天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

翠の母。

明朗快活で翠とそっくり。
スタンドバイミーが好き。
家族仲はよい。
結婚記念日には夫婦揃ってデートをする。

冴島翠の父

冴島翠の父。翠からはパピーと呼ばれている。
家族仲は良い。

翠が高2の時、8月10日の翠の誕生日にうさぎのぬいぐるみを買ってきた。

おトミさん

須藤晃の実家にいる家政婦さん。
晃のことは「坊ちゃん」と呼び慕っている。

K市一中3年3組仲良しグループ

中川ケン(なかがわ けん)

冴島翠、河野文太の中学時代の友達。K市一中3年3組仲良しグループのメンバー。
ルパン三世の物まねが得意。外見も似ている。
性格は翠と似ている。翠相手にフラれても、フォローしたりととてもいいやつ。
手足がひょろ長いことから、たびたびサルに似ているとはやし立てられている。
翠のことは中学時代から片思いで、今でも好き。
しかし当の翠には男とあまり意識されていない。
ケンが作った『天使のほほえみ』は翠を思って作詞作曲した。
派手なリアクション。
翠の中学時代一番気の合う男友達。
バンドのボーカル兼ギター。歌声は麻宮裕子が称賛するほど。
翠の誕生日を今でも覚えている。
翠のお母さんにも面白いと絶賛されている。

なっちゃん

冴島翠、河野文太、中川ケンの中学時代の友達。K市一中3年3組仲良しグループのメンバー。
そそっかしいとこがあり、コーヒーを注がれている最中に後ろを振り返ってしまったりする。

タマ子(たまこ)

冴島翠、河野文太、中川ケンの中学時代の友達。K市一中3年3組仲良しグループのメンバー。
ぼーっとしがちなことをケンにたしなめられたりする。

ヨシ坊

冴島翠、河野文太、中川ケンの中学時代の友達。K市一中3年3組仲良しグループのメンバー。
冴島翠が17歳の誕生日の時、翠に自分の履いている靴下を贈ろうとした。

ライブハウス関係者

中島(なかじま)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents