極東学園天国(漫画)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

武藤利一の父

武藤利一の父。故人。
真面目な人だったが仕事上のストレスに耐えられず、アルコール依存症になってしまった。

綾子(あやこ)

故人。武藤利一の母で有名な画家であった。
旧姓は大河原。水墨画の大家である大河原修明の娘。

アルコール依存症の夫に暴力を振るわれていたが、最後まで彼を愛し続けた。

購買のおばちゃん

五色台学園の購買部のおばちゃん。
転校生の備品の配給をしている。

和男(かずお)

『極東』教育機関のブラックリストに入っている学生。
どこの高校にも受け入れられず、へき地にある五色台学園を頼ってやってきた。

勉強はできるが、普段は無気力で変わり者を演じている。
実は幼い頃、親戚の家で厄介者として扱われた経験があり、父が迎えに来てくれないかとわざと万引きを繰り返していたことがあった。
変わり者ぶるのは、目立たないと誰も心の叫びに気づかないと思っていたため。

本音をさらけ出した和男は、ブラックリスト入りしている学生でも通える、私立高校の推薦状を間宮純から受け取って帰っていった。

『極東学園天国』の用語

徴学令

高校まで延長された義務教育制度のこと。
不登校児やブラックリスト入りしている問題児を強制的に学校へ通わせるため、このような体制ができた。

学食争奪戦

3年の城戸信長が考案した、学年対抗の戦争ゲームのこと。
そのきっかけは、突如3年が学食の食券を買い占め、それを2年の武藤利一がたしなめたことから。

期間は11月4日~6日の3日間。
各学年の『大将』の所持している装備品を、多く奪ったものが勝ち。
賞品は学食優先権と、各学年からの献上品。

実はこのゲームの真の目的は、平賀信号と武藤利一のどちらを五色台の次期総代にするのか選ぶこと、さらに、学園を『保護指定文化学園化』するために利一に絵を描くようにお願いすることであった。

大将

『学食争奪戦』に参加する各クラスの代表のことを『大将』と呼ぶ。
1年大将は東海林シゲル、2年大将は平賀信号、3年大将は城戸信長が『大将』を務めている。

当初2年の大将は武藤利一が適任かと思われたが、転入早々で個人情報が漏れていない信号に決まった。

副賞

『学食争奪戦』の優勝賞品は学食優先権であったが、それだけではやる気が出ないとのことで急遽追加された。
1年からはエログッズ、2年からは羽根田黒子、3年からは世界遺産である染井吉野が副賞として挙げられた。

指定装備品

『学食争奪戦』での各学年の『大将』は、それぞれ一つだけ指定装備品を持ち、これを奪い合うことを本ゲームの目的とする。
1年の東海林シゲルはベルト、2年の平賀信号はゲタ、3年の城戸信長はゴーグルをそれぞれの指定装備品にしている。

一見ベルトのような容易に取れない指定装備品を選ぶのが有利かに思えるが、二足揃えないといけないゲタも戦局を有利に働かせた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

プラスチック解体高校(漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

目次 - Contents