ゼロ・グラビティ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ゼロ・グラビティ』とは、鬼才アルフォンソ・キュアロン監督によって2013年に公開されたアメリカ映画。主演はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが務めた。宇宙で極限状況下に置かれた者たちのドラマを、VFXを駆使した3D映像でリアルな宇宙空間の臨場感を再現したSF・ヒューマン・サスペンス。スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故によって宇宙空間へ放り出され、無重力の世界の中、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を描く。

ミッション・コントロール(声:エド・ハリス)

ヒューストンから『エクスプローラー号』に指令を送るNASAの管制官。
冒頭の『エクスプローラー号』船外活動のシーンで、マット、ライアン、シャリフとそれぞれ通信をする。通信中、最もおしゃべりなマットの話を聞きながら、「その話は前にも聞いた」と冗談半分に話していた。その直後にロシアの人工衛星が破壊されたことが原因で、大量の宇宙ゴミがエクスプローラーを襲うことがわかり、地球への帰還を命じる。

アニンガ(声:オルト・イグナチウッセン)

ライアンが『天宮』に乗り込み、AM電波で地球に救助を求める交信を試みた際に応答する女性。
必死に語りかけるライアンの言葉が通じないためにライアンが誰なのかを理解できなかった。近くで犬の吠える声や赤ん坊の泣き声が聞こえ、それを聞いたライアンが地球に戻れない絶望感に苛まれた。

シャトル船長(声:エイミー・ウォレン)

冒頭の『エクスプローラー号』船外活動のシーンで、ヒューストンからロシアの人工衛星が破壊された旨の連絡を受けていた。その後に飛んできた衛星の破片に襲われた『エクスプローラー号』の船内で死亡する。

ISS船長(声:バシャール・サヴェージ)

冒頭の『エクスプローラー号』船外活動のシーンで、ヒューストンと交信する。

『ゼロ・グラビティ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

マット「宇宙の何が一番好きだ?」ライアン「静けさよ」

冒頭、『エクスプローラー号』の船外活動を行っているマットとライアン。宇宙から見る地球の眺めに感嘆しながら、マットはライアンに「宇宙の何が一番好きだ?」と問いかけると、ライアンは「静けさよ」 と答えた。

本作中で最も美しいシーン名シーンであり、ライアンの「静けさよ」という言葉は後の悪夢のような展開を全く予感させない印象的な名セリフである。

「諦めることも学べ!」

マットはライアンをロープで引っ張ったままISSにたどり着いた勢い余ってISSに衝突。マットが宇宙空間に放り出されそうになると、ISSの着陸船から開いていたパラシュートのワイヤーに引っかかったライアンは、マットと繋がっているロープを掴んだ。だがマットはライアンを助けるため自らロープのフックを外してしまう。宇宙空間へ漂流するマットは通信が途切れるまでライアンに語りかける。「何としても助け出す」というライアンに、マットは「諦めることも学べ!」 と命令しながら宇宙の彼方に消えて行った。

宇宙に投げ出されてしまったマットはもう助からないことを自覚しており、冷静にライアンを諭す。悲しい別れの名シーンであり、マットの「諦めることも学べ!」 は、ベテラン宇宙飛行士ならではの男らしい引き際の名セリフである。

「宇宙なんて大嫌い!」

ISSの中でひと息ついたライアンだったが、ISS内で火災が発生。火の手が激しく、危険を感じたライアンはソユーズに避難した。なんとかISSからソユーズを切り離そうとするがパラシュートが絡まって離れない。ライアンは船外に出てパラシュートを外そうとする。と、そこへ膨大な量の宇宙ゴミがすごいスピードでで接近してきた。なんとかパラシュートを外したライアンだったが、ISSは宇宙ゴミに衝突され大破してしまった。そんな状況のISSを見たライアンが「宇宙なんて大嫌い!」 と悪態をついた。

初めてのスペース・ミッションを楽しむはずが、スペースシャトルでもISSでも散々な目にあってしまうライアン。「宇宙なんて大嫌い!」 はそんな彼女の宇宙に対する本音であり、名セリフとなった。

「もう逃げない。地球に帰るわよ」

ISSのソユーズ船内で一度は死を覚悟したライアン。だが姿を現したマットの幻影から逆噴射を利用する方法を聞き励まされた彼女が決意を新たにし、ソユーズの逆噴射のスイッチを押す前に「もう逃げない。地球に帰るわよ」と力強く放った 。

宇宙で散々な目に会い、死までも覚悟したライアンだが「もう逃げない。地球に帰るわよ」と言った彼女のセリフは、死んでいった全ての乗組員たちの魂が乗り移ったかのような力強い名セリフとなった。

『ゼロ・グラビティ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ハリウッドでは異例の”2人だけ”の出演

本作の出演者は、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの2人だけであるが、これはハリウッドの超大作映画では極めて異例のことである。
エンドロールにもブロックとクルーニーだけが“出演者”としてクレジットされている。ブロックは撮影を振り返り、「すべてが挑戦だった。話す相手も誰もいない、何も音がない状態が当たり前で、ジョージと同じシーンの撮影があったときもマイクを使っての会話でとても孤立している感じだった。」と語る。
因みに公開されたポスターは全2種類で、それぞれにブロックとクルーニーが大きくデザインされている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents