Dead by Daylight(DbD・デッド バイ デイライト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dead by Daylight』とは、カナダのゲーム会社「Behaviour Interactive」により開発され「Starbreeze Studios」から2016年6月にPC版が発売された、非対称型対戦サバイバルホラーゲーム。
殺人鬼(キラー)となるプレイヤーが1人、生存者(サバイバー)となるプレイヤー4人で殺戮場と呼ばれるフィールドを舞台に鬼ごっこをするゲームとなっている。全世界累計500万本以上の販売実績を誇るゲームであり、2018年4月4日にPS4の日本版がリリースされている。

フック解体の際に工具系のアイテムを必要としない固有パーク「サボタージュ」が非常に強力。

クローデット・モレル

植物学を勉強しているという設定があり、回復に特化した生存者である。治療キットを必要とせず、低速ではあるが無制限に自己回復が可能な「セルフケア」、負傷状態の見方を可視化できる「共感」の二つの固有パークがかなり強力である。

ネア・カールソン

素早い移動速度と隠密性が特徴の生存者であり、、「都会の生存術」と鍵の組み合わせがかなり強力である。

ローリー・ストロード

殺人鬼と自身の両方の位置をお互いに察知できてしまう、ハイリスクハイリターンな「執念の対象」が特徴的ではあるが、担がれ状態になって際に一度だけ反撃し脱出できる「決死の一撃」が強力で人気の固有パークである。

エース・ヴィスコンティ

様々な確率アップや発動中の位置表示の効果の上昇などの固有パークを持っている。

ウィリアム・ビル・オーバーベック

生存者がパーク使用者一人になると発電機の修理速度が上昇する「置き去りにされた者」や心音の範囲内で仲間をフックから救出すると後15秒間攻撃を受けると瀕死にはならず深手状態になる「与えられた猶予」など危機的状況には強い固有パークを所持している。だが安全時にはとくに効果はないので注意が必要である。

フェン・ミン

発電機修理の攻防戦に強い固有パークが特徴のキャラクターである。殺人鬼に気づかれないように修理を進めること、距離を問わず殺人鬼の位置を把握できることができる。一人で完結しているキャラクターなので他の生存者協力する能力がかなり劣る部分に注意しなければならない。

デイビット・キング

デイビットが持つ固有パークはどれもリスクはかなり高く賭けの要素が多いが効果は強力でありかなりピーキーなキャラになっている。

クエンティン・スミス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents