天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

冴島翠のこと。
ちょくちょく中川ケンが翠を呼ぶときに使う。

ケロリン、ケロスケ、ケロリーナと徐々に呼び名は変わっていく。

合宿

第二期生徒会選挙の後、第一期と第二期生徒会の親睦を深めるために実施された。
場所は伊豆の温泉宿。

麻宮裕子が倒れたり、原田志乃の優しい一面が見れたりといろいろな出来事があったが、合宿は当初冴島翠が不安に感じていたのとは裏腹にいい思い出になった。

フランソワ

冴島翠の父が、翠の誕生日に買ってきたうさぎのぬいぐるみ。
翠の部屋で大切にされている。

ラグビー部の練習試合

第一期、第二期生徒会合同の合宿の後に行われた。
場所は聖学園のグラウンド。
相手高はF高校だった。
当日は生徒会メンバーも応援団として参加した。
練習試合は聖学園ラグビー部の勝利。

N高生の中川ケンも、部員の河野文太に誘われて見学しに来ていた。

晃の好物

須藤晃の好物はチョコレート。
これは、晃の父や妹の広子も同じ。

第一期第二期合同の合宿でのバス移動でも、陣内稔の用意した乾きもの(するめなど)には目もくれなかった。

晃ママの手作りチョコレートケーキ

柴田広子のママはチョコレートケーキが得意。
それは、控えめな広子ママが少しだけ自慢するほど。

チョコレートケーキが得意である理由は、息子である須藤晃や娘の広子、さらに前主人(晃のお父さん)が好きだったから。

文太とマコの歌唱力

二人とも非常に音痴。
バスに酔っていた麻宮裕子の具合も悪化した。

"くまグッズ”

谷口マコの持っているコレクション。
河野文太のことが好きなマコは、文太がクマに似ていることからクマグッズを集めているという。

『S中の須藤』

中学時代の須藤晃の通り名。
金髪で横浜の暴走族をやっていた。

現在は酒を少々嗜むが、昔よりだいぶ更生したらしい。

ケンさん

麻宮裕子が中川ケンを呼ぶときの呼び名。
時代劇を想像してしまい、ケンと冴島翠がずっこけた。

ビーバップ

大流行した映画、「ビーバップ・ハイスクール」のこと。

ラグビー部の練習試合の際、学ラン姿を披露した須藤晃。
その恰好がもろに「ビーバップ・ハイスクール」に出てきそうなヤンキー姿であったことから、瀧川秀一がこのように評した。

エグチむすび

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents