鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。
竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。
『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

どのような技か詳しくは描かれていない。しかし、『炎の呼吸』の奥義・煉獄にと衝突し、競り勝っていることから凄まじい破壊力を秘めていることが分かる。

破壊殺・脚式 流閃郡光(きゃくしき りゅうせんぐんこう)

無数の蹴りを放つ技。これを受けた義勇は姿が見えなくなるほど遠くへ吹き飛ばされた。

破壊殺 鬼芯八重芯(きしんやえしん)

怒涛の8連撃を繰り出す。炭治郎はヒノカミ神楽・『灼骨炎陽』で防いだ。

破壊殺・砕式 万葉閃柳(さいしき まんようせんやなぎ)

炭治郎に対して使用した。炭治郎は回避したが、床が広い範囲で砕かれている。

破壊殺・脚式 飛遊星千輪(きゃくしき ひゆうせいせんりん)

敵を追いかけるように連続で蹴りを放つ。

破壊殺・終式 青銀乱残光(あおぎんらんざんこう)

広範囲に無数の拳撃を放つ。威力もスピードも他の技より増している。
義勇は『水の呼吸 拾壱ノ型 凪』で防ごうとするが、全てを防ぐことは出来なかった。

作中での活躍

煉獄の殺害

煉獄と戦う猗窩座

炭治郎たちが下弦の壱・魘夢を倒した直後、突如空から飛来する。そこに居合わせた炎柱の煉獄杏寿郎と戦闘を始める。
煉獄に腕を真っ二つにされるが、瞬時に腕を修復し、驚異の再生力を見せつける。そして何度かの打ち合いの後、煉獄の強さを認め、鬼へと勧誘する。しかし、煉獄がその誘いに乗るはずもなくその後も死闘を続ける。
煉獄は善戦するが、傷を癒し疲れることのない猗窩座との間に差が生まれ始める。煉獄は最後の力を振り絞り奥義を放つが、猗窩座の攻撃が煉獄の胸を貫く。しかし煉獄はそれでも戦うことを止めようとせず、筋肉を締めて腕を拘束し、頸に日輪刀を振り下ろす。その時、夜明けが近いこともあって、猗窩座は腕を引きちぎって逃げ出した。
その時、炭治郎は日輪刀を投げて猗窩座に突き刺し「逃げるな卑怯者!」と叫ぶ。その後、猗窩座は炭治郎達を始末して来なかったことを無惨に責められる。無惨に叱咤された事、弱者である炭治郎に「逃げるな卑怯者!」と言われたことにより、猗窩座は炭治郎に執着するようになる。

炭治郎と義勇との死闘

杏寿郎を愚弄する猗窩座

異空間・無限城で炭治郎を殺すべく、炭治郎と義勇の前に現れる。そして戦闘を始めるが、成長した炭治郎に腕を斬られる。猗窩座は怯むことなく炭治郎に攻撃を仕掛けるが、炭治郎は避けつつも猗窩座の顔を斬りつけた。炭治郎の実力を体感した猗窩座は、炭治郎のことを強者と認めた。その後、嬉々とした表情で炭治郎、義勇と戦闘を続ける。
「柱と同等」と義勇が評するほどに成長した炭治郎と、水柱である義勇の両名を相手にしても、猗窩座は圧倒する。猗窩座は義勇が『水の呼吸』の使い手だと知って喜び、50年前に水柱を殺害したことを明かす。そして義勇を強者と認めて名を訪ねる。その後、『破壊殺・脚式 流閃郡光』で義勇を遠くへ蹴り飛ばす。
その後、猗窩座は炭治郎と戦い、炭治郎の成長には煉獄の死が必要不可欠だとし、「杏寿郎はあの時死んでよかった」と発言する。それを聞いた炭治郎は「煉獄さんのことを喋るな。お前は侮辱しているだけだ」と激昂する。しかし猗窩座は「それは誤解だよ炭治郎。俺が嫌いなのは弱者のみ。弱者には虫唾が走る。反吐が出る。淘汰されるのは自然の摂理に他ならない。」と持論を述べる。それに対し炭治郎は「お前の言ってることは全部間違ってる。お前が今そこに居ることがその証明だよ。生まれた時は誰もが弱い赤子だ。誰かに助けてもらわなきゃ生きられない。お前もそうだよ猗窩座。記憶にはないのかもしれないけど赤ん坊の時お前は誰かに守られ助けられ今生きているんだ。」と説いた。それを聞いた猗窩座は、背後に道着を着た男が立っているのを目にする。それは猗窩座が見た幻だった。炭治郎に目線を戻した猗窩座は激昂していた。猗窩座は、炭治郎が弱かったことに嫌悪感を抱いていたのではなく、炭治郎そのものを嫌っていたことを自覚した。猗窩座は炭治郎を殺そうと襲いかかる。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents