台にゲーム要素が盛り込まれており、ライダーガシャットと呼ばれるキーアイテムが存在する。ガシャットは各ライダーが基本形態や強化形態に変身する際に使用するものと、「ゲーマ」と呼ばれるサポートユニットを召喚するものに分類される。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

プレミアムバンダイ限定!漆黒のヒーロー。黒い仮面ライダー5選!

仮面ライダー。それは長い歴史の中で宿命を背負って戦ってきた孤独な戦士の名前でした。そんな戦士達をリアルな造形で手に入れる事が出来るのが「S.H.Figuarts」という完成品フィギュアのシリーズ。今回はそのシリーズの中でもプレミアムバンダイ限定の商品をご紹介。特に「黒い仮面ライダー」をテーマに厳選してみました。漆黒のヒーロー!アナタはいくつ知っていますか?

Read Article

まさかの超高額商品も!プレミアムバンダイ注目の仮面ライダーフィギュア6選!

これまでもプレミアムバンダイのサイトから注目の商品をいくつかご紹介してきましたが、今回は仮面ライダーシリーズから厳選した6つのフィギュアをご紹介したいと思います。プレミアムバンダイの商品はどれもスペシャルなものばかりですが、今回は驚きの超高額商品も登場!注目の仮面ライダーフィギュアを是非ご覧下さい☆

Read Article

真骨彫製法によって誕生した究極の仮面ライダー7選!

仮面ライダークウガのアルティメットフォームの予約開始で注目を浴びた、真骨彫製法フィギュアシリーズ!徹底的にこだわり抜いた造形はもはや究極といっても良いでしょう!仮面ライダーは過去にも多くのフィギュアシリーズが登場しましたが、真骨彫製法シリーズはTVの造形を完全再現したかのような美しさと存在感!ファンなら要チェックです!

Read Article

目次 - Contents