鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。
竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。
『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

作中での活躍

しのぶ・カナヲ・伊之助との死闘

しのぶを喰らう童磨

過去に胡蝶しのぶの姉・胡蝶カナエを殺害している。それ故、しのぶとは因縁の相手である。
異空間である『無限城』にて胡蝶しのぶと相対し戦闘を始める。しのぶの毒を受けるが、すぐに毒を分解し死ぬどころか楽しんでいた。その後、しのぶは毒の配分を変えながら戦うが、童磨には通じず喰われてしまう。そこへカナヲがやって来て続けざまに戦闘となる。
カナヲのことを柱であるしのぶよりも強い、と評するが、それでもなお圧倒する。童磨の血鬼術によりカナヲは近づけず、どんどん遠ざかってしまう。童磨は離れた位置から一瞬のうちにカナヲの日輪刀を奪っている。それは動体視力に優れたカナヲが見失うほどのスピードであった。無力化したカナヲに構うことなく血鬼術を放つが、そこへ嘴平伊之助が乱入してくる。
伊之助のデタラメな技や太刀筋を楽しみながら戦闘を繰り広げる。そして伊之助の被り物に興味を示し、一瞬のうちに剥ぎ取ってしまう。伊之助の素顔を見た童磨は「僕たち何処かで会ったよね?」と発する。

童磨に終われた琴葉と伊之助

伊之助の母親である琴葉は、夫の暴力や、姑のいじめを受けていた。ある日琴葉は伊之助を連れて家を飛び出す。向かった先が童磨の宗教団体のだった。伊之助の母親は美しく、また歌も上手かったために童磨は殺さずに近くに置いておくつもりだった。しばらくは幸せな暮らしをしていたが、感の鋭い琴葉は童磨が人間を喰っている事に気付いてしまう。童磨に追われた琴葉は、生き残ることを信じて伊之助を崖から落とし、その後、童磨に喰われた。
童磨は琴葉と伊之助の顔が似ていた事でそれに気づいたのだった。

仲間であるしのぶだけでなく、母親さえも殺された事を知って激昂する伊之助、そしてカナヲと戦闘を続けるが、童磨は『結晶ノ御子』を繰り出す。童磨と遜色ない血鬼術を繰り出す御子に伊之助とカナヲは苦戦する。童磨は御子を6体に増やし、伊之助とカナヲだけではなく無限城に入ってきた他の鬼殺隊士の相手をさせようと考える。その時、童磨の体が異変をきたす。
しのぶは、自身が生み出した藤の花の毒では上弦の鬼を倒せない事を鬼殺隊の長である産屋式耀哉から聞かされていた。そこで、無惨に反旗を翻す唯一の鬼・珠世の協力のもと毒を改良していた。そして藤の花の毒を摂取し、自身の身体を毒の塊としていた。しのぶは元から童磨に喰われるつもりだったのだ。カナヲはその事を事前にしのぶから聞かされていた。
童磨は毒により身体が溶け出す。伊之助とカナヲはその隙に斬りかかろうとするが、童磨は『霧氷・睡蓮菩薩』を繰り出す。伊之助は菩薩に捉えられてしまうが、カナヲは、極限までに動体視力を高めることが出来るが、使用すると失明してしまう技『終ノ型 彼岸朱眼』を繰り出して童磨の頸に迫る。童磨の頸は溶けていて斬り落とすことは簡単だったが、刀が頸に入ったところで菩薩に冷気を浴びせられカナヲは凍らされてしまう。それを見ていた伊之助は日輪刀を投げつける。それによりカナヲの日輪刀を押し出され、童磨は首を落とされた。

しのぶに恋心を抱く童磨

童磨は死ぬ間際でも「死ぬことが怖くないし、負けたことが悔しくもない」と言い、何も感じていなかった。しかし、死後の世界でしのぶと再会し「あ、やっと死にました?良かった。これで私も安心して成仏できます。」と言われた時には、顔を赤くし「今はもう無い心臓が脈打つような気さえする。これが恋というやつかなぁ。可愛いねしのぶちゃん。俺と一緒に地獄に行かない?」と言っている。しのぶはそれに対し「とっととくたばれ糞野郎」と返した。

上弦の参・猗窩座(あかざ)

人物

上弦の参。全身に刺青が入った鬼。初めて登場した上弦の鬼である。

どこまでも強さを追い求める鬼。それ故、脆弱な人間を嫌い、鬼であることを誇っている。しかし、人間の中でも練り上げられた強さを持つ者には好意を抱く。炎柱である煉獄と戦った時には、その強さを認め鬼に勧誘した。

武器は持たず、素手で戦闘を行う。『拳鬼』という異名を持っている。
強さの極地である『思考の領域』を目指し、数多の人間を喰らい、数多の戦闘をくぐり抜けている。その戦いの中で何人もの柱を打ち倒している。
攻撃力、回避能力、治癒能力、どれを取っても尋常ではない力を持つ。主人公である竈門炭治郎、水柱である富岡義勇、二人を相手取っても優勢に出るほどである。

上弦の弐である童磨を嫌っている。無惨に命じられていない行動をとろうとしたり、自身に軽々しく触れてくる童磨を殴りつけた。それについて上弦の壱である黒死牟に咎められている。その際、「俺は必ずお前(黒死牟)を殺す」と宣言していた。
子供を産む力を持つ人間の女性を喰うことで鬼は大きな力を得ることができるが、猗窩座は女性を喰わないと童磨が話している。

血鬼術

破壊殺(はかいさつ)

徒手での攻撃の威力を上げる血鬼術。上弦の鬼にしては単純な能力だが、その破壊力は凄まじく、これまで幾人の柱を倒している。
また、敵の行動を探知する術もある。

術式展開 破壊殺・羅針(らしん)

地面に雪の結晶のような術式を展開する。これにより敵の闘気を探知し、攻撃や敵の隙を察知することができる。
これにより猗窩座は圧倒的な回避能力を持っている。また敵の隙を知ることにより、猗窩座は敵の急所に吸い寄せられるような攻撃を放つ。

破壊殺・空式(くうしき)

空中に飛び上がり、拳を打つ衝撃波で攻撃する。実際に拳は当たっていないが十分な破壊力がある。また、リーチに優れた技である。

破壊殺・乱式(らんしき)

無数の攻撃を前方に繰り出す。義勇は『水の呼吸 拾壱ノ型 凪』で、煉獄は『炎の呼吸 伍ノ型 炎虎』で相殺していた。

破壊殺・滅式(めつしき)

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents