天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

「マミリンの「帰ろっか」が 「がんばろうね」って聞こえた がんばろうね 好きなんだもん」

麻宮裕子の話を聞いたことで、冴島翠が元気を取り戻すシーン。

「負けるもんか 負けるもんか 負けるもんか この恋を手放してたまるもんか」

秀一命

「負けるもんか」

「オイラのあの娘 天使のほほ笑み」

博子に贈られてきたキャンパス

「さっすがマミリン頼りになるぅ♡」

OBとしての活動継続を了承させた麻宮裕子に、冴島翠が歓声を上げたシーン。

聖学園の第一期生徒会任期は2年の1月に終わる。
その後まもなく新生徒会役員選挙が行われるのだが、第一期生徒会メンバーはこれを嫌がる。
顧問の足立に言われて選挙の準備を始めると宣言する秀才の麻宮裕子に、副会長の冴島翠はショックを受ける。
しかし麻宮は、雄弁に第一期生徒会のこれまでの成果を語り、新生徒会結成後もOBとして活動に参加する許可をもぎ取った。

それには思わず、会長の須藤晃も「あねさん」と麻宮を呼んだ。

「あんたが何しようと勝手だけど 侮辱しないで… 瀧川くんのこと侮辱しないでよ!」

志乃の懺悔

秀一から貰った指輪を返し、自ら別れを告げる志乃

くしゃくしゃにされた翠のハンカチを丁寧に洗う志乃

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents