Fallout 76(フォールアウト76)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fallout 76』とは、2018年にベセスダ・ソフトワークスから発売されたアクションRPG。Falloutシリーズ8作目にして初のMMORPG作品でもある。オンラインマルチプレイのスタイルを取り入れたことで、ソロプレイだけでなく協力プレイ、プレイヤー同士によるバトルなど、過去作品にはなかった幅広い遊び方ができる。プレイヤーが核戦争により荒廃したアメリカ大陸の再建を目指し、核シェルターから25年ぶりに地上へ旅立つところから物語は始まる。

どんな病気も治癒可能「硫黄水噴水」

マップ上に存在する、ホワイトスプリングという高級リゾート施設内に存在するアイテム。このエリア内にある東屋のような場所へ赴くと、そこに「硫黄水噴水」という名称がついた水飲み場を見つけることができる。ここの水を飲むと、どんな病気もすぐに治療することができる。病気の治療にはディジーズ・キュアと呼ばれるアイテムを本来使うのだが、ディジーズ・キュアはフィールドにランダムで発生するアイテムであり、クラフトするにしても素材が手に入りにくく量産が難しい。困った時にはこの硫黄水を活用することで病気の悪影響から逃れやすくなる。

大型アップデートによる拡張

オンラインコンテンツという利点を生かし、Fallout 76では大型アップデートによる拡張が数回予定されている。アップデートによる変更点は、新ゲームモードの追加、新しいクエストやアイテムの追加、ファンの要望を受けて実装された新要素の追加などがあげられる。三つの大型アップデートの存在が公開されている。

WILD APPALACHIA

2019年3月から新要素を順次追加していった大型アップデート。新クエストとして謎の存在シープスカッチを追う「Lying Lowe」、新要素のカメラモードが解除される「Bucket List」、アルコール醸造機能を獲得できる「Wasted on Nukashine」、持ち運べるアイテム重量を更に拡張できる「Ever Upwards」、新規追加高難易度ダンジョン"ダンジョン・バローズ"が舞台の「Waste Management」などが追加。期間限定イベントとして集団で遊べるイベントクエスト「ファスハナト・パレード」、新要素としてC.A.M.P.を自由に飾り立てられる装飾機能やPL間でアイテムの売買が行えるベンダー機能も追加された。

NUCLEAR WINTER

2019年6月に追加される無料大型アップデート。ゲーム中に存在しつつもその扉を開くことのなかったもう一つのVault「Vault 51」を舞台とし、Vault 51のリーダーである監督官の座を争う52人によるPvPバトルロイヤルモードが追加される。このバトルロイヤルモードは現状存在するPvPモード「サバイバル」よりも混沌とした派手な内容となっており、プレイヤー間での闘争中に大型エネミーが割り込んだり戦闘中にC.A.M.P.で建設した戦闘要塞を設置して火力で圧倒するなどかなり自由度が高くなっている。また戦闘中に核を投下することも可能と言われており、殺し合いよりも混沌度合を楽しむ仕様となっている。

WASTELANDERS

2019年秋頃の追加が予定されてる大型アップデート。今まで人間NPCが存在しなかったウェストバージニア州に、新しく人間NPCが追加されることで大きく話題となった。Vault 76の人々の手により復興の兆しが見えたウェストバージニア州へ、この土地にあるという宝を狙い様々な派閥の人間達がやってきた。新たなる訪問者をストーリーの主軸に据え、プレイヤーの選択肢により結末が変わっていくメインクエストの追加がこのアップデートで行われる。クエストだけでなく新アイテムの追加なども予定されている。

『Fallout 76』の主題歌・挿入歌

『Take Me Home, Country Roads』

1971年にリリースされたジョン・デンバー氏の原曲を、本作の為にオリジナルアレンジしたカバー曲。カバーを行なったアーティストの名前は公開されていない。故郷であるウェストバージニアを懐かしむ歌詞になっており、本作の世界観とマッチする作風。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fallout 4(フォールアウト4)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fallout 4』とは、マニアも多い人気のシリーズで核戦争後の荒廃した世界を舞台にしたオープンワールドアクションゲーム。ベセスダソフトワークスが開発している。広大なマップや数多くのキャラクター、メインストーリーからサブストーリーまで沢山のクエストがあり、内容量たっぷりのゲームとなっている。本作では新しく「クラフト」システムが導入され各地に点在する拠点で武器や防具の改造、防衛設備の構築、寝泊まりして暮らせる住居の建造など今までのタイトルより更にやり込める要素が増えている。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

一度プレイしておきたい家庭用オープンワールドゲーム

オープンワールドゲームとは、スマホなどでは到底味わう事の出来ない広大なフィールドを自由に駆け回れる、極めて自由度の高いゲームのことです。いつ何をしなければいけないという閉塞感がなく、クエストを受けてもやるかやらないかさえ自由、どこへなにしにいっても自由いう、まさに二次元世界で自由気ままな旅をしているような感覚を味わえるのです!

Read Article

《グロ注意》「Fallout4」バグ&面白シーンまとめ

「Fallout」シリーズといえば、ベゼスダソフトワークス様の珠玉の名作ですよね。核戦争後の荒廃世界を描いた、FPS&RPGオープンワールドゲームの代表作です。1プレイで100時間以上かかってもクリアーできないなど、その圧倒的なボリュームが売りである一方で、これは有名な話ですが極めてとにかくバグが多いのです(仕方が無いことですが)。今回は、そんな多発するバグの中でもネタになるものをまとめました。

Read Article

(ネタバレ有)「Fallout」シリーズがなぜ神ゲームと言われているのかまとめ

家庭用ゲームをやられる皆さんは「Fallout」シリーズをご存知ですか?「Fallout」は核戦争後の地球を舞台にした銃、スリ、ギャンブル、賄賂、交渉、自律ロボットなどが思いのままに出来るオープンフィールドゲームです。そんな「Fallout」シリーズが、なぜ神ゲーだと言われているのか、まとめてみました。(説明文は「Fallout」口調、画像は『Fallout: New Vegas』より自撮りです)

Read Article

目次 - Contents