学園アリス(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『学園アリス』とは、樋口橘によって2002年から2013年まで雑誌『花とゆめ』で連載された漫画作品である。NHKBS放送にて、2004年〜2005年にかけてアニメ放送も行われた。アリスという超能力を持った者しか入学できない『アリス学園』を舞台とした学園ファンタジーである。元気で裏表のない性格の蜜柑と冷静沈着な蛍を中心に学園が大きく変化していく様子が描かれている。

『学園アリス』の概要

『学園アリス』とは、樋口橘によって2002年から2013年まで雑誌『花とゆめ』で連載された漫画作品、およびそれを原作としたアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品である。略して「学アリ」と呼ばれる。単行本は31巻まで出版されており、公式ファンブックは2冊発売されている。NHKBS放送にて、2004年〜2005年にかけてアニメ放送も行われた。また、学園アリスを題材としたゲームソフトも販売されている。ゲームソフトのタイトル及び発売年数は以下の通りである。2004年「学園アリス〜ドキドキ☆不思議たいけん」(ゲームボーイアドバンス用ソフト)、2006年「学園アリス〜きらきら★メモリーキッス」(Play Station2用ソフト)、2007年「学園アリス〜わくわく ハッピー★フレンズ」(ニンテンドーDS用ソフト)の3種類だ。
物語の内容は、アリス学園を舞台とし、超能力を持った生徒たちの少し変わった学園生活ファンタジーである。しかし、この漫画はただの学園生活のみではなく、主人公の蜜柑を筆頭に、自身の出生や境遇を乗り越え、最終的には学園の闇と立ち向かっていく様子も描かれている。

『学園アリス』のあらすじ・ストーリー

ある日、主人公の佐倉蜜柑の親友である今井蛍が転校してしまった。蛍の転校先の学校は”アリス学園”という特別な能力を持ったものしか入学できない学校であった。アリスを持つものは、その才能の有用性故、国家や企業から非常に重宝される存在であった。アリスを保有者はそのため、アリス学園に子供を入学させると、親は多額の寄付金がもらえる。蛍と蜜柑が育った田舎町は貧乏で、学校も廃校の危機に迫られていたのだ。蛍はその学校に入学し、育った学校を救うため、自ら志願して転校したのだった。それを知った蜜柑は、蛍を追い、一人でアリス学園へ向かう。

しかし、蜜柑は田舎で育った平凡な女の子。アリスと呼ばれる特殊な能力を持っているものでないと入学できないと門前払いを食らう。門の前で途方にくれていると、黒猫の仮面をつけた男の子が塀の上に現れた。その生徒は学校の問題児・日向棗であった。彼は脱走を目論んでおり、それを教師・鳴海が止めに来た。鳴海のアリスはフェロモンである。そのアリスを使用し、強烈なフェロモンで失神させることによって、棗を捕獲したのだった。周りの人にも影響が出る量のアリスを使ったにもかかわらず、そのアリスは蜜柑には全く効いていなかった。蜜柑は無効化のアリスを持っていたのだ。蜜柑がアリス保有者だと発覚し、無事アリス学園に入学することができたのだった。

そこから蜜柑のアリス学園での生活が始まった。蜜柑は蛍と同じクラスとなった。そのクラスには日向棗とその親友である乃木流架もいた。アリス学園の生徒はあらゆる超能力を持っているのだが、それを悪用しようとする者も存在する。そのため、一度学園に入るとほとんどの生徒は卒業まで外に出ることはできない。そのような特殊な学校生活の中で、学園に不満を持つものも少なくはなかった。棗と流架はクラス内の学校に不満を持つもの達のカリスマ的存在であり、クラスは学級崩壊寸前であった。混沌としていたクラスであったが、文化祭や体育祭などの行事を通して、蜜柑の持ち前の前向きさと明るさが周りにも影響し、クラスの雰囲気も良くなっていっていた。最初は敵対していた棗と蜜柑であったが、事件や行事を乗り越えていくにつれてお互い惹かれていった。

しかし、そんな多くの仲間にも恵まれ順風満帆な蜜柑であったが、実は蜜柑の両親は学校にとって忌々しい存在であったのだ。

蜜柑の父・行平泉水はかつてアリス学園の教師であった。泉水はアリス学園を私物化しようとする初等部校長の悪行を調査していた。その最中、初等部校長は泉水が面倒を見ていた腐食のアリスを持つ生徒を利用し、泉水を殺害した。
蜜柑の母である安積柚香はもともと泉水の教え子だった。柚香はアリスを他者に入れるアリスを持っており、その特殊な能力ゆえ、初等部校長に裏任務をさせられていた。泉水と恋仲になっていた柚香は泉水が亡くなったことを知り、それが初等部校長の仕業だと気付き学校を脱走した。そこからはずっと学園から身を隠しながら逃亡生活を送った。

このような事情があり学園に目をつけられる蜜柑。蜜柑もまた、母の柚香と同じアリスが使用できるようになる。それを聞きつけた初等部校長は蜜柑を利用しようとあらゆる手で仕掛けてくる。

アリスの力を使って学園を掌握し、自分の立場を固めようとする初等部校長の好き勝手にはこれ以上させないと初等部校長の言うことに屈しない蜜柑とそんな蜜柑と共に戦う仲間たち。初等部校長側の人間と蜜柑側の人間で攻防が繰り出される。学園全体を巻き込む争いが勃発し、蜜柑たちは学園を守るために戦っていくのだった。

激しい戦いの後、アリスを失い、記憶も消され学園を去った蜜柑であったが、数年かけて棗たちが探し続け、最後は再会を果たしたのだった。

『学園アリス』の登場人物・キャラクター

佐倉蜜柑(さくらみかん)

CV:植田佳奈
「特別能力系」:無効化のアリス(他者のアリスを無効にできる)、盗み・入れるアリス(アリスを結晶化し、出したり入れたりすることができる)
本作の主人公。アリスストーンの色は蜜柑色。
常に自分より他人のことを考えて無茶をすることもしばしば。とにかく元気で明るい女の子。感情豊かで泣き虫。どんなに辛い境遇も笑顔で乗り越える。みんなを明るくする太陽のような存在。両親ともにアリスを持っており、父の行平泉水は「無効化のアリス」、母の安積柚香は「瞬間移動のアリスと盗み・入れるアリス」。幼い頃はおじいちゃんに育てられた。

今井蛍(いまい ほたる)

CV:釘宮理恵
「技術系」:発明のアリス(どんな構造のメカでもアイディアを宿らせることができる)
アリスストーンの色は水色と紫。
蜜柑の大親友。クールだが、本当は友達思い。
非常に珍しく実用性も高いアリスのため、世界中の企業や富豪に注目されており、ファンやスポンサーが多数いる。
見た目はかなりの美少女だが、毒舌で守銭奴で面倒臭がりで大食らい。毒舌は蜜柑に対しても容赦がない。
一方で友人や家族を思う気持ちは強く、蜜柑の窮地には文句を言いつつ手助けすることが多い。

日向棗(ひゅうが なつめ)

CV:朴璐美
「危険能力系」:炎のアリス(どこでも炎を出し、操ることができる)
性格は冷静でドS。ツンデレ。ムッツリスケベ。蜜柑が大好き。
蜜柑のパートナー。アリスストーンの色は赤。星階級は初等部で唯一の幹部生。
家族全員がアリスで、父と妹は棗と同じアリスを有しているが、母は記憶操作のアリスである。
初期はほとんど笑顔を見せず、親友の流架以外には心を閉ざしていた。しかし蜜柑との出会いを経て、徐々に蜜柑やその友人に対してを開いてゆく。
作者曰く「学アリの大黒柱」。

乃木流架(のぎ るか)

CV:安田美和
「体質系」:動物フェロモンのアリス(すべての動物たちと意思疎通と会話ができる)
アリスストーンの色はクリーム。
無口で優しい。蜜柑が好き。
棗と親友であり、恋敵でもある。
ニックネームはルカぴょん、ルーちゃん。大の仲良しの兎をいつも抱えている。アリス使用時には動物に対してデレデレになる。そのため、使用時を他人に見られるのを嫌がる。

鳴海・L・杏樹(なるみ・える・あんじゅ)

CV:石田彰
「体質系」:フェロモンのアリス(誰でも自分の虜にすることができる)
アリスストーンの色はピンクパープル。国語担当。蜜柑達のクラス、初等部B組の担任。
みんなを見守る優しいお兄さんのような存在。通称「ナル」。派手な服装をしている。
普段はチャラチャラしているように見えるが、いざとなれば生徒のためなら体を投げ出せる真剣さを持つ。

行平泉水(ゆきひら いずみ)

sanacyan1001
sanacyan1001
@sanacyan1001

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

グラップラー刃牙(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

グラップラー刃牙(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

板垣恵介による日本の漫画。週刊少年チャンピオンで連載されていた。東京ドームの地下に秘密裏に建造された闘技場では日夜、熱き格闘家たちによる試合が行われていた。そして地下格闘技場の若きチャンピオンである範馬刃牙は今日も強者との戦いを求めていた。すべては地上最強の生物である父親、範馬勇次郎を倒すため、刃牙は戦い続けるッ! 全国の男を熱くさせた格闘漫画の金字塔!

Read Article

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(はんまゆうじろう)とは、『刃牙シリーズ』に登場する地上最強の生物。通称オーガ。主人公である範馬刃牙(はんまばき)の父親である。その戦闘力は、一国の軍隊よりも上と言われており、どの闘いにも圧倒的な強さを発揮する。刃牙は勇次郎を倒すために日々トレーニングを続けており、親子の対決は2度行われた。多くの猛者が勇次郎と対戦しているが、いまだ勝利した者はおらず、地上最強の生物の名にふさわしいキャラクターである。本気の戦闘モードになった時、背中の筋肉が鬼の顔になる特徴を持つ。

Read Article

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(はんま)とは、『刃牙シリーズ』の全てに登場し、ステロイドを常用する噛みつきが得意な強者である。範馬という名前の通り、主人公である範馬刃牙の義理の兄にあたる。第1作目『グラップラー刃牙』では、地下闘技場最大トーナメントで初登場し、決勝で刃牙と戦うことになる。第2作目『バキ』ではシコルスキー(死刑囚)やマホメド・アライJr.(マホメド・アライ流拳法)、第3作目『範馬刃牙』ではピクル(白亜紀の人間)、第4作目『刃牙道』では本部以蔵(柔術家)と対決する。

Read Article

NEW
範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

本作の主人公。父は「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎。母は朱沢財閥グループの朱沢江珠(あけざわえみ)。父勇次郎を倒すべく、日々トレーニングに明け暮れる。その中で数々の強敵と闘いながら強くなり、父勇次郎とは2度対決している。恋人は松本梢江(こずえ)で、刃牙の学生時代からの恋人である。

Read Article

NEW
冴島翠(天使なんかじゃない)の徹底解説・考察まとめ

冴島翠(天使なんかじゃない)の徹底解説・考察まとめ

冴島翠(さえじまみどり)は矢沢あい作の漫画『天使なんかじゃない』の主人公。元気で明るく、お調子者である。周りから『エンジェル冴島』と呼ばれることも。聖学園の1期生として入学し、副生徒会長を務めた。絵を描くことが得意であり、2年生からできた美術部に所属している。同級生であり生徒会長を務める須藤晃(すどうあきら)に一目惚れし、付き合うことになるが、1度別れる。お互いの大切さに気付き、再度付き合うことになった。高校卒業後は美術系の大学に進学し、美術の先生となり母校である聖学園で働く。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents