天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

夏休み中のキャンプ

冴島翠たちが2年の時に行った。企画は坂本将志。
会費制で、集ったメンバーは翠、須藤晃、河野文太、麻宮裕子、瀧川秀一、柴田広子、牧博子、将志の8人。

小川の傍のキャンプ場で開かれた。

ジェイソン

実在の有名ホラー映画「13日の金曜日」に出てくる殺人鬼。
キャンプ中、夜中にトイレに立った冴島翠がジェイソンに対してひどく怯えていた。

ケンのバンド

メンバーは中川ケン、リーダーの佐々木、ドラムスの中島、松田の4人。
物語の終盤ではプロ入りした。

"天使のほほ笑み”

中川ケンの作った歌。ライブのラストに歌われる。
曲調はブルース。哀愁ただよう歌声で、普段クラシックしか聴かない麻宮裕子も気に入った。

歌詞は中学時代に片思いしていた冴島翠を想って作られた。

『聖学園内大抗争』

聖学園第一回体育祭の別名。9月の終わり頃に開かれた。

全校生徒は会長の須藤晃率いる須藤組(B・D・F組)と、副会長の冴島翠率いる冴島組(A・C・E組)に分かれて勝敗を争う。
メンバー構成は須藤組が晃、麻宮裕子、河野文太。冴島組が翠、瀧川秀一、原田志乃、谷口マコとなっている。
ユニフォームはお揃いの特攻服。須藤組が黒、冴島組が白。

当日は、須藤組の晃と文太の存在により男子生徒が委縮してしまい、冴島組は大敗を喫する。
その罰として、冴島組は後片付けと校内の大掃除が言い渡され、勝った須藤組にはジュースが配られた。

K市一中3年3組仲良しグループ

冴島翠の中学時代につるんでた仲間たちの総称。
メンバーは翠、河野文太、中川ケン、なっちゃん、ヨシ坊、タマ子の6人組。

当時は恋愛などは関係なく、笑い声の絶えない中学生活だったという。

8月10日

翠の誕生日。
翠が高2の時は、母親はおろか翠自身も忘れており、中学時代の仲良しメンバーで集まった際に中川ケンが教えてくれた。
その時ケンからは帽子、タマ子からはヘアピン、なっちゃんからはスカーフをもらった。
慌てて彼氏の須藤晃の下へはせ参じると、晃は誕生日のことを覚えており、天使の羽のネックレスをくれた。
当日以前、晃は8月10日(ハトの日)と馬鹿にしていた。

アイデア投書箱

第一回学園祭、体育祭の際に設けられたアイデア投票箱。
学園祭の際にはかなりの無理難題なアイデアが多数寄せられた。

なお、投票箱を設けた際、冴島翠が生徒会メンバーのイラストを描き、生徒から大絶賛を受けた。

晃のバイト

須藤晃は一人暮らしなので、年中金欠気味。
よって、短期アルバイトを複数掛け持ちしている。
カラオケ店、クリスマスケーキの販売員など様々。

翠とケンの朝のお約束

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents