極東学園天国(漫画)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

多聞(たもん)

2年甲組の教官。生徒間の揉め事に干渉しない姿勢をとっている。

宇多津(うたづ)

極東教育委員会の委員長。
染井吉野を保護するために五色台にやってくるが、灯油をかぶって捨て身で阻止しようとした信号や、城戸学長の娘である国分寺シマの存在に為すすべなく引き下がった。

田中(たなか)

極東最高教育委員会メンバー。
美術史に詳しく、武藤利一の技法を見て美術界の人間国宝・武藤綾子の息子であると看破した。

富田(とみた)

国立高城高校の教授。
学長になることを目論んでおり、高潔な価値観を持っている平賀白線教授を疎ましく思っている。

目黒 浩司(めぐろ こうじ)

学生運動処理班の隊長。
『極東最高教育委員会』に呼ばれ、五色台学園の学生鎮圧に乗り出した。

非常に良識人であり、生徒たちに暴行を働いた田代班長を殴り、平賀信号たちに頭を下げた。

田代(たしろ)

学生運動処理班班長。
強制排除の日に学生たちに暴力行為を働いた。

田代の命令無視に気づいた目黒浩司によって、頬を張り飛ばされる。

理事長

城戸信長の目指している英国王立音楽大学の理事長。
城戸の演奏に「これほど魂を揺さぶられたことはない」と、最上級の賛辞を贈った。

造園のおやっさん

人工桜の手入れをする造園屋。
実は国の造園業を牛耳る偉い人。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

プラスチック解体高校(漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

目次 - Contents