Fallout 76(フォールアウト76)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fallout 76』とは、2018年にベセスダ・ソフトワークスから発売されたアクションRPG。Falloutシリーズ8作目にして初のMMORPG作品でもある。オンラインマルチプレイのスタイルを取り入れたことで、ソロプレイだけでなく協力プレイ、プレイヤー同士によるバトルなど、過去作品にはなかった幅広い遊び方ができる。プレイヤーが核戦争により荒廃したアメリカ大陸の再建を目指し、核シェルターから25年ぶりに地上へ旅立つところから物語は始まる。

バラモンと呼ばれる放射能変異した双頭の牛を連れ、主人公とアイテム売買の取引を行なってくれる変異生物「スーパーミュータント」の一人。元来スーパーミュータントは粗暴且つ殺し合いにしか関心を示さないが、グラムは人間とのやりとりから商いの楽しみを知り、スーパーミュータントが獲物としか見なさないはずの人間とも商売を行なう。口調は猟奇的且つ凶悪だが、商人としての矜持か取引では真摯な対応を見せてくれる。

提供者マームル

モールマイナーと呼ばれる、放射能を始めとした様々な要因が重なりあった結果生まれた変異生物「アボミネーション」の女性であり商人。本来モールマイナーは意思の疎通ができず人間を見るなり即座に襲い掛かってくるが、不思議なことに彼女は何の問題もなく人間との取引に応じてくれる。しかしモールマイナー独自の発声は人間には理解できないものであり、言葉による意思の疎通は不可能。クエストクリアか高レベルエネミー勝利時の報酬でもらえる特別な装備「レジェンタリーアイテム」の取引を行なっている。

ベンダーボット

各地でアイテムの売買を行なっている、プロテクトロンと呼ばれるロボット達。元々はレスポンダーやレイダーなど様々な組織の所有物であったらしく、各組織ごとのプログラミングが施されている。その為個体によって口調が異なり、レスポンダーであれば丁寧で親切な対応を返し、レイダーなら粗暴で盗難に対し釘を刺すようなことを発言する。

エヴァン

Vault 76監督官の婚約者だった人物。監督官は彼と共にVault 76へ入居する予定だったが、エヴァンはVault 76における「保護すべき優秀な人物」には該当しないとされ、シェルターへ避難することは叶わなかった。核投下後も地上に残らざるを得なかった彼は最終的にスコーチ病に感染、スコーチ化してしまう。その後監督官の音声ログからエヴァンの所在を知ったプレイヤーは、監督官の代わりに彼を死なせてやるというクエストを受けることができる。

グラフトン市長

ラジオを通してプレイヤーに助けを求め続けており、その声に応えて彼の元を訪れるとその正体がAIと分かる。元々は市長の補佐をする大型コンピューターだったが、グラフトンの住民が死に絶えた後邪魔をする人間がいないことを幸いに、グラフトンの市長の座へ強引に就任した。横柄な性格でプレイヤーに無理難題を押し付ける厄介な存在。

『Fallout 76』の敵キャラクター

この世界では放射能とFEV(Forced Evolutionary Virus)と呼ばれる強制進化ウイルスの汚染により、未知の進化を遂げてしまった原生生物や人間がエネミーとしてプレイヤー達の前に立ちはだかることとなる。加えて核戦争の発生前からその地域に存在していた、伝説的な未確認生命体「UMA」に該当するクリーチャーも出現率の低いレアエネミーとして作中に登場している。

通常エネミー

変異原生生物

カメレオンをベースに生み出された変異生物「デスクロー」

放射能汚染やFEVの影響で変異した動物や、戦争時の実験により生み出されたが野に解き放たれ野生化した生物兵器達がこれにあたる。巨大化と攻撃性の強化が著しく、ネズミの変異体「モールラット」やサソリの変異体「ラッドスコルピオン」など多種多様なアボミネーションがプレイヤーを襲撃する。その中でもとりわけ強力な存在として、熊の変異体「ヤオグアイ」とカメレオンをベースに生み出された生物兵器「デスクロー」が有名である。なおCharismaのPERKにはこうした生命体をてなづけペットにできるものが存在する。ゲーム内では食料とする事も可能。

フェラル・グール

放射能により肉体が変異し脳が破壊されたエネミー「フェラル・グール」

人間が放射能汚染に晒され続けた結果、強靭な肉体と放射能耐性に加え、驚異的な寿命を獲得した存在をグールと呼ぶ。見た目はゾンビのようになり、攻撃力も人間の比ではない。元は人間なので意思の疎通や交流も本来は可能だが、汚染の影響で脳に損傷を受けてしまった場合は理性を失ったエネミー「フェラル・グール」と化す。フェラル・グールとなった場合は本能のまま動く者全てに襲い掛かるようになり、また放射能地帯に身を置き続けてより凶悪な変異体へと更なる進化を遂げることもある。変異体の一種である光りし者と呼ばれるフェラル・グールは、全身に放射性物質を蓄え放射能を撒き散らしながら、異常肥大した筋力によりプレイヤーへ大ダメージをもたらす。集団で行動することが多い。

モールマイナー

鉱夫だった人間が鉱山内にて変異したエネミー「モールマイナー」

元はウェストバージニア州にある鉱山にて鉱夫として働いていた人間達であり、鉱山の中で独自の変異を遂げてしまったアボミネーション。どういう経緯で生まれたかは謎だが、鉱山地下に存在する謎多き物質・ウルトラサイト等が原因ではと言われている。独自の生態系を持ち武器や防具を所持している。大抵はガントレットやショットガンなどで襲い掛かってくるが、一部はミサイルランチャー等も所持しており集団で襲われてしまうと中々厄介な相手でもある。全員鉱業用スーツを身にまとっているが、変異の過程でスーツが体に癒着してしまった可能性がある。

スーパーミュータント

放射能とウイルスにより生み出された人間の変異生物「スーパーミュータント」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fallout 4(フォールアウト4)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fallout 4』とは、マニアも多い人気のシリーズで核戦争後の荒廃した世界を舞台にしたオープンワールドアクションゲーム。ベセスダソフトワークスが開発している。広大なマップや数多くのキャラクター、メインストーリーからサブストーリーまで沢山のクエストがあり、内容量たっぷりのゲームとなっている。本作では新しく「クラフト」システムが導入され各地に点在する拠点で武器や防具の改造、防衛設備の構築、寝泊まりして暮らせる住居の建造など今までのタイトルより更にやり込める要素が増えている。

Read Article

一度プレイしておきたい家庭用オープンワールドゲーム

オープンワールドゲームとは、スマホなどでは到底味わう事の出来ない広大なフィールドを自由に駆け回れる、極めて自由度の高いゲームのことです。いつ何をしなければいけないという閉塞感がなく、クエストを受けてもやるかやらないかさえ自由、どこへなにしにいっても自由いう、まさに二次元世界で自由気ままな旅をしているような感覚を味わえるのです!

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

(ネタバレ有)「Fallout」シリーズがなぜ神ゲームと言われているのかまとめ

家庭用ゲームをやられる皆さんは「Fallout」シリーズをご存知ですか?「Fallout」は核戦争後の地球を舞台にした銃、スリ、ギャンブル、賄賂、交渉、自律ロボットなどが思いのままに出来るオープンフィールドゲームです。そんな「Fallout」シリーズが、なぜ神ゲーだと言われているのか、まとめてみました。(説明文は「Fallout」口調、画像は『Fallout: New Vegas』より自撮りです)

Read Article

《グロ注意》「Fallout4」バグ&面白シーンまとめ

「Fallout」シリーズといえば、ベゼスダソフトワークス様の珠玉の名作ですよね。核戦争後の荒廃世界を描いた、FPS&RPGオープンワールドゲームの代表作です。1プレイで100時間以上かかってもクリアーできないなど、その圧倒的なボリュームが売りである一方で、これは有名な話ですが極めてとにかくバグが多いのです(仕方が無いことですが)。今回は、そんな多発するバグの中でもネタになるものをまとめました。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents