天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

カヨ

CV:野村真弓

冴島翠の同級生にして、仲良しグループの一人。
もち肌が自慢。
翠が美術の授業中に泣いた時、思わず泣いてしまう涙もろい一面も。

高校卒業後は保育科のある短大に進む。
夢は保育士。

シンゴ

冴島翠の同級生にして、仲良しグループの一人。
お調子者。

高校卒業後は美容学校に進む。
夢は美容師。

アッコ

冴島翠の同級生にして、仲良しグループの一人。

ギャル

左のワンレンは須藤晃のことが好き。右はその友達。

須藤晃とぶつかった時、「スドーザウルスにぶつかっちゃった」と言い、爆笑した二人組。
ワンレンの女生徒の方は晃が好きで、ショート髪の方はその恋を応援している。

そのため、冴島翠が晃と別れて中川ケンと付き合い出した時、わざと水をかけて嫉妬心を露わにした。
さらに、瀧川秀一と麻宮裕子が付き合いだした時、麻宮に聞こえる声で悪口を言ったりと意地悪な行動をとった。

終盤でワンレンの女生徒は晃への恋を見込みがないと諦め、T高の男子と付き合っている。

中野(なかの)

委員会に参加している女子生徒。
生徒会発足直後の委員会では、聖祭を内輪で行うという会長の須藤晃の案に「部外者呼べないんじゃつまんないよね」と小声で反論する。
その直後に晃から「そこのめがね女ァ!」と大声で指摘され、自分の意見を言うように指示された。

晃の大声にビビってしまった彼女だったが、すかさずフォローを入れてくれた瀧川秀一に気を取り直す。
その一件から、瀧川のファンになった。

軽音部の部員

軽音部ヴォーカル。
第一回聖祭ではダンスパーティーの司会を務めた。

聖学園第二期生徒会メンバー

1月 第二回生徒会役員選挙
2月第一期第二期合同合宿
ラグビー部の練習試合
4月第三回入学式・歓迎会
9月第二回聖祭
3月卒業式

原田志乃(はらだ しの)

校内一の美少女で第二期生徒会会長。
わがままでぶりっこで腹黒だったが、それは過去にいじめられた経験から少々ひねた性格になってしまったため。
登場当初は瀧川秀一の彼女だったが、正式に別れ、そこから人間的成長を遂げた。
かなり男好きな性格で、瀧川と付き合っていたのにも関わらず男遊びを繰り返していた。
成長した後も男好きなところは治っていない。
入学当初から冴島翠を知っており、翠を慕って美術部に入部、さらに合宿時には翠と晃の関係に励まされていたと打ち明けた。
谷口マコとは従姉妹同士。マコと河野文太との仲を応援している。
瀧川秀一、麻宮裕子とは同じ中学だった。
中学時代も生徒会に所属しており、麻宮裕子のことも知り合いだった。
Y女(女子高)に行くと公言していたが、内緒で聖学園を受けた。
小学校、中学1年の頃はひどい虐めにあっており、牛乳を頭からかけられたりしていた。
その時に麻宮裕子に助けられた経験がある。麻宮の恋心は知っていて、知らないふりをしていた。
麻宮が人間的にいい人であることに気づいており、秀一がそれに気づかないようにとしていた。
恋人同士になっても秀一が誰かの下へ行ってしまうような不安が拭えなかった。

実は冴島翠には密かに憧れを抱いており、須藤晃と翠のコンビを羨ましいと思う反面、心の支えのようにしている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents