天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

矢沢あいの代表作の一つ「マリンブルーの風に抱かれて」の登場人物。
今回本作にカメオ出演。

麻宮裕子と原田志乃が海岸に訪れた際、後ろを通過した。

矢沢あいの代表作の一つ「マリンブルーの風に抱かれて」の登場人物たち。
今回本作にカメオ出演。

麻宮裕子、原田志乃、瀧川秀一の三角関係騒動の際、第二生徒会メンバーの後ろを通過した。

作者・矢沢あいの親友である吉住渉の傑作「ママレード・ボーイ」の登場人物。
今回本作に友情出演。描いたのは矢沢あい。

「天使なんかじゃない」ではすずちゃんのピザというCMのイメージガールという立ち位置。

ドロシー

冴島翠の脳内友達。

晃の家のご近所さん

須藤晃のアパート「中井荘」のご近所さん。
冴島翠がアパートを訪れた際、晃が引っ越したことを教えてくれた。

『天使なんかじゃない』の用語

聖学園(ひじりがくえん)

『天使なんかじゃない』の舞台となる高校。新設されたばかりで冴島翠の代が第一期生となる。
行事や伝統はなく、第一期生徒会メンバーが一から作っていった。

モデルとなった高校は多摩大学附属聖ヶ丘高校。

生徒会役員選挙

夏休み明けにある行事。
このために、一学期の終わりごろから立候補者を募る。

第一期生徒会選挙の時、冴島翠のクラスはこの行事をすっかり忘れており、人が集まってなかった。
なので仕方なく、その日学校を休んでいた翠に白羽の矢が当たった。
翠は半ば押し切られる形で全校生徒の前に出て、見事生徒会副会長になった。
この時、立候補者は9人だった。

第二期生徒会役員選挙では、立候補者が25人も出る大盛況となった。
しかしそのほとんどが瀧川秀一目当ての女子であった。

立会演説

生徒会選挙立候補者のアピールの場。応援演説の後に立候補者が演説を行う。
演説の順番はくじ引きで決めるが、冴島翠は不運にもトップバッターを引いてしまう。

生徒会

夏休み明けに行われる生徒会役員選挙の立候補者の中で、票の多かった順に5人選ばれる。
どの役職につくかも同じく票の多さで決まる。

役職は会長、副会長、会計、書記2名。
第一期生徒会メンバーは会長が須藤晃、副会長が冴島翠、会計が瀧川秀一、書記が河野文太と麻宮裕子。
第二期生徒会メンバーは会長が原田志乃、副会長が江ノ本真一郎、会計が鈴木正夫、書記が谷口マコと陣内稔だった。

赤のチェック

生徒会役員選挙の時に冴島翠がはいていたパンツの柄。

翠は立会演説を終え、舞台裏に下がろうとした時にマイクコードにつまずき、転倒。
その時、運悪く全校生徒にパンツを見られたのだった。

しかしその後、赤いチェックのパンツをはいた、自身のキャラクターである「エンジェル冴島」を生み出し、赤っ恥をうまく笑いに変えた。

エンジェル冴島

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents