寄宿学校のジュリエット(Boarding School Juliet)とは

Ogp 3

『寄宿学校のジュリエット』とは、金田陽介による漫画作品。2015年8月号~2017年7月号まで『別冊少年マガジン』で連載し、その後『週刊少年マガジン』に移籍。2018年にライデンフィルム製作でアニメ化。本作はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を翻案し、対立する東和国の少年「犬塚 露壬雄」とウェスト公国の少女「ジュリエット・ペルシア」の恋模様を描いた作品。ある日、露壬雄がペルシアに告白したことで、二人は敵同士でありながら秘密の恋仲になる。

『寄宿学校のジュリエット』の概要

F941a188 s

『寄宿学校のジュリエット』とは、金田陽介の漫画作品。
2015年から2017年まで『別冊少年マガジン』で連載し、2017年43号から『週刊少年マガジン』へ移動。
2018年にライデンフィルム製作でアニメ化。

2017年「第41回講談社漫画賞」少年部門にノミネート。
同年「第3回 次にくるマンガ大賞」コミックス部門で14位を獲得。

本作は「ウィリアム・シェイクスピア」の戯曲『ロミオとジュリエット』を翻案した作品。
そのため、主人公「犬塚 露壬雄(いぬづか ろみお)」とヒロイン「ジュリエット・ペルシア」にはロミオとジュリエットの名が入っている。
二人は対立する東和国とウェスト公国の国民で、両国の生徒が通う「ダリア学園」の生徒である。
敵対する国の人間との恋愛は御法度とされているが、露壬雄はペルシアに片想いをしてしまう。
露壬雄はペルシアに積年の想いを告白し、露壬雄の告白に心をうたれたペルシアは告白を受け入れ、二人は秘密裏に交際をしていく。
結ばれてはいけない露壬雄とペルシアは、人目を忍んで逢引し関係を深め、時にはライバルとして激しくぶつかり合っていく。
美少女が沢山登場するラブコメであるが、個性的で憎めない男性キャラクターも数多く登場し、激しいギャグ要素も満載。
東和の生徒が属する「黒犬の寮」の生徒は犬の名前が入り、ウェスト公国の生徒が属する「白猫の寮」の生徒には猫の名前が入っている。

同級生のリーダーであるペルシアは凛々しく男に負けない強さを持っているが、鈍感な露壬雄に対して幾度もいじらしい態度を見せる。
フリーライターの「立花もも」からは「反則なまでにいじらしく、読む者はみな陥落させられてしまう」と評された。

『寄宿学校のジュリエット』のあらすじ・ストーリー

露壬雄とペルシアが恋人になるまで

0411af67 s

対立する「黒犬の寮(右)」と「白猫の寮(左)」。

「東和国」「ウェスト公国」という二つの国があり、その中間にある学園「ダリア学園」には両国の生徒が通っている。
東和国の生徒は黒い制服を纏い、「黒犬の寮(ブラックドギーハウス)」という寮に住む。
一方、ウェスト公国の生徒は白い制服を纏い、「白猫の寮(ホワイトキャッツハウス)」という寮に住んでいる。
東和とウェスト公国は、表向きは友好条約を結んではいるが実際には対立関係にあり、黒犬と白猫も対立し、顔を合わせれば争いが起こるのが日常茶飯事であった。

主人公「犬塚露壬雄」は、黒犬の寮の高等部1年生のリーダーを務めている。
仲間から頼られる存在である露壬雄であるが、実は兼ねてから重大な秘密があった。
それは白猫の寮の高等部1年生のリーダー「ジュリエット・ペルシア」に片想いをしていたのである。
リーダー同士二人はライバル関係にあったが、露壬雄はいつからかペルシアに惹かれ、ずっとその気持ちを隠して生きていた。
敵対する者同士である二人が恋仲になることなど御法度である。
だがそれでも気持ちを隠し続ける事に限界を感じる露壬雄は、ペルシアに想いを伝える事を決意する。
黒犬の「丸流千鶴」「古羊英悟」「土佐健斗」は生意気な露壬雄に反発心を覚えており、自分達の手でペルシアを倒そうと考えていた。
ペルシアは丸流たちに捕まり服を破かれる辱めを受けるが、露壬雄が割って入りそれを止める。
しかし催涙スプレーをうけて視界が悪かったペルシアは、露壬雄が自分を襲ったのか、それとも助けてくれたのか判断が付かず、露壬雄に果たし状を送り、夜に人気の無い場所に呼び出した。
ペルシアは襲ったのが露壬雄であれば真剣での決闘を申し込むと言い、助けたのであればその理由を教えるように言う。
そして「もし、助けた理由が単なる同情だとしたら…それは、私にとって襲われるのと同じくらいつらい」と言う。
ペルシアは露壬雄を対等なライバルだと思っていたが、どうも露壬雄はペルシアに対して手加減している所が見受けられていた。
「男にも負けない」「他の貴族にも見下されない強さを自ら身につけ、現在のウェスト公国の在り方を変えよう」と思っているペルシアにとって、露壬雄の手加減は自分を馬鹿にしてる行為であった。
露壬雄は自分の半端な気持ちがペルシアを傷つけているのだと気づき、ペルシアと本気の勝負をすることにした。
剣を交えながら露壬雄はペルシアに告白する。
驚いて赤面しつつも初めは敵同士だからと跳ね除けていたペルシアであるが、露壬雄の「お前と一緒にいられるなら、こんな世界変えてやる!」という言葉に心を動かされる。
ペルシアは女性であるが故に親の爵位を告げない事に疑問を覚え、武勇や教養を身につけて偉くなり世界を変えようとしていた。
そのペルシアが一番望む、「世界を変える」という言葉を露壬雄は口にしたのである。
ペルシアは「そんな大それたこと、あなた一人でできるわけないでしょ!」「だから私も、手伝ってあげるわよ」「付き合ってあげるから、世界が変わるところを見せてちょうだい」と言って露壬雄の告白を受け入れ、二人は付き合う事になった。
露壬雄はペルシアに嫌われていると思っていたため、まさか付き合って貰えるとは思わずに感動して号泣してしまう。
こうして二人は秘密の恋人になった。

8450f627 s

露壬雄の本気の告白に心を動かされたペルシア。

恋人になってからも露壬雄とペルシアの表立った関係は変わらず、皆の前では黒犬と白猫のリーダーとして対立する関係でなくてはならない。
露壬雄は積年の想いが叶ったため浮かれており、寮同士の戦いの最中にペルシアを人気のない所に連れて行き、ペルシアともっと会話しペルシアを理解したい事を伝える。
しかし黒犬と白猫というだけで対立するダリア学園で、学年リーダーの二人が親しげに会話する事などは不可能であった。
露壬雄はペルシアに「愛してる」と伝えたかったが、そこに黒犬で露壬雄の親友「狛井蓮季」が現れたため、「あい…アイアンクロー!」と誤魔化し、ペルシアにアイアンクローをかけてしまう。
露壬雄はこの事を詫びるために、付き合い始めた記念にペルシアに何かプレゼントしたいと考え、ウェスト公国の国民が皆持っているロザリオを買いペルシアに渡すことにした。
そしてペルシアにこっそりと接触しプレゼントを渡そうと試みるが、やはり人目のある昼間の学園ではプレゼントを渡す事は叶わず、露壬雄は白猫と戦っている間にロザリオを壊してしまう。
露壬雄は白猫との戦いで学校の石像を壊してしまったため罰として夜一人で草むしりし、壊れたロザリオを湖に捨てようとする。
するとペルシアが現れ、露壬雄に一緒にボートに乗ろうと言う。
ペルシアは露壬雄のポケットから無理やり壊れたロザリオを取り出し、昼間に露壬雄が自分に渡そうとしていた物がロザリオだったと知る。
そして自分が日頃身につけて居るロザリオを露壬雄に渡した。
ウェスト公国では皆がロザリオを持ち日々のお祈りに使い、親しい人間にロザリオを贈る習慣があり、ペルシアが持っていたのは入学時に母から貰った一番大事なロザリオであった。
露壬雄がプレゼントしようとしていた壊れたロザリオはペルシアが持ち帰り、ペルシアのロザリオを露壬雄が受け取った。
このロザリオの交換は二人が本当の意味で恋人になった証であり、交換したロザリオは二人が恋人であることの証明となる。

65012762 s

露壬雄からペルシアへ送ったロザリオ。

Bbbb5bb1 s

ペルシアから露壬雄へ送ったロザリオ。

シャルの登場

36121326 s

男装したペルシア「ジュリ男」。その愛らしさから男の子だと思い込んでいる男子生徒の心を惑わした。

学園の近くにあるダリアタウンは、東和とウェスト公国の友好の証に作られた街である。
ダリア学園は三ヶ月に一度外出日があり、生徒達はこの日ダリアタウンに遊びに行くことが出来る。
露壬雄は折角の外出日だからペルシアとデートがしたいと考え、ペルシアに男装させるアイディアを出す。
無理だというペルシアだったが、露壬雄に絆され当日男装し「ジュリ男」と名乗り、露壬雄の後輩という設定で黒犬の生徒の変装をする。
露壬雄には綿密なデートプランがあったが、他の黒犬の生徒に邪魔され、予定外にラーメンを食べに行ったり、おばけ屋敷に入り怯えたペルシアが一人でどこかに走り去ってしまったりして、デート失敗だと思い海辺でへこんでしまう。
そこへ丸流・古羊・土佐の通称三バカが現れ、露壬雄に反発心がある丸流は露壬雄を海へ突き落とす。
露壬雄は泳げない上に丸流に足で頭を押さえつけられ溺れていると、そこにジュリ男が現れ丸流を背負い投げして倒し露壬雄を救う。
ジュリ男を女だと見抜いた丸流であるが、ジュリ男の凛々しさに感服し、その場を去った。
ペルシアがおばけ屋敷で逃げたまま帰ってこなかったのは、ウィッグが暑くてトイレで一端外してただけであり、ペルシアはデートが失敗だったとは全く思っていなかった。
ペルシアはデートとはお互いの事をより知り理解する事だとし、他の黒犬の生徒達から普段の露壬雄は無口で常に近寄るなオーラを出しているという事を教えてもらったことなどから、露壬雄が自分に見せない他の側面を知れたと喜ぶ。
二人が良いムードになっていると、ペルシアの側近「スコット・フォールド」が現れ、二人はまた戦っている演技をせざるを得なかった。

9988cfe3 s

暴君の名を持つウェスト公国の王女シャルの登場。

露壬雄とペルシアが付き合い始め一ヶ月が経とうとしていた。
露壬雄は交際一ヶ月記念を二人で祝いたいとペルシアに持ちかけ、二人は三日後に記念を祝う約束をした。
丁度その頃、家の事情で学校を休んでいたウェスト公国の王女でペルシアの同級生「シャルトリュー・ウェスティア」が登校してきていた。
シャルはその奔放で我侭な性格から「暴姫(タイラント・プリンセス)」の異名を持っていた。
シャルは先日のペルシアと露壬雄のデートを目撃しており、二人が恋人同士である事を知っていた。
しかもシャルは二人が一緒にいる証拠写真を撮っており、露壬雄に対して自分の犬になるならペルシアとの仲は皆に秘密にすると言い出した。
もし二人の関係がばれたら露壬雄だけではなく、ペルシアも格国の裏切りものとされ地位や人望を失ってしまい、それはペルシアの「世界を変える」という夢を潰す事にもなる。
黒犬リーダーとしてのプライドがある露壬雄であるが、ペルシアとの関係を持ち出されては抵抗ができず、シャルの犬として命令をひたすら聞かなければならなくなってしまった。
シャルは初めから露壬雄を追い込むことが目的のようで、笛を吹いて時間も場所も関係なく露壬雄を呼び出し、他の生徒達の前で露壬雄をこき使った。
そのため露壬雄は黒犬たちから失望され人望を失い、白猫に寝返った裏切り者として寮を追い出されてしまう。
本来は黒犬の裏切り者としてリンチされるところであったが、人望のある蓮季がそれを止めたため追い出されるだけで済んでいた。
様子がおかしい露壬雄に対してペルシアはあえて深い追及はしなかったが、なかなか自分を構ってくれない露壬雄に対し三日後の記念日は忘れないように言う。
しかし露壬雄とペルシアが会話しているとシャルの笛が鳴り響き、露壬雄を呼びつける。まるで二人を会話させたくないようであった。
ペルシアとシャルは幼馴染で、ペルシアはシャルのお目付け役をしており昔から仲が良かった。
だがシャルが学校へ復帰してからは何処か距離を感じていた。
シャルに振り回されペルシアとの時間が取れず、そのせいでペルシアに悲しい思いをさせている事に気づいた露壬雄は、逆にシャルの弱味を握って脅すという作戦を思いつく。
露壬雄は校長のフリをしてシャルを校長室へ呼び出し、その間にシャルの部屋に入って脅すネタを探していた。
しかしシャルはそんな作戦には騙されず、露壬雄が部屋に侵入しているのに気づいて部屋に入ってきた。
露壬雄は咄嗟に外に出ようと飛び込むように窓に体当たりするがそれは窓ではなく鏡で、しかしその鏡は隠しドアになっており偶然にもシャルの隠し扉を発見する。
扉の中には沢山のペルシアの写真があり、露壬雄はシャルがペルシアの事が好きなのだと気づいた。
露壬雄は「こんなに大量の写真を持ってると知ったらペルシアはどう思うかな?かな~?一国の王女が盗撮魔と知ったら白猫のヤツらはどう思うかな~?」とシャルを脅す。
そして「本当の目的は俺とペルシアの邪魔をして破局させることだったんだろ?嫉妬してたんだろ!?」と追い詰める。
しかしシャルは「うるさいうるさいうるさい!私の気持ちを知ったふうに言わないで!ペルシアはいつだってこんな私と一緒にいてくれた、理解者で、友達で…私のいちばん大切な人なの!なのによりによって犬塚なんかに…そんなの…許せない!取らないでよ、私の大切な人…」と泣き出してしまう。
その姿を見て露壬雄はシャルが本気でペルシアの事が好きなのだと知る。
そこへシャルと相室のペルシアが戻ってきてしまい、散らばった沢山のペルシアの写真の片付けが間に合わず、シャルはペルシアに「気持ちを知られたくない」としゃがみこんでしまう。
露壬雄はシャルに時間稼ぎをさせてる間に写真を片付けて隠し扉に入り、何も知らないペルシアをやり過ごした。
ペルシアは上機嫌に「このあと約束がある」と話し、その約束とは露壬雄と会うことであった。
シャルはそれが露壬雄との約束である事を知りつつも、「そんな顔しちゃって。その用ってよっぽど大切なの?」と聞き、「なんだかペルシアがもう戻ってこない気がして」と続ける。
ペルシアは「何言ってるの?どんなことがあったって、ずっとそばにいるよ。シャルちゃんは私のいちばんの親友なんだから」と微笑んだ。
二人はかつてお互いを「ちゃん」付けで呼び合っていたが、学園に入ってからは立場上その様に呼び合う事がなくなっていた。
しかしまた「シャルちゃん」「ペルちゃん」と呼び合う仲に戻ることが出来た。
ペルシアが部屋を去った後、隠し扉にいた露壬雄は「好きって気持ちを隠さなきゃいけない辛さはよく知ってる」と言う。
シャルは、露壬雄と付き合ってる限りペルシアに危険が付きまとうとし、二人の交際を止めさせようと露壬雄を追い込みこき使ってペルシアと会わせない様にしていた。
しかしペルシアの幸せそうな姿を見て、露壬雄を脅すのを止めしばらくは二人を見守る事にした。

5d76a1b6 s

昔の仲に戻ることが出来たペルシアとシャル。

蓮季にペルシアとの関係を打ち明ける

C039ccc1 s

内気だった幼少の蓮季は、露壬雄と友人になり変わる事が出来た。

中間テストに向け、黒犬の寮ではテスト前三日間みっちり勉強する黒犬伝統の勉強合宿が行われていた。
勉強の指導・監督は学年主席の蓮季が行い、露壬雄も合宿に参加した。
蓮季は眼鏡をかけるとスパルタでドSな性格に変貌してしまう傾向があった。
ペルシアは露壬雄に合宿に呼び出され、ジュリ男として参加する事になった。
名門校であるダリア学園では、赤点を取ったら本国送りになってしまうため、蓮季は寮の人間がそうならないように頑張っていた。
蓮季は黒犬の寮の皆の事が好きであったが、それ以上に露壬雄の事を特別に想っており、蓮季の気持ちに気づいていないのは黒犬の寮では露壬雄本人くらいであった。
ペルシアが白猫の寮に帰ったあと、露壬雄の前に蓮季が現れ、最近様子がおかしい露壬雄に何か隠し事をしてないかと尋ね、何か悩みがあったら自分に言うように言った。
蓮季が去った後、ペルシアと露壬雄と監視していたシャルが現れ、蓮季にペルシアとの関係がばれないように気をつけるように言う。
露壬雄は蓮季は人の秘密を言いふらすような奴じゃないとしつつも、黒犬の寮を裏切る行為であるペルシアとの交際の事実を打ち明けたら、黒犬の寮が大好きな蓮季とこれまで通り友達で居られるかは不安であった。

幼い頃の蓮季は内気で友達が出来なかったが、露壬雄に勉強を教えた事で社交的になり現在の蓮季となった。
そのため蓮季は少しでも露壬雄の役に立ち肩を並べて歩けるようになりたいと丸流に語り、その会話を露壬雄は聞いてしまう。
露壬雄にとっても蓮季ははじめての友人であった。
露壬雄はそんな蓮季に隠し事をしていることが後ろめたくなり「どうしてそこまで俺のために」と蓮季に問うと、蓮季は「そんなの決まってるぞ。蓮季は犬塚のことが大好きだから」と答え、思わず告白してしまう。
露壬雄は蓮季に秘密を打ち明ける決心をし、蓮季にペルシアから貰ったロザリオを見せて「俺とペルシアはつきあってるんだ。だからお前の気持ちはうれしいけど応えられねぇ。それと今まで黙っててすまなかった」と言う。
蓮季は露壬雄が弱味を握られているのではなく本心でペルシアと付き合っているのだと分かると、動揺し即行皆に言いふらそうとして露壬雄に止められる。
そして自分と露壬雄は友人であるかと尋ね、黒犬の寮の掟「白猫ニ寝返ル又ハ恋仲ニナッタラ切腹」を見せて腹切りを迫り、自分は元友人として介錯をするという。
蓮季の変貌に露壬雄は困惑し、「お前はこんなことする奴じゃねぇだろ、いつもの蓮季なら…」と言いかけるが、「いつもの蓮季?蓮季は蓮季だぞ。どうせ蓮季は言いふらしたりしないとか、話せば分かってくれるとか都合よく思ってたんだろ?蓮季を…黒犬をあざむいてたなんて絶対許さない!犬塚は蓮季の手で粛清するぞ!」と言い、露壬雄に東和刀(真剣)を向ける。
露壬雄は友達でいられなくなるかもとは思っていたが、まさか蓮季にここまで憎まれるとは思っていなかった。
露壬雄は窓から寮を脱出し、近くの森へ向かった。
その姿を偶然目撃してしまったペルシアは露壬雄がまた面倒事を起こしている事に気づき、露壬雄を追いかけて合流した。

露壬雄が蓮季に秘密を打ち明けたことをペルシアに話していると蓮季が現れ、ペルシア諸共露壬雄を倒そうとするが、シャルが現れてペルシアを庇った。
シャルは蓮季とペルシアに二人が付き合ってたことを知ってたと打ち明け、蓮季に「あんたは許すのか?」と問われる。
それに対しシャルは「んなわけないでしょ~。ただ私はペルちゃんが危険な目に遭わないように見守るだけよ、友達として。そしてここに来た理由はもう一つ。犬塚をぶっ殺すためよ~。あれほど 忠告したわよねぇ?」と言う。
シャルは、露壬雄がペルシアを危険な目に会わせたら容赦しないと前から宣言していた。
露壬雄はペルシアを連れて逃げるが、ペルシアは逃げずに立ち向かおうと露壬雄に提案し、「あなたならなんだって変えられる!だってそうでしょ?あの日、私の心を変えたのは犬塚じゃない!」と言う。
その言葉を聞いた露壬雄は蓮季と向き合い、「お前がどんだけ俺を嫌おうと、裏切り者と罵ろうとずっと!お前と友達でいてぇって心の底から思ってんだ!」と本心を打ち明ける。
蓮季は構わず斬りかかるが、蓮季の持っていた刀は実はレプリカであった。
口では露壬雄の事を嫌いだと言って攻撃してきた蓮季であるが、露壬雄を本当に殺そうとはしていなかったのである。
一件落着かと思った次の瞬間、ペルシアが足を踏み外し崖から転落してしまう。
露壬雄はペルシアを助けるために崖に飛び込み、同じくペルシアを助けるためにシャルも飛び込み、露壬雄を助けるために蓮季も続いて飛び込んだ。
崖の下は川になっており、ペルシアはシャルに助けられ、露壬雄は蓮季に助けられた。
露壬雄が泳げない事を知っていた蓮季は、何故飛び込んだのかと露壬雄に言う。
露壬雄は「なんでって、ペルシアが危ねぇって思って気が付いたら跳んでて。理由なんかねぇよ」と答える。
蓮季は「そっか。蓮季が犬塚を思うのと同じくらい犬塚も…」と思い、露壬雄がペルシアに対して本気である事を理解した。
蓮季は「友達なんて都合のいいこと言って…今までどおりになんか行くわけないぞ!」と言って泣き出し、露壬雄に対して何度も嫌いと言いながら泣き続けた。
翌日、蓮季はいつも通りの蓮季に戻っており、露壬雄にもいつものように接してくれた。
露壬雄はその事に喜んだが、蓮季は「見逃したわけじゃないぞ。蓮季の目の前でいちゃついたら、容赦なくぶった斬るからな!」と言う。
露壬雄とペルシアの二人の秘密は、シャルと蓮季を含めた四人の秘密となった。

7df85d69 s

露壬雄がペルシアにずっと片想いしていたように、蓮季も露壬雄をずっと想っていた。

体育祭

630fff12 s

ペルシアと対立する白猫のアビ派たち。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents