Left 4 Dead(レフト フォー デッド、L4D)のネタバレ解説・考察まとめ

「Left 4 Dead」は、2008年11月18日にValve Softwareから発売されたFPSゲーム。一人用のキャンペーンモードのほか、4人での協力プレイにも対応している。いわゆる「ゾンビもの」のFPSではあるが、鈍重な動きはなく、ゾンビが全速力で走って襲いかかってくるというビジュアルは多くのプレイヤーにインパクトを与えた。現代のアメリカ北東部、ペンシルバニア州にて、ウイルスによる感染者が発生。フランシス、ルイス、ビル、ゾーイの4人は、ゾンビで溢れる都市から脱出すべく行動を開始した。

シャッター

「NO MERCY」のチャプター3に存在するシャッターを、67回殴ることで破壊することができるというバグ。

SC

「Short Cut」の略。

田代

NO MERCYの意。田代=マーシィ=NO MERCYという意味。

クレッシェンドイベント

特定のギミックを起動させるなど、クリアしないと先に進めないイベントのこと。

パニックイベント

車の警報装置や金属探知機などによる感染者の襲撃のようなイベントを指す。クレッシェンドイベントとは異なり、注意すれば回避することが可能。

『Left 4 Dead』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

日本語版と海外版の違いはパッケージだけ

本作には日本語版と海外版があるが、ゲーム内容は同一で身体欠損などのゴア表現も同じ。唯一異なるのがパッケージデザインで、海外版では指の本数が4本だが、日本語版では5本になっている。

PC版とXbox 360版の違いはほとんどない

PC版とXbox 360版のゲーム内容の違いはほとんどなく、しいて言えばマウス+キーボードで操作するかゲームパッドで操作するかが両者の違いとなる。また、PC版のみMODやカスタムマップが使用可能となっている。

3xas0pas0mas0-_08
3xas0pas0mas0-_08
@3xas0pas0mas0-_08

目次 - Contents