天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

谷口マコ(たにぐち まこ)

第二期生徒会書記。美術部にも在籍。
幼児体型で小学校から変わってない。
原田志乃のいとこ。冴島翠には、入学式当初トイレを教えてもらってからよく懐いている。
河野文太が好きだが、志乃とばかり話すので不信感を抱いている。
文太に似ているからという理由で「くまグッズ」を集めている。
文太の私物「耳つきの帽子」がよく似合っており、文太から褒められている。

江ノ本真一郎(えのもと しんいちろう)

第二期生徒会副会長。かなりのルックスの持ち主。顔はいいがツッコミ担当。
通称セブン。このあだ名は第一期生徒会書記の瀧川秀一のあだ名、タキガワマンから受け継いでいる。
原田志乃が好きだが口が悪く、素直になれない。
クレーンゲームが得意。
持ち歌は演歌。

陣内稔(じんない みのる)

第二期生徒会書記。金髪ヤンキー。しかし性格は舎弟気質。
あだ名はジミー。目立ちたがり。
須藤晃を兄貴、冴島翠を姉さんと呼んで慕っている。
生徒会に入ったのも晃がいたからであり、自分から晃のパシリに立候補した。
「スドーアキラ情報メモ」を持っており、晃から聞いた新情報は随時メモっている。
ミヨちゃんというS女のかわいい彼女がいる。
持ち歌は洋楽。英語の歌詞を事も無げに歌う。
バイト先は晃と同じカラオケ店の店員。

鈴木正夫(すずき まさお)

第二期生徒会会計。
七三分けで堅物な印象だがくだけた人物。目立つのが好き。

聖学園関係者

牧博子(まき ひろこ)→坂本博子(さかもと ひろこ)

CV:井上喜久子

美術部顧問で全校生徒のマドンナ的存在。
冴島翠が3年の時に1年の担任を務めている。
坂本将志という恋人がおり、物語の終盤に晴れて結婚している。
長年教師になることを夢にしていたが、将志の画家になるという夢のためにパリに移住した。
須藤晃のかつての想い人で、告白もされている。しかし、晃は将志の異母兄弟だったので、○○〇「須藤君のことは弟としか見れない」〇〇〇と断っている。
晃の妹である柴田広子に嫌われていたが、翠の仲立ちのお陰で和解することができた。
周りからは完ぺきな女性として通っているが、実はうっかりさんで、足が遅く、料理が苦手で、好き嫌いも多い。
長期休みになると将志を探しにパリに行くのが恒例。
実家暮らしで晃のアパートの近くに住んでいる。猫のミルクは晃から引き取った。

足立(あだち)

日本史の教師兼、生徒会の顧問をしている。

生徒の自由意志を尊重すると言い、生徒会の業務は基本生徒の好き勝手にさせている。
しかし単にめんどくさがりなだけではないかと生徒会メンバーは評している。

日本史の宿題を出さない面で、生徒からの評判はいい。

花火師の知り合い、貸し衣装屋の知り合いなど、謎の人脈を持っている。

校長

聖学園の校長。
イベントごとでの話が長い。

山口 進(やまぐち すすむ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents