偽りなき者(Jagten、The Hunt)のネタバレ解説・考察まとめ

『偽りなき者』とは、トマス・ヴィンターベア監督によるヒューマンドラマ映画。
舞台はデンマークの小さな村。少女が何気なくついた嘘で、変態の烙印を押され村で孤立してしまった男が、自身の尊厳を守るため集団ヒステリーと戦う様を描く。2012年のデンマーク映画。日本公開は2013年3月。

ルーカスの息子であり、現在はルーカスの別れた元妻である母親と同居している。マルクスの名付け親はルーカスの友人ブルーンである。
ルーカスと同様狩猟をしたいと思っており、狩猟の免許が取れる年齢になるの待っている。
父親のルーカスを愛しており、ルーカスとの同居を望んでいるが、母親の同意が得られずやむなく母親と暮らしている。ルーカスの長い説得の末、ようやくルーカスとの同居を母親が認めるが、グレテが母親にルーカスの児童虐待疑惑を話したため、取り止めになってしまう。その後、ルーカスの現状を心配し、家を無断で抜け出してルーカスの元へ駆けつけると、ルーカスと同じく村人達から冷たい扱いを受けることになる。
女の子が苦手で恋人はいない。

グレテ(演:スーセ・ウォルド)

ルーカスが勤務する幼稚園の園長。子供は嘘をつかないと盲信している。
性に対して過剰に潔癖で嫌悪感を抱いている面があり、クララに性的虐待時の様子を聞き出している最中に思わず吐いてしまう。思慮深さに欠ける人物で、その性に対する潔癖さや、子供は嘘をつかないと盲信する姿勢から、性的虐待疑惑に関して教師であるルーカスの言い分を全く聞こうともせずに事実であると断定し、幼稚園の保護者会やルーカスの元妻に話したことにより、ルーカスが酷い迫害を受けるきっかけを作る。

アグネス(演:アンヌ・ルイーセ・ハシング)

テオの妻で、クララの母親。
テオの親友であるルーカスとは親しい間柄であるが、ルーカスの娘に対する性的虐待疑惑を知って以降、ルーカスに対して憎悪の感情を持つ。気が強く非常に頑なな性格で、ルーカスの性的虐待疑惑が起こってすぐに、クララがルーカスは自分に何もしてないと打ち明けるが信じなかった。スーパーで殴られてボロボロに傷ついたルーカスが歩いているのを一家で偶然目撃し、見かねたテオが声を掛けようとするのを止めてしまう。最後に真実をクララから打ち明けられたテオが、ルーカスに会いに行くのも止めようとする。

ブルーン(演:ラース・ランゼ)

ルーカスの親友で狩猟仲間。マルクスの名づけ親。
常に冷静で、村の人々が揃ってルーカスから冷たく離れていく中、唯一ルーカスの無実を信じている。ルーカスの児童虐待疑惑の騒動後、ルーカスやマルクスのことを心配して気にかけており、ルーカスが逮捕された時にはルーカスの元妻に連絡を入れ、行き場のないマルクスを家に泊めたり、自分の親族に協力を依頼してルーカスを救おうと動く。

ナディヤ(演:アレクサンドラ・ラパポート)

ルーカスの幼稚園の同僚。ルーカスと恋仲になる。
詳しくは述べられていないが、デンマーク人ではなく他国からの移民で、高学歴の持ち主らしい。
恋愛に関しては大胆で、ルーカスに対する恋心を隠さずストレートにぶつけ、単なる職場の同僚の関係から男女の仲になるまで強引に持っていく。最初にルーカスの幼児への性的虐待疑惑の話を聞いた時は、まるで信じず笑い飛ばしているが、グレテに幼稚園に呼び出され、その場に集まっていた同僚や保護者たちの話を聞いて心が揺らぐ。そのため、ルーカスの家に戻った後ルーカスに対して疑いの目を向けたことにより、激怒したルーカスから家を追い出される。

『偽りなき者』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ラストシーンに見える人間の闇深さ

出典: ameblo.jp

映画のラストでルーカスが狙撃されるシーンは、観ている者に強烈な印象を残す。
冤罪で苦しみぬいたルーカスがようやく皆の誤解が解け、仲間達と和やかな雰囲気でパーティーを過ごし、観客も長いルーカスの戦いが遂に報われたと安心していたところにこのラストシーンである。そして、狙撃手がいったい誰なのかが分からない。狙撃手は、これで終わったと思うなよという警告の意味でわざと弾を外しているようにも見え、それができる猟銃の腕を考えるとおそらく狩猟仲間の誰かである可能性が高いが、しかし、はっきりとは分からない。これまでは村中の人間がルーカスに憎悪の目を向けていたが、映画のラストでは狩猟仲間達は皆笑顔でルーカスと会話を交わしている。だから余計に怖い。やはり一度燃え上がった疑惑と憎悪の火を、完全に消し去ることはできないのだろうか。このラストシーンがあることで、この映画はより一層考え深いものになっている。

『偽りなき者』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

デンマークにある「子どもと酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざの影響

デンマークには「子どもと酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるらしい。村の人々は、ルーカスによる性的虐待の嘘をついたクララの発言を、まるで疑わずに信じている。もちろん、グレテら幼稚園側が事実であると断定したことも影響しているだろうが、皆が躊躇なくルーカスを迫害する集団ヒステリー状態に至ったのは、この前述のことわざが全員の心に根付いていたことが背景としてあるようだ。

マッツ・ミケルソンのキャスティングにより脚本を変更した

監督のトマス・ヴィンターベアによると、マッツミケルソンのキャスティング決定により、主人公のキャラクターを変えたとのこと。
当初はタフで一匹狼で、労働者階級のヒーローのようなキャラクターであったものを、ソフトで子供たちと同じ目線の幼稚園の先生、という真逆のようなキャラクターに変えている。そのキャラクターの変更により、温厚で我慢強い人物が、終盤で他人に暴力を振るうまでに変化していく様を描くことができ、その変化はドラマの要素として必要であったとトマス・ヴィンターベアは語っている。

『偽りなき者』の関連動画

予告編

bdjj-421
bdjj-421
@bdjj-421

目次 - Contents