天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

中川ケンのバンド仲間。ドラム担当。
老け顔だが20歳大学生。

佐々木(ささき)

中川ケンのバンド仲間。リーダー。
20歳大学生。

松田(まつだ)

中川ケンのバンド仲間。
18歳の浪人生。

ライブハウスのマスター

ケンがライブを催しているライブハウスのマスター。
クリスマスコンサートもマスターの所で行われた。

3日かけて作るスペシャルカレーが超絶品。

その他

バイト矢沢

ファミレスのウェイトレス、須藤晃のバイト先であるカラオケ店の先輩バイト、洋服店RIBONの店員、バスガイドなどをしている謎の女性。
正体は作者の矢沢あい。

バイト吉住

ウェイトレスをしている謎のモブキャラクター。バイト矢沢とも一緒に働くこともある。
他にも看護婦、エレベーターガールなどもしている。
正体は作者とも付き合いのある少女マンガ家、吉住渉。

なぞの支配人

晃のバイト先である、カラオケ店の支配人。

花咲 大造(はなさか だいぞう)

花火師の49歳。足立の知り合い。

足立の口利きで第一期聖祭で花火を打ち上げた。
花火は弟子の力作。

ミヨちゃん

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents