Cuphead(カップヘッド)のネタバレ解説まとめ

『Cuphead』とは、2017年9月29日にカナダのインディーゲームデベロッパーStudio MDHRから発売された2Dアクションシューティングゲームである。対応機種はPC、Xbox One、Nintendo Switch。1930年代のカートゥーンを手描きアニメーションにて再現したグラフィックと、可愛らしい見た目とは裏腹の高難易度が特色。主人公のカップヘッドとマグマンという2人の兄弟は、自分たちの命を掛けて、債務者全員の魂を回収する大冒険へと旅立つ。

『Cuphead』の概要

『Cuphead』とは2017年9月29日にカナダのインディーゲームデベロッパーStudio MDHRからPC、Xbox Oneにて発売された2Dアクションシューティングゲームである。メディアはダウンロード専売。後にNintendo Switchでも発売された。

本作では主人公のカップヘッドとマグマンのうち一人を選択し、19体ものボスと6面もの横スクロールステージ、そして霊廟と呼ばれるミニゲームステージを攻略していく。1930年代のカートゥーンを再現した手描きアニメーションでのグラフィックと、敵を倒す攻撃手段であるショットを6つのうちから2つ選びステージを攻略していく自由度の高さが魅力だ。
インクウェル島に暮らすカップヘッドとマグマンが、自分たちの命を掛けて、カジノ『デビルのカジノ』の債務者全員の魂を回収していくというストーリーとなっている。

『Cuphead』のあらすじ・ストーリー

Don't Deal with the Devil

ケトルじいさんの忠告を無視して、「デビルのカジノ」に入ってしまうカップヘッドとマグマン。

インクウェル島という魔法の島に暮らす、カップヘッドとマグマンの兄弟はある日、兄弟を世話して暮らしている物知りなおじいさん・ケトルじいさんの忠告を破り、カジノ『デビルのカジノ』に入ってしまう。

デビルとの賭けに負けた兄弟はデビルに命乞いをする。

そこで連勝して調子に乗っていた兄弟は、カジノオーナーのデビルからの「次の賭けに勝てたら、カジノの金品は全てくれてやる。ただし、負けたらお前たちの魂をいただく」という提案を受け、賭けに挑んでしまう。そして、勝負の結果、賭けに負けてしまった兄弟。何か別の方法で支払いが出来ないかと命乞いする2人にデビルは、カジノから逃げた債務者たちのリストを渡し、明日の12時までに債務者全員の魂を回収してくれば見逃してやると提案する。

「デビルのカジノ」を追い出され、ケトルじいさんの元へと急ぐ兄弟。

デビルのカジノを追い出された兄弟は大急ぎでケトルじいさんの元へ向かい、自分たちの命を掛け、債務者全員の魂を回収する冒険へと旅立つ。

カップヘッド兄弟に要求に応じるように提案するデビル

インクウェル島を巡り、債務者全員の魂を回収した兄弟は「デビルのカジノ」で再びデビルに対峙する。
ココでデビルからの要求に応じると、そのままバッドエンド。カップヘッドとマグマンがデビルの支配下となってしまう。
要求を拒否すると、デビルとの決戦が始まる。
デビルとの決戦を制することが出来れば、ハッピーエンド。債務者全員の魂を解放し、島に平和が訪れる。

The Delicious Last Course

インクウェル島とは別の島に訪れたカップヘッドとマグマン。
塩入り瓶のシェフ・ソルトベイカーに協力するために、新たな仲間であるミス・チャリスと共に冒険の旅に出かける。
(追加DLC。2019年発売予定)

『Cuphead』の登場人物・キャラクター

主要キャラクター

カップヘッド

赤い鼻がトレードマークの頭部がマグカップの少年。
デビルのカジノに負けてしまい、債務者全員の魂を回収する旅へと出かける。

マグマン

大きな青い鼻がトレードマークのカップヘッドの弟。
2Pプレイの時、2P側はこのキャラクターを使い攻略していく。
またアップデートにより、1Pプレイの際でも彼を選んで攻略できるようになった。

ケトルじいさん

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents