異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワールの提案により委員会を決めることになった。各々立候補をするがなかなか決まらず、結局またくじ引きで決めることになる。ベアトリスはロズワールがくじ引きを操作したことに気付いた。ロズワールは謎の言葉を残して去っていく。今回は「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』のあらすじ・ストーリー

場面は2組の教室。
ロズワール「学園生活にも慣れてきたようで、先生は嬉しいよー。皆も顔が一致したころかーな。なのでそろそろ、クラス委員を決めようじゃーなーいか」

委員長にアインズを推薦するアルベド

ロズワール「まずは委員長と副委員長を決めようかーな」
アルベド「先生!」
そう言って、手を挙げるアルベド。
ロズワール「なーにかな。アルベド君」
アルベド「アインズ様こそが委員長にふさわしいですわ」

アインズが委員長になることに反対するアクア

アクア「反対!反対!反対!反対!アンデッドが委員長なんて、この私が絶対許さないわ!」
ロズワール「じゃあ、君が立候補してくれるのかーい?」
アクア「そうよ。まあ仕方ないわね、生まれながらに人々を導く定めだもの」
アルベド「何を言っているの、このブス!」
アクア「ああ!?」
アルベド「だってね、こんな頭のおかしいブスが委員長になるだなんて、失笑ものでしょ」
アクア「ブスって言った。2回も言った!カズマー」
カズマ「はい、カズマです」
アクア「あのサキュバスがひどいこと言ってくる!?」
ダクネス「いや、アクア。あの程度は罵詈雑言とは言えないな。もっとレベルの高い言葉攻めは...」
カズマ「ダクネス分かった。黙れ」
ロズワール「じゃあ、委員長の立候補はアインズ君とアクア君、他にはいないかな?」

エミリアを委員長に推薦するスバル

ターニャ「(こんなおかしい連中だらけのクラスで委員長をやるなど、最前線に出るも同然。立候補なんかするものか)」
エミリア「わ、私も、り、立候補します」
ロズワール「うーん」
エミリア「み、みんなが仲良くできるクラスにしたいから」
スバル「じゃあ俺は、エミリアたんを委員長にして見せる。ロズッチ(ロズワール)先生、選抜方法は?選挙とか?」
ロズワール「くじ引きだよ」
スバル「またくじ引き」
ロズワール「またくじ引き」

ターニャにヴァイスたちの発言についての意見を求めるターニャ

エミリア「私が委員長に選ばれた、エミリアです。頑張りますのでよろしくお願いします」
くじの結果、当選したのはエミリアだった。副委員長はアインズとアクアとなった。
スバル「ふふーん」
ラム「やり遂げた男の顔をしているけど、バルス(スバル)は何もやっていないわよ」
アルベド「こんな不正認めません!どうしてあんな小娘が委員長で、アインズ様が副委員長なんですか」
ロズワール「そうは言っても、公平なくじの結果だーしね」
アルベド「しかも、あのブスまで副委員長」
アクア「また言ったわね。こっちだってあんな骸骨野郎願い下げよ!そもそも、副委員長なんてやりたくないもん」
ロズワール「じゃあ、副委員長のポストが1つ空いてしまうねーえ」
アルベドとシャルティアがはっとした表情になる。
アルベド「では私がやります」
シャルティア「では私がやるでありんす」
意見が重なったことによりにらみ合うアルベドとシャルティア。
アウラ「待ちなよ。あたしだってアインズ様と一緒がいいんだからね」
マーレ「私も」
ケーニッヒ「なあ、ノイマン」
ノイマン「ん?」
ケーニッヒ「骸骨でもハーレムなんだぜ」
ノイマン「ああ」
ケーニッヒ「男として、悲しくなるよな」
ノイマン「だな」
グランツ「マジで羨ましいっす」
ヴァイス「帝国軍人はそんなあからさまに欲しがらない」
ケーニッヒ「じゃあ、大尉殿は羨ましくないと?」
ヴァイス「羨ましくない、と言えば嘘になる」
グランツ「ですよね」
ノイマン「だな」
ヴィーシャ「本当にうちの男どもは、どうしていつもこうなんでしょう」
ターニャ「まあー、そういう欲求が強いくらいが戦場では役に立つものだ」
ヴィーシャ「そうなんですか」
ターニャ「うん、そうなの」
スバル「(どこの世界も、幼女は知った口を利くものだろうか)」
ベアトリス「口を開かなくても、何を思ってるかわかるかしら」

副委員長をくじ引きで決めることに同意するアインズ

ロズワール「はーい。はいはいはーい。君たち、らちが明かないので、もう後はくじ引きにするよー」
アインズ「それでいこう!いいな、皆の者」
アルベド「はい」
シャルティア「はい」
アウラ「はい」
マーレ「はい」
スバル「返事はえーな、おい。」
副委員長に決まったのは、アルベドだった。
また、飼育委員にスバル、アウラ、アクア、風紀委員にターニャ、デミウルゴス、カズマ、給食委員にラム、ヴィーシャ、図書委員にベアトリス、マーレ、体育委員にコキュートス、ダクネス、ヴァイス、ケーニッヒ、ノイマン、保健委員にレム、シャルティア、放送委員にめぐみん、ヴァイスが決まった。
アルベド「よっしゃー!」
ロズワール「君たちは当面、このチームで班を組んでもらうよ」
アクア「え、本気で」
カズマ「あんまりってか、話したことない人しかいないんですが」
ロズワール「最初は誰もが話したことないもんだーよ」
そう言って教室を出ていくロズワール。
デミウルゴス「仕方ないですね。」
マーレ「ん?」
デミウルゴス「ですが、これは逆にチャンスとも言えましょう。」
アウラ「チャンス?」
デミウルゴス「この振り分けを見てください」
そう言って、役員が誰になったかを示す紙を提示するデミウルゴス。
デミウルゴス「守護者たちが見事にバラけました」
シャルティア「それが何かありんすか?」
デミウルゴス「アインズ様はおっしゃいました。当面、学園生活を遵守せよと。この当面という言葉の意味を考えなくてはなりません。」
アインズ「え?」
デミウルゴス「アインズ様の世界征服を実現するというご命令が今も変わらぬ以上、不確定要素が多いこの状況で考えなしに動くことは愚策。それゆえ、アインズ様は各陣営の情報収集と利用を考えていらっしゃるのです」
アインズ「え?」
デミウルゴス「言い換えれば、これは偉大なる御方に仕える者の責務にして、アインズ様の希望に添える域に達しているか、アピールできる好機ではないでしょうか」
コキュートス「つまり、それぞれの委員で結果を出せ、とアインズ様はおっしゃっている」
デミウルゴス「そのとおり」
シャルティア「わかったでありんす。このシャルティア、保健委員を完璧にこなして見せるでありんす」
教室内の会話を教室の外で聞いているロズワール。
ロズワールが立ち去ろうとしたとき、ベアトリスが立ちふさがった。
ロズワール「ベアトリス。どうしたのかーな」
ベアトリス「話があるのよロズワール」
ロズワール「先生だーよ」
ベアトリス「あれで公正なくじ引きなんて笑わせるんじゃないかしら」
ロズワール「それはどういうことかーな」
どうやらロズワールはくじを操作しているようだった。
ベアトリス「何を企んでるのかって話なのよ」
ロズワール「企む?そんな無意味なことはしないとーも」
ベアトリス「それはどういう意味かしら?」
ロズワール「結局は決められた役割をこなすしかないのさ。君も...私も...」
ベアトリス「ちょっと待つのよ、ロズワール」

独り言をつぶやいているカズマ

次の日。カズマは教室でうずくまっていた。
カズマ「(お父さんお母さん、カズマです。僕は死んだと思ったら、ダメ女神、略して駄女神とどうしようもない異世界で、どうしようもない連中と一緒に生活していました。でも今、なぜか別の異世界に行ってしまったようで、学園生活を送る羽目になっています。登校拒否になっていた僕が学校に行っているだなんて、今の二人が見たらさぞ驚かれるでしょうね。でも、一つだけ言わせてください、ここにいる連中どう見ても学生じゃないんです、本当におかしいんです)」
うずくまるカズマの傍らには、ターニャとデミウルゴスが立っていた。
ターニャ「どうしたんだ...サトウ・カズマだったか?」
カズマ「(同級生に幼女がいるんです!同級生に悪魔がいるんです!)」
ターニャ「で、何時までそこに寝ているんだ?」
カズマ「なんか動けないんですけど!」
デミウルゴス「(支配の呪言が効かないとは…)」

~回想~
デミウルゴス「ひれ伏しなさい」
カズマ「ぐっはあー」
そう言って、床に倒れ伏すカズマ。
カズマがうずくまっているのはデミウルゴスの仕業だった。デミウルゴスはターニャにも支配の呪言を掛けていたが、ターニャには効果がないようだった。
〜回想終了〜

デミウルゴス「(この世界は少々、力関係が複雑なようですね)面を上げてよし」
カズマ「な、なんだったんだ」
立ち上がれるようになるカズマ。
デミウルゴス「大丈夫ですか?気分が悪いようでしたら横になったほうがいいかと」
カズマ「そうさせてもらおうか...」
ターニャ「そんなペースでは日が暮れてしまう。立て」
カズマ「え?いまなんと」
ターニャ「立てと言ったのだ」
強制的に立ち上がらせられるカズマ。
デミウルゴス「この人間、支配の呪言のようなものを」
ターニャ「私が風紀委員長になったからには、緩い世界などゆるさん!」
デミウルゴス「ほお」
ターニャ「規律だ!規律の先に自由、そこを徹底してやる」
デミウルゴス「それはいい考えですね。そのためにはルール作りをしなくてはなりません」
ターニャ「ああ、細かく定めていくとしよう。時に、貴君はなかなか話ができそうだな。さすがはアインズ君の仲間だ」
デミウルゴス「あなたこそ、さすがはアインズ様がお認めになられるだけのことはありますね」
カズマ「(ああ、お父さん、お母さん。僕はまた登校拒否になってしまいそうです)」

場面は変わって校庭には、体育委員会のメンバーが集まっていた。
コキュートス「僭越ながら、私が体育委員長を務めさせていただく」
ケーニッヒ「確かに、一番身体能力高そうだからな」
ノイマン「だな」
ダクネス「で、どんなことをする?体に縄を括り付けて吊るすか、いやそれよりもジャイアントトードの口の中でドロドロに」
コキュートス「娘」
ダクネス「なんだ?見るからに狂暴そうな体育委員長」
コキュートス「なんだその呼び名は」
ダクネス「その4本の腕は何のためにある!私の両手両足を押さえつけるためにあるのだろう。そしてお前は言うのだ『これで体の自由は奪った。泣いて謝ってももう遅い』だが私は負けない。しょんな私に、お前は冷気をかけていくのだ。体の柔らかい部分を重点的に...柔らかい..敏感なところを...重点的に...」
身もだえるダクネス。
コキュートス「何を言っているんだ」
ケーニッヒ「これ何が起きているんだ」
ノイマン「わからない」
ヴァイス「ダクネスさん、コキュートスさんが困って...」
ダクネス「だぁぁぁああ!貴様、同じ人間種であるというのに、異形の者と手を組み、その屈強な腕と眉毛で私を慰み者にしようというのか」
ヴァイス「なぜそうなる」
ケーニッヒ「今、屈強な眉毛って言ったか」
ノイマン「言ったな」
ダクネス「くっころ」

「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の感想・考察

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ターニャが自身を異世界に転生させた存在Xがアインズなのではないかと疑ったことで一触即発状態になってしまったアインズとターニャ。 しかし、アインズがターニャに日本にいたことがあるかを確認したことをきっかけに状況は一変する。 一方、スバルもカズマのサトウ・カズマという名前から自分と同じ異世界転移された日本人ではないかと疑いを持つ。 今回は「異世界かるてっと」第4話『邂逅!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ある日、カズマたちのもとに謎のボタンが現れた。時を同じくして、アインズ達のもとにも謎のボタンが現れた。異世界に転移してしまった一行は学園生活をおくることに。2組に案内された一行を待っていたのはターニャ達であった。各々が異世界に転移してしまった理由を考えていたところ、ナツキ・スバルたちが遅れてやってきた。それぞれのキャラクターが様々な反応を見せる中、ルーデルドルフが学園生活の始まりを宣言する。 今回は「異世界かるてっと」第1話『集結!かるてっと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

唐突に始まった学園生活。担任は『Re:ゼロから始める異世界生活』にも登場するロズワール。スバルはロズワールに学園生活の意図を尋ねるもはぐらかされてしまう。アインズは学園から抜け出そうとするが、ロズワールに「校則違反になってしまう」と警告される。 今回は「異世界かるてっと」第2話『緊迫!じこしょうかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第3話『膠着!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園生活を拒否することはこの世界を崩壊させることにつながるのではないか、とデミウルゴスが提言する。 とりあえずは学園生活を送るしかないと覚悟を決める一同。 そんな中、ターニャは同級生の中に、自分を異世界に転生させた自称神こと「存在X」がいるのではないかと疑いを持ち始める。 今回は「異世界かるてっと」第3話『膠着!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

幼女戦記(Saga of Tanya the Evil)のネタバレ解説まとめ

幼女戦記(ようじょせんき)とは、カルロ・ゼンによるライトノベル・オンライン小説および株式会社NUT制作のアニメーション作品。 第一次、第二次世界大戦中のヨーロッパの情勢によく似た、魔法と科学が息づく異世界が舞台となっている。この世界に日本人のサラリーマンとして生きていたある男が「幼女」として「帝国」と呼ばれる国に転生し、「帝国」の魔導士として「協商連合」や「連邦」などの敵と戦っていく。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ、Re:Zero)のネタバレ解説まとめ

Re:ゼロから始める異世界生活は、長月達平(ながつきたっぺい)がWEBサイト「なろう小説」に投稿したライトノベル。およびそれを原作とした小説・アニメ・漫画作品。突如、異世界に召喚された引きこもりの少年・ナツキスバルが、唯一与えられた能力「死に戻り」の力を使って、終わりのない死の運命に抗い続ける物語。

Read Article

オーバーロードII(第8話『少年の思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

子供に暴力を振るっていたチンピラを撃退したセバスは、セバスの腕前を見て教えを乞おうとしたクライムとブレインと知り合った。そんな三人を暗殺者達が襲う。尋問によって暗殺者達がツアレを処分しようとした娼館の主人サキュロントの手先だと知ったセバスは、クライムとブレインを連れて娼館へと乗り込むことにするのだった。 今回は「オーバーロードII」第8話『少年の思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

蒼の薔薇のイビルアイとデミウルゴスの戦闘中、突如空からアインズ扮する冒険者モモンが降ってくる。アインズは冒険者としての立場を貫き、自分の部下であるデミウルゴスと戦闘を開始する。 そして、アインズと戦う演技を終わらせたデミウルゴスはアインズに自分達の有用性を認めて貰う為の計画を進行し、王都はデミウルゴス率いる悪魔の軍勢と王国の軍や冒険者達との決戦の地になるのだった。 今回は「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

リザードマン達は死ぬことが分かっていながらもコキュートスとの戦いに臨んだ。圧倒的な力の差がありながらも果敢に戦って死んだザリュースに感銘を受けたコキュートスは、彼を生き返らせて貰えるようにアインズに頼む。 今回は「オーバーロードII」第5話『氷結の武神』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

セバスはクライムとブレインと共に、王国の裏組織「八本指」が経営する娼館に襲撃すること決める。セバスは巡回使としてセバスをゆすったスタッファンを殺し、クライムとブレインは六腕と呼ばれる八本指の戦力の一人サキュロントと、八本指の奴隷部門長のコッコドールの捕縛に成功する。そして、王女ラナーはこの娼館襲撃を機に他の八本指の拠点を潰す為に動くことを決意するだった。 今回は「オーバーロードII」第9話『舞い上がる火の粉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

黒雲から現れたモンスターに宣戦布告されたリザードマン部族のグリーン・クロー。族長の弟ザリュースは、相手の計算を狂わせる為に他のリザードマン部族を仲間に引き入れることを提案する。そして説得が難しいとされたレッド・アイ族とドラゴン・タスク族へ自ら使者として旅立つのだった。 今回は「オーバーロードII」第2話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦闘を開始すると、他者の目の届かないところでデミウルゴスに計画の全容を聞く。計画の利点は四つあり、財の強奪、住民の誘拐、八本指襲撃の隠れ蓑、そしてデミウルゴス扮する大悪魔ヤルダバオトを倒すことでモモンの名声をさらに高めるというものだった。ヤルダバオトを撃退した冒険者モモンは、計画通り最強の戦士としての名声を得るのだった。 今回は「オーバーロードII」第13話『最強最高の切り札』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国で情報収集を行っていたナザリック地下大墳墓の執事セバスは、道端に捨てられた傷だらけの女性ツアレを拾い介抱する。しかし、ツアレは王国を裏で牛耳る八本指という組織の運営する店の奴隷であり、彼女を処分する為に八本指が動き出そうとするのであった。 今回は「オーバーロードII」第6話『拾う者、拾われる者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツアレを勝手に助けた為に謀反を疑われたセバスは、アインズに尋問される。無罪を証明したセバスは、ツアレのことも助けて欲しいとアインズに嘆願し、ツアレはナザリック地下大墳墓の仲間として迎え入れられることになる。 しかし、セバスのことを恨む王国の裏組織「八本指」にツアレが攫われてしまい、アインズはツアレ奪還の為にナザリック地下大墳墓の戦力を動かすことを決めるのだった。 今回は「オーバーロードII」第10話『王都動乱序章』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

説得は難しいとされたレッド・アイ族に続きドラゴン・タスク族も仲間に引き入れ万全の状態に至ったリザードマン達。そんなリザードマン達を蹂躙すべくコキュートスはアンデッドの軍勢へ進軍の命を出す。しかしその結果はコキュートスの意に反し、リザードマン達の勝利という形で終わることとなる。 今回は「オーバーロードII」第3話『集う、蜥蜴人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の動乱からしばらくして、ナザリック地下大墳墓でアインズ・ウール・ゴウンは部下達を集め、働きを称え褒美を与えていた。NPC達の期待を裏切らぬようアインズは支配者を演じる一方で、働き続ける彼らの意識を変えたいと考えていた。女性守護者には休暇を与え、男性守護者には回覧板を回すが、図らずも第9階層の大浴場に集合してしまった。女湯で騒動が起き休暇の予定が中止となってしまうのだった。 今回は「オーバーロードIII」第1話『支配者の憂鬱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第7話『蒼の薔薇』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の王女ラナーは友人であり最高位の冒険者のラキュースに頼み、王国に巣食う裏組織の八本指を退治する為に行動を起こそうとしていた。その頃、王国に潜伏していたセバスは、拾ったツアレの心の傷を癒そうとしていたものの、ツアレをだしにツアレの元の主人に金銭を強請られてしまう。そんなセバスに不信感を抱いたソリュシャンは、アインズに、セバスに裏切りの可能性があると密告するのだった。 今回は「オーバーロードII」第7話『蒼の薔薇』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズと同じ元ユグドラシルプレイヤーを示唆させる存在、そしてナザリックに脅威をもたらす可能性のある存在が登場する。 アインズは戦力強化の為に実戦経験をさせようと、付近に生息しているリザードマンの部族との戦争をコキュートスに命じる。 今回は「オーバーロードII」第1話『絶望の幕開け』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

裏組織「八本指」を潰す為に王国とナザリック地下大墳墓の二つの勢力が動き始める。セバスはツアレ奪還の為に再びクライム達と共闘することにする。一方で戦闘メイドのエントマは、蒼の薔薇のガガーランと鉢合わせしてしまい戦いを開始する。ガガーランは仲間のティアとイビルアイの援護によりエントマを追い詰めるものの、デミウルゴスが扮する悪魔「ヤルダバオト」が現れ戦況は一変するのだった。 今回は「オーバーロードII」第11話『ヤルダバオト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

アンデッド軍との戦いに勝利したリザードマン。そんな彼らの前に絶対的な力を見せつけ現れたアインズは、今度は部下のコキュートス一人で攻めさせると言う。アインズ達との力の差に圧倒されたリザードマン達は死を覚悟する。 今回は「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフまとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

ゲーム好きのひきこもりが異世界で勇者に!『この素晴らしい世界に祝福を!』

2016年冬に放送されていたアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』に関する記事です。この作品は、不慮の事故で死んでしまった引きこもりの主人公が異世界へ転生して個性的なパーティメンバーと共にたくさんのトラブルに立ち向かう物語です。この記事では、主人公をトラブルに巻き込ませるパーティメンバーについて紹介します。

Read Article

”死に戻り”能力は万能じゃなかった!?「Re:ゼロから始める異世界生活」ってどんなアニメ?

死して時間を巻き戻す能力を手にした菜月スバル。彼が異世界で唯一手にしたこの力は、一見すると無敵に見えました。しかしこれにはある種「死」よりも残酷な結末が待ち受けていて…!? 今まであったようで無かった異世界ものアニメ。長月達平さんによる6000万PV超えのweb小説が原作のRe:ゼロから始める異世界生活、略して「リゼロ」をあらすじ&1話無料動画でご紹介します!

Read Article

目次 - Contents