Dead by Daylight(DbD・デッド バイ デイライト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dead by Daylight』とは、カナダのゲーム会社「Behaviour Interactive」により開発され「Starbreeze Studios」から2016年6月にPC版が発売された、非対称型対戦サバイバルホラーゲーム。
殺人鬼(キラー)となるプレイヤーが1人、生存者(サバイバー)となるプレイヤー4人で殺戮場と呼ばれるフィールドを舞台に鬼ごっこをするゲームとなっている。全世界累計500万本以上の販売実績を誇るゲームであり、2018年4月4日にPS4の日本版がリリースされている。

スミスが持つ固有パークは形成をひっくり返せる効果を持っている。不利になっている他の生存者を立て直すことも可能である。

タップ刑事

最善の選択肢を選ぶことができるパークを持っている。次の修理するべき発電機であったりスキルチェックを優位にとることができたりと周りを引っ張っていけるキャラクターになっている。

ケイト・デンソン

殺人鬼とのチェイスに特化したパークを持っており、足跡を消して殺人鬼をかく乱すること、板や窓枠で時間稼ぎなどヘイトを集める役ができるキャラクターになっている。

アダム・フランシス

アダムは教師であるという設定があり、他の仲間を助けるパークがそろっている。

ジェフ・ヨハンセン

フックから自己が脱出または他の仲間を救出することでそのフックを破壊することができる「ブレイクダウン」が殺人鬼に対抗することのできるかなり強力な固有パークをあ保持しているキャラクターである。

ジェーン・ロメロ

ローリー・ストロードの持つ「決死の一撃」と同様に、殺人鬼を直接攻撃できる貴重な固有パークを持っている。
キャラクターの身長が大きいことで隠密行動があまり向いていない。かなり強力な殺人鬼側のパークである。

アシュレイ・J・ウィリアムズ

アッシュは、敵の攻撃を条件付きで無効化する「英雄の奮起」や這いずり状態での回復ゲージを担がれた時のもがきゲージに変換する「フリップ・フロップ」、這いずり状態から仲間を回復させることでその仲間と自分の双方に殺人鬼の位置を表示する「ベルトを締めろ!」など、殺人鬼に対抗するための強力な固有パークがそろっている。

パーク

パークとはキャラクターの性能を強化するものである。殺人鬼と生存者で使えるパークは分かれており、それぞれに固有のパークとキャラクー関係なく使える共有のパークがある。
最大4つまで装備することが可能であり、固有のパークも条件を満たすことで使用可能になる。

殺人鬼(キラー)の固有パーク一覧

レイス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents