花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説まとめ

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。大人になってどん底の人生を歩んでいたある日、中学生時代の彼女である橘ヒナタが東京卍會に殺されたことをテレビのニュースで知る。そんな彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前の中学生時代に何度もタイムリープし、未来を変えようと奮起する。武道は、喧嘩は強くないがピンチの時ほど自分や仲間を奮起させ何度もピンチを乗り越えたくさんの勇気を読者に与えてくれる主人公だ。

花垣武道の概要

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。

武道は、26歳フリーターでボロアパートに住みおまけにバイト先では年下店長からバカ扱いされるなど人生どん底の状態だった。そんなある日テレビのニュースで中学生時代の唯一の彼女であった橘ヒナタが、マイキーの立ち上げた暴走族のチームであり現代の極悪集団である東京卍會(通称:東卍)に殺されたことをニュースで知る。そして同日に電車のホームに立っていたところを何者かに突き落とされたが、ちょうど後ろに立っていた橘ヒナタの弟である橘ナオトに線路から引き上げられ、その時の握手により12年前にタイムリープする。その後、武道は彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前である中学生時代と現代を両方の時代の橘ナオトと握手をすることで何度もタイムリープをする。
中学生時代の武道は、溝中五人衆(アッくん、タクヤ、マコト、山岸、武道)の5人でつるむイケイケ(自称)の不良だったが、東卍に所属するキヨマサ君に半殺しにされる地獄のような日々を送っていた。タイムリープをした武道は、東卍の創立者であり総長のマイキー(佐野万次郎)や東卍の副総長であるドラケン(龍宮寺堅)と出会って東卍に所属し、いくつもの修羅場を乗り越え、キヨマサ君を倒したり、東卍のピンチを何度も救うなど大きな成長を遂げていた。
タイムリープを何度もしていくうちに現代の東卍が極悪集団になった理由が、途中から東卍に加入した参番隊隊長である稀咲鉄太のせいだという事を知る。武道は、タイムリープで稀咲鉄太の脅威から東卍を救うため、また東卍のトップになるため第一線に身を投じていく。

花垣武道の基本プロフィール

誕生日:6月25日
年齢:26歳(現在) / 14歳(過去)
血液型:A型
身長:不明
性別:男性
立ち位置:主人公であり東京卍會の壱番隊隊長

現在の武道はダメダメなフリーターで童貞だが、性格はとても仲間思いであり、キヨマサ君が主催していた喧嘩賭博で、喧嘩が苦手な友達のタクヤがタイマンをさせられそうになっていたところを助けたりしている。
また、諦めが悪い。東京卍會と裏で稀咲が率いる反東卍のメンバーを集めて結成されたチーム芭流覇羅との抗争である『血のハロウィン』の時には、元東京卍會のメンバーの一虎が東京卍會の壱番隊隊長であった場地を殺すのを防いだ。そして未来の橘ヒナタやドラケンを救うため顔がボコボコになっても必死に戦い続け、人数差で劣勢になり諦めかけていた東卍メンバーの闘志に火をつける。
その後、血のハロウィンでの功績が認められ、最初は弐番隊だったが壱番隊隊長の座を勝ち取る。

花垣武道のケンカの強さ

武道はモブキャラクターに負けてもおかしくないくらい非常にケンカが弱い。実際に血のハロウィンで、稀咲が裏で率いる反東卍のメンバーを集めて結成されたチーム芭流覇羅のモブキャラクターに顔面を殴られ「無理だ怖えぇ!!!」などとビビッている場面もあった。しかし守るべきものをしっかりと分かっている時や、仲間に救われた時には、腹をくくり最後まで戦い通すので、ドラケンに「譲れねぇモンの為ならどんな奴にでも楯突ける お前みたいなやつはそーいねぇ」と認められている。
東京卍リベンジャーズの登場キャラクターの中での強さは下から数えた方が早いが 、喧嘩が弱いという短所を打ち消すような、強い心を持っている。

花垣武道の名言・名セリフ

東卍のトップになりたいです!!!

12年前の過去にタイムリープした武道が東京卍會を極悪集団に変貌させた稀咲を止めるために、自分自身が東京卍會のトップなるしかないと考えマイキーとドラケンに発したセリフ。
自分とマイキーやドラケンとの力の差を理解していながら言うこのセリフには、マイキーの作り上げた東京卍會と橘ヒナタを絶対に守りたいという武道の強い意志が感じられる。

ダサくていい みっともなくていい!! マイキー君みたいになれなくったいい!!オレはッッ 花垣武道だ!!!

今まで半殺しにされてきたキヨマサ君に立ち向かっているシーン。
腹に蹴りをかまされたり、手をドスで刺されたりと、ボロボロな状態にもかかわらず諦めないで立ち向かう姿は、武道の成長を感じると同時に、読者にたくさんの勇気を与えてくれる。
最終的には首を絞め気絶させるというかっこいいとは言えない勝ち方だが、仲間を守りたいという姿に感動を覚えた読者も多い。

オレは ドラケンも!! アッくんも!! ヒナも!! みんな助けたいんだ

現代に戻ってきたときに武道の前に現れた中学生の頃からの親友アッくん。武道がアッくんとの会話を楽しんだ後、稀咲に怯えたアッくんが自殺をして死んでしまったのを見て放ったセリフ。
武道が泣いているところを見ると仲間思いだという事がわかると同時に、とても心が痛くなるシーンである。

何度失敗しても 何度でも何度でも 君が助かる未来にたどり着くまで 絶っ対ぇ 折れねぇから

刺されたドラケンの手術も無事成功して、マイキーの心の支えであるドラケンが死んでしまう未来を変えることに成功した武道だった。
現代に戻ると橘ヒナタも生きていて作戦も成功のように思われていた。しかし武道がトイレから戻ると橘ヒナタだけが乗っていた車に東京卍會の車が突っ込み、車が燃えて爆発してしまう。その際に武道が叫んだのが見出しのセリフである。
絶望する中、絶対あきらめずヒナを救おうという武道の強い意志が感じられるシーン。

これはオレの人生のリベンジだ

元参番隊隊長のパーちんがナイフで人を刺し逮捕された件でドラケンのことを恨んでいたキヨマサ君はドラケンを刃物で刺した。刺されてしまったドラケンを担いで逃げていた武道がキヨマサ君に見つかり戦う前に放った熱い一言。
人生を変えるため、ドラケンとヒナ、アッくんの未来を救うために戦う覚悟を決めた武道には痺れるものがある。
『東京卍リベンジャーズ』という作品名を回収したかっこいいシーン。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents