天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。
創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

冴島翠の通り名。

第一期生徒会役員の演説時、応援演説のために登場したトン子の「翠はA組の天使です!」という発言により生み出された。
派生として「デビル冴島」というあだ名もある。

デビル冴島

きっかけは、柴田広子の誕生日プレゼントにした『デビルちゃん』というぬいぐるみが冴島翠に似ていたから。
その後、新入生歓迎会の時の『シラけた姫と七人分の大男』にて、翠は『デビル』という役を演じ、『デビル冴島』というキャラクターを生み出した。

スドーザウルス

須藤晃をモデルにした怪獣キャラクター。

第一回聖祭のアイデア募集ポスターが誕生のきっかけ。
作成者は冴島翠。

このポスターのせいで、晃はさんざんほかの生徒に笑われることになる。

タキガワマン

瀧川秀一をモデルにしたキャラクター。
瀧川とウルトラマンを掛け合わせている。

スドーザウルスと同じく、第一回聖祭のアイデア募集ポスターより生まれた。
作成者は冴島翠。

聖学園祭

第一回聖学園祭は10月15日に行われ、第一期生徒会の初仕事に選ばれた。

学園祭第一の目的は校内親睦。
そのために第一回聖祭では部外者は呼ばずに内輪だけで行われた。

企画はアイデア投票箱に入ってた「ダンスパーティー」「屋台」「お化け屋敷」「軽音部の生演奏」「全校生徒でねるとん」という要望を少しずつ取り入れた。

バイク通学

聖学園では原則バイク通学は禁止されている。
もし見つかった場合は初犯で謹慎、2度目で退学を言い渡される。

ただ、牧博子が足をねんざしたときに、バイク通学の許可が通ったことがある。
申請をすればあっさり通るようだ。

コーヒー専門

須藤晃はコーヒー党。
冴島翠が自販機で、生徒会メンバーのための飲み物を買っているとき、翠をさえぎってコーヒーのボタンを押した。

タキガワマン消しゴム

タキガワマンの消しゴム。
消したことが現実になる魔法の消しゴム。

冴島翠は机に「スドーザウルス」と「エンジェル冴島」の相合傘を描いた。
貸してもらった「タキガワマン消しゴム」でその落書きを消した後、須藤晃と冴島翠はめでたく結ばれることになる。

『赤い糸の伝説』

第一回聖祭で行われたメインゲーム。
アイデア募集時に「ねるとん」や「ダンスパーティー」という案が多かったことから、会長の須藤晃がこの提案を取り入れて企画した。

内容は聖祭当日、生徒たち全員に「運命カード」と呼ばれる、半分に切り取られたイラストのカードが配られる。
女子に配られるのは右半分のカード。男子に配られるのは左半分のカードだ。

そして、生徒たちはダンスパーティーまでにイラストのピタリと合う、片割れのカードを持つ異性を探すのである。
無事見つけることができれば、その二人はめでたく「カップル」となれる。

「カップル」はお化け屋敷に入る権利を持ち、無事に出てきたら講堂のダンスパーティーに参加できる。
そして、軽音部の奏でるバラードが聞こえてきたら、告白タイムというシステムである。

これには生徒から「誰と当たるかわからない」「相手は自由でいい」という野次が飛んだ。
しかし晃は、もしカードの相手に不満がある時は「ごめんなさい」、好きな人がほかの相手にとられそうなら「ちょっと待った」と言うのは自由であるとした。

説明会終了後の全校生徒のウケは上々。楽しみにする生徒が多かった。

ちなみに冴島翠は晃とダンスパーティーに参加することを楽しみにしていたが、会長の晃は総合責任者。
さらに、聖学園は男子が女子より16人多いことから、お化け役のラグビー部+晃がゲームから抜けて帳尻が合うようになっている。

運命カード

第一回聖祭のメインゲーム『赤い糸の伝説』内で使われたイラストカード。
カードのイラストは半分に切り取られており、生徒はもう半分のカードを持つ『運命の人』を全校生徒の中から探さなければならない。

このカードは全校生徒に配られるので全部で200枚強(半分に切るので実質100枚強)あるが、すべて冴島翠が一から手描きしたものである。
大変な作業であったので、心配した須藤晃が少し手伝ってくれた分も入っている。

ダンパ

体育館で開かれるダンスパーティーのこと。第一回聖祭イベント『赤い糸の伝説』の最終ステージの舞台である。

『告白タイム』前は軽音部の演奏によるカラオケ大会が行われ、冴島翠が「学園天国」と牧博子とデュエットで「UFO」を披露した。
『告白タイム』では、軽音部のしっとりした曲の下、生徒が自身の想い人に告白するイベントが行われた。

告白タイム

第一回聖祭のメインイベント。
軽音部の生演奏の下、『運命カード』によってペアになった『カップル』が告白するという内容になっている。

もし相手が嫌な場合は「ごめんなさい」と断るもOK。
好きな相手がほかの人に取られそうなら「ちょっと待った」と割り込むもOK。
『運命カード』の相手に縛られることなく、好きな人に想いを伝えるのは自由になっている。

スタンドバイミー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents