天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

マミリンの歌唱力

麻宮裕子の家にはカラオケセットがあり、父によくせがまれて歌っている。
得意なのは演歌。

第一期、第二期生徒会メンバーでカラオケに行った時に歌声を披露し、かなりの上手さに会場はどよめいた。

クリスマスの北海道旅行

高2の時に冴島翠と須藤晃が企画したが、後に一度別れるきっかけとなった。
発端は、高2の坂本将志主催のキャンプで、晃が将志、牧博子と3人で北海道を旅行した話を聞いてしまったことから。

終業式が終わったらその足で向かうことに決めていたが、博子がお見合いをするという話で頓挫になった。
その時翠は博子と晃の仲を疑っており、急ぎ博子の下へ駆けていった晃に傷つき、中川ケンの下へ一日身を寄せることに。

その後高3の時、学校の修学旅行で二人は北海道の地を踏むことになる。

ケンのクリスマスコンサート

冴島翠が高2のイブの日にあった、中川ケンのライブ。
この日、翠は須藤晃と北海道旅行をするつもりでいたので、来れないと事前に断っていた。
しかし、北海道へ向かう直前に翠が牧博子のお見合いの話を打ち明け、晃は博子の下へ行ってしまった。
晃は博子のことが好きだと誤解してしまった翠は、傷心の末、ケンのライブに顔を出すことに。

ケンの方は、このライブに翠が来てくれなかったら、翠に片思いしていた気持ちをすっぱり諦めるつもりでいた。
しかし翠がライブに顔を出したことで、ケンと翠が付き合い出すきっかけになった。

ちなみに河野文太もライブに行くつもりだったが、風邪を引いて行けなくなってしまった。
中学時代の友達であるなっちゃんとタマ子は来ていた。

マーブルチョコ

たびたび登場する冴島翠の大好物。
遊園地の観覧車では話を盛り上げるキーアイテムとなった。

イチゴ味もあり、大量に買い込んだ川上友子(トン子)から譲ってもらった。

当店自慢のスペシャルカレー

中川ケンが使っているライブハウスのマスターが作った。
3日間かけて作るが、3時間で完売してしまう幻のカレーである。

味は超絶品。

マリブル

作者、矢沢あいの傑作漫画『マリンブルーの風に吹かれて』のことであり、冴島翠の愛読書である。
須藤晃も翠から「男を磨きなさい」と読むことを勧められた。

第二期生徒会選挙

冴島翠が高2の1月末に行われた。
その際第一期生徒会メンバーは任期切れでお役御免になる予定だったが、麻宮裕子の働きによりOBとして活動を継続することとなった。

1年の参加メンバーは第二期生徒会当選者である原田志乃、谷口マコ、江ノ本真一郎、陣内稔、鈴木正夫を含め、立候補者25人。
いずれも第一期生徒会会計の瀧川秀一目当ての女子ばかりだった。

志乃にいたっては、何とか恋人である瀧川の心を取り戻そうと立候補したのだった。
瀧川へ横恋慕していた麻宮や、自然消滅を狙っていた瀧川もこれには困り果ててしまう。
しかし、第一期生徒会メンバーの思惑も空しく、志乃はめでたくトップ当選してしまう。

志乃のいとこである谷口マコも、憧れを抱いている河野文太に生徒会選挙を勧められた。
一晩考えた末に思い切って参加することを決定し、当日志乃とダブル当選を果たした。

タキガワマンの正体

いつもは誰にでも優しく、物腰のスマートなイケメン、瀧川秀一。
しかしその実態は、少々ナルシストな超優柔不断男だった。

志乃が第二期生徒会選挙に立候補した際、須藤晃に「もういいや、好きにしてくれよ」と投げやりに吐き出し、あげくの果てに「もう女にいい顔するのは疲れた」とのたまう。
さらに、そもそも何故志乃と付き合ったのか問われれば「おれの隣に並んでも美観を損わないと思った」と言ってのける。

他にも、散々須藤晃に性格をいじられた腹いせに、晃と翠が別れた話を掘り返し、逆にいじり返した。

その後、何食わぬ顔で女子生徒に対応していた瀧川に、晃は絶句してしまう。

タキガワマンタロウ

セブンこと江ノ本真一郎の初期のあだ名。
命名したのは冴島翠。

第一期生徒会メンバーで、男前担当の瀧川秀一の後釜的イケメンの江ノ本。
瀧川のあだ名、タキガワマンも次世代に受け継ぐ形で「タキガワマンタロウ」と名付けられた。

しかし後日、第二期生徒会メンバーである鈴木正夫に「ウルトラマンの場合、2はタロウではなくセブン」と説明され、「タキガワマンタロウ」から「タキガワマンセブン」になった。

江ノ本本人は気に入ってない。

サル

中川ケンのこと。
ひょろ長い手足に顔も似ていることから、昔からサルだとちょくちょく冴島翠にはやし立てられている。

翠が描いたサルの絵には、思わず本人も「くりそつっ!!」と爆笑した。

ケロリン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents