天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

原田志乃は小学校から中学校1年までいじめられっ子だった。

ぶりっ子でわがままで泣き虫。
そんな性格だったため、頭から牛乳をかぶせられたこともあったようだ。

その後麻宮裕子に叱られて、泣かない代わりに生意気になってしまい、それが原因でさらに嫌われたこともあった。
志乃は瀧川秀一というイケメンな彼氏がいたが、いつも「友達」に飢えていたのだ。

高校に入って、志乃は生徒会長になった。
遊び相手ではない、本当の「友達」ができた彼女は、毎日を楽しく送っていた。

しかし、瀧川との別れがやって来た。
追いすがる志乃だったが、瀧川は麻宮裕子が好きであり、もう自分の下へ戻ることはないだろう。

瀧川は言った。「みんなが心配して迎えに来てるよ おまえがいちばん欲しがってた「友達」大切にしろよ」
志乃は一筋涙を流した。しかし、やがて志乃は「友達」の下へと戻っていった。

K海岸

瀧川秀一と麻宮裕子が体育倉庫でキスをした際、それを目撃していたバスケ部の部員が噂を流した。
それを知った麻宮と瀧川の前彼女だった原田志乃は、同じ時間にK海岸を訪れていた。

後からやってきた瀧川は、ここで志乃に正式に別れを告げ、麻宮と正式に結ばれる。
恋に敗れ去った志乃だったが、その代わりに一番欲しがってた「友達」を得ることになった。

WAVE

作者・矢沢あいの代表作「マリンブルーの風に抱かれて」(通称「マリブル」)に出てくるお店。
本作中にも存在している。

「マリブル」の主人公・はるかが店番をしている。

江ノ本の意外な特技

江ノ本真一郎はクレーンゲームが得意。

瀧川秀一に正式にフラれた原田志乃を勇気づけるため、不器用な彼は可愛い景品をクレーンゲームで獲り、彼女にあげた。
思惑通り志乃は食いつき、瞬く間に機嫌を取り戻してしまった。

単純だと思いつつ、江ノ本は志乃に、密かに恋心を抱いたのだった。

ちなみにその後ろで、優等生な出で立ちの鈴木正夫はアーケードゲームを嗜んでいた。
それを見ていた陣内稔は、その上手さに純粋に感心していた。

カフェ・ド・ワタセ

坂本将志の知り合い、渡瀬が店主のカフェ。
電話は昔ながらの黒電話。

電話のけたたましい音もさることながら、店名も「スゴイ」と言われている。

第3回入学式

冴島翠、高3の春である。

入学式後の新入生歓迎会では、翠率いる3-Aはスペシャルものまねコンサートを企画。
この時、翠はドリカムの吉田美和を披露し、新入生を魅了した。

第二回新入生歓迎会

冴島翠たち3-Aはドリカムのものまねを披露した。
衣装も翠お手製。このために練習時間も大量にとった。

翠曰く、「あんなに上手くは歌えないけど口のでかさだけは負けない」らしい。

ニーヒャ

ドリカムのメンバー、西川隆宏(キーボード)のこと。
第二回新入生歓迎会で、シンゴがニーヒャのポジションを担当。
ニーヒャのファンである川上友子(トン子)はあまりの憤怒に涙した。

翠の両親の結婚記念日

聖学園の入学式と同じ日。
冴島夫妻はこの日にデートをするので夜は不在となっている。

修学旅行

5月の頭に決定された4泊5日の修学旅行。
初回はまだ3年が旅行に行っていなかったので、2・3年合同の旅行になった。場所は北海道。

冴島翠はこの日、仮病を使って休み、須藤晃を迎えに行った。
その後、帰ってきた晃と一緒に修学旅行の一行と合流。

晃が将志を探しに行った理由

須藤晃と坂本将志は血が半分つながった兄弟である。
晃はその事実に気づき、真実かどうか確かめるために将志を探しに行った。

事情を知らされていなかった冴島翠は、晃が牧博子を好きだった過去にケジメをつけるためだと思っていた。

サングラス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents