天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

ラグビー部の応援の際、瀧川秀一は学ランに一つまとめにした髪型を披露した。
その恰好を須藤晃は「エグチむすび」と評した。

「エグチ」とは俳優の江口洋介のことであり、当時ロン毛が一代ムーブメントになった。
瀧川秀一の髪型は、昔の江口にどことなく似ている。

N高の男

中川ケンのこと。
河野文太に言われてラグビー部の試合を見に来ていた。

この時、別れたはずの冴島翠と須藤晃が密着していたが、慌てて翠は晃と離れてケンと一緒にいた。
しかし、これを見ていた聖学園の生徒たちが「冴島が浮気している」と噂を立て、翠はいじめを受けることになった。

晃の”サミシイ"のサイン

須藤晃は傷つくことがあると、大切な人に声を掛けられても無視をしてしまう。
それは傷つけられることがあるたびに、心を閉ざしてしまう一種の癖のようなものだ。

晃が休学届けを出したのを、牧博子は「将志に会いたかったためでは」と語った。
晃が辛いとき、その辛さを解消してくれたのはいつも坂本将志であった。

晃の休学届

冴島翠と中川ケンが別れた直後、麻宮裕子によって須藤晃が休学したという報せがあった。

何でも、F組の担任の机に休学届けが置かれているのが今朝分かったという。
理由は不明で学校の許可も取っておらず、さらに本人の行方が分からないということで学校は大混乱に陥った。

許可なしで長期休学することは、下手をすれば退学処分と言うこともありえた。
しかし、そこは生徒会顧問の足立が上手くフォローしたという。

ちなみに留年しないで済む最長の休学日数は3か月ほどで、休学届けには一応3か月と書いてあったという。

先週から晃は掛け持ちしていたバイトを全部辞めたり、アパート「中井荘」を退去している。
そして「金がたまった」と第二期生徒会の陣内稔に呟いていた。

事の真相をお知らせすると、それはすべてパリで坂本将志を探すためだった。

「シラけた姫と七三の小人」

第二期生徒会メンバーによる新入生歓迎会の出し物。
第一期生徒会による傑作劇「シラけた姫と七人分の大男」を語り継ぎ、これからの生徒会劇のお約束にしようという意味を込めて、生徒会長原田志乃が企画した。

劇の配役は
白雪姫…原田志乃
王子様…江ノ本真一郎
天使、悪魔…谷口マコ
地上げ屋…陣内稔
七三の小人…鈴木正夫

冴島翠達の時代では河野文太が七人分の大男役だった。
しかし、今回の大男役であった鈴木は小柄で、大男というポジションには向かないので急遽志乃がアレンジを加えた。

これを大真面目に語った志乃に、翠は大爆笑した。

”主人が隠してきたある秘密"

柴田広子の母が抱えている秘密。
それは、須藤父が浮気をしていると誤解していたことだった。
これを機に広子ママは須藤家を出て行き、息子である須藤晃は母に置いてかれてしまった。

晃のトラウマ

家を出る際の柴田広子ママが、引き留めようとして縋った須藤晃(当時小学生)の手を跳ねのけてしまう。
これが、高校生になった晃を未だに蝕んでいた。

その後、広子ママは落ち着いたら晃を呼ぶつもりでいた。
しかし、真っすぐに自分を見るであろう晃の瞳に怯え、どうしても切り出せなかった。

これを広子ママはずっと後悔していたのだった。

晃の夢

フランスの田舎町に住むこと。
妹の柴田広子そっくりの子どもと、冴島翠と3人で野菜を作って生活したいという須藤晃に、何ともジジくさい夢だと渡瀬は評した。
坂本将司も「子ども生んであーゆーとこで育てたい」と真面目な顔をして語っていたという。

サボ

サボサンダルのこと。かかとのない靴。
現代ではクロッグと言う。

歩くとかっぽかっぽと陽気な音がする。

文太の帽子

帽子を集めている文太のコレクションの一つ。
谷口マコにかぶせていた時、妙に似合っていたのでそのままマコの持ち物になった。

褒められたマコは感動して涙腺が緩んだ。

志乃とタキガワマンの指輪

中学時代の瀧川秀一と原田志乃が初めてデートした時、志乃がせがんで買ってもらった指輪。
志乃はこの指輪を大層喜び、高1になった時にも大事にしていた。

しかし志乃は瀧川と別れる際、この指輪を瀧川に返している。
かつて「一生宝物にする」と語った指輪を返すということは、志乃にとっては非常に勇気のいる決断だった。

志乃のいちばん欲しがってた「友達」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents