天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

その頃、晃はパリの画家から「あなたにそっくりな男と出会った」という情報を手に入れて、その現場であるインドを訪れ、ついに将志と再会していた。
絵描きになる夢を追いかけて海外へと渡ったものの、「筆を握るためのこの手があいつを抱きしめたがってしようがない」とマキちゃんへの気持ちを口にする将志。「おれ達には帰る場所があるんだから。幸せになれよ将志。幸せになろうぜ」と告げて、晃は一足先に日本へと帰国する。

帰国した晃は、アパートを引き払っていたため、瀧川の家に居候することとなる。
そして久々に再開した翠に、「おれがおれの手で幸せにしてやりたいと思うのはお前だけだ」と、静かに想いを告げる。
長いことすれ違い続けた二人は、ようやく本当の意味で想いを通じ合わせる。

その後、将志が帰国したと知り、喜びに泣き崩れるマキちゃんの手を取って空港に向かう晃を、翠は心からかっこいいと感じながら送り出すのだった。

マキちゃんは将志と共に暮らすため、教師を辞めることとなった。
三年生である翠たちも受験を控え、将来のことを考えなければならない時期を迎える。

晃は国立大学へ進むことを選択し、麻宮は翻訳か通訳の仕事をしたいという考えからイギリスに留学。瀧川とは四年間の遠距離恋愛を続けることとなる。
翠は美術大学への入学を目指し、夏季講習に励む日々を送る。

それぞれに試練の時を過ごし、ついに迎えた卒業式。答辞を任されていた翠は壇上に上がるも、内容はまったく考えていなかった。その瞬間の気持ちを言葉にしようと、あえて文章を考えてこなかったのだ。
「あたし、この学園に来てよかった 最高に楽しかった 夢みたいだった 思い出いっぱい作れた! すべて…一人では作れない思い出ばかりです みんなに会えてよかった! 3年間本当にありがとう!!」
三年間の出来事を思い出し、思わず涙する翠。拍手と声援に包まれ、壇上に立つ姿を見守っていてくれた晃の胸に飛び込みながら、彼女の高校生活は終わりを迎えるのだった。

『天使なんかじゃない』の登場人物・キャラクター

聖学園第一期生徒会メンバー

冴島翠(さえじま みどり)

CV:久川綾

元気で明るく、しっかり者な第一期生徒会副会長。
生徒会に入ったきっかけは、風邪で休んでいる間に勝手に生徒会役員選挙に立候補されてしまったことから。

周りの誰からも愛されるキャラクター。しかしトラブルメーカー的一面もある。
でかい口がコンプレックスでもあり、チャームポイントでもある。

絵を描くことが好きで、美術部の部長をしている。
たびたび生徒会のメンバーをモデルにしたイラストを描き、人気を博している。
歌も上手く、工藤静香、ドリームカムトゥルーなど持ち歌が豊富。

中学はK市の一中だった。河野文太、中川ケンとは中学からの腐れ縁。
また中川ケンには中学時代から想われていたが、河野文太に指摘されるまで気づかず。
他人の恋愛には敏感だが、自分が恋心を抱かれているのには鈍感。

生徒会長の須藤晃とは恋人関係。

高校卒業後は絵を本格的に習うため、美大に進学。
聖学園第八回入学式にて、美術教師として母校に帰ってくる。

須藤晃(すどう あきら)

CV:森川智之

第一期生徒会会長。リーゼントヘアーを貫いてる男子生徒。
中学時代は金髪リーゼントで『S中の須藤』と恐れられていた過去を持つ。
第一回体育祭では特攻服を着たのだが、あまりにも似合いすぎて瀧川に爆笑される。

柴田広子は妹。坂本将志は異母兄である。
過去に牧博子に恋心を抱いていた。長らく博子を避けていたが、冴島翠が仲立ちをしたお陰で関係は良好に。

F町で一人暮らししている。アパートの名前は『中井荘』。家の中は殺風景で、テレビと冬にはこたつしか置いてない。

聖学園では禁止されているが、こっそりバイク通学している。

絵が下手。

晃が12歳のころに両親が離婚している。広子は母に連れていかれたが、晃は置いていかれて、それをずっと心のトラウマにしていた。
広子との仲は良く、シスコン気味。両親が喧嘩をするたび、広子を海に連れ出して慰めてやっていた過去を持つ。

一応普段は硬派で通っていて、クラスの女子とすら必要以上にしゃべったりしない。

クリスマスケーキの販売員やカラオケの店員など、日替わりバイトを複数掛け持ちしている。

翠との仲は全校生徒の周知の事実。

同じリーゼントヘアーの陣内稔からは懐かれている。

中学時代、家庭教師をしていた坂本将志と、牧博子だけが唯一信頼できる人だった。

父親は大手企業の社長。高校卒業後は国公立のK大に進学。それには高校の仲間たちは仰天。麻宮からは嫌味を言われる。
その後、かつては嫌っていた父親の跡を継ぐ。

麻宮裕子(まみや ゆうこ)

CV:矢島晶子

生徒会書記。つんと澄ましたクールな美人だが、本当は心優しく友達想い。
あだ名はマミリン。隠れ巨乳。

いつもは三つ編みをしているが、髪をおろすとキャバ嬢のような派手な美人になる。
涙ぼくろがチャームポイント。

瀧川秀一とは中学時代にも一緒に生徒会をしていた仲で、実は5年間も彼に片思いしていた。
中学時代に瀧川のかばんにチョコレートをしのばせ「好きです」という短い告白カードを添えたが、瀧川の彼女だった原田志乃にチョコレートを捨てられてしまう。

とても成績優秀で、高校を卒業してから外国に4年間留学することに。その時瀧川とは遠距離恋愛になった。

お化けが大の苦手。

休暇中は軽井沢の別荘にいて、テニスを嗜んでいる。

人参とピーマンが嫌い。

高校に入って翠や生徒会メンバーに出会ってから明るく、よく笑うようになった。
中学時代は友達がいなかった。

嬉しいことがあるとリボンをしたり、髪型をイメチェンしてくる。

父親はパチンコ店とラブホテル経営者。

翻訳関係の仕事に就くのが長年の夢で、高校卒業後はイギリスに留学した。その間は瀧川と遠距離恋愛。

瀧川秀一(たきがわ しゅういち)

CV:置鮎龍太郎

第一期生徒会会計。甘いルックスで女子から人気がある。
男子にも変わらず優しいことから、会長の須藤晃からは「おそわれそう」と言われている。

優し気で気遣いな面もあるが、本性は少々計算高く、黒い。優柔不断。
中学時代から原田志乃と付き合っていたが、志乃が疑り深い性格であまり上手くいかなかった。
高校2年生の時に志乃と別れ、その後体育倉庫で麻宮裕子とキスをし、付き合うことに。

中学はN中出身。

もてるが本命以外はうわさ一つ立てない。

麻宮に好かれていることを実は知っていた。
麻宮のことは正直とっつきにくいと思っていたが、その優しさには昔から気づいていた。

志乃には完ぺきな彼氏として振舞っていたが、麻宮には体育倉庫でキスしたりと迂闊な行動をとってしまう。(それほど好きが深い)

姉がいるが遊び回っており、家には滅多にいない。
家の内装が前衛的。

河野文太(こうの ぶんた)

CV:関俊彦

生徒会書記。あだ名は文ちゃん。D組。ラグビー部に所属しており、生徒会とかけもちしている。

冴島翠と同じ中学校出身で最初から仲が良い。
お祭り人間で、生徒会に入ったのもクラスの人に持ち上げられたから。
麻宮裕子とは同じクラス。
原田志乃のことを『志乃ちゃん』と呼び慕い、たびたびやきもちを焼かせる。
第二期生の谷口マコと両片思いだったが、第二回聖祭では晴れて両想いになる。

かなりの鈍感で、いつも状況をあまり把握していない。

賭け事には必ず肉まんが出てくる。
高校卒業後は体育大学に進学。

帽子を集めるのが趣味。耳のついた白い帽子も持っていたが、マコにかぶせたら似合っていたのであげた。

聖学園第一期生

川上友子(かわかみ ともこ)

CV:岩男潤子

あだ名はトン子。
冴島翠の同級生にして、仲良しグループの一人。

ダイエットを何度も決意してるが、挫折を繰り返している。
裁縫が得意。

高校卒業後は美容学校に進む。
夢は美容師。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents