ひとりぼっちの○○生活(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ひとりぼっちの○○生活』とは、カツヲによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。
極度の人見知り少女・一里ぼっちは、小学校までの唯一の友達・八原かいと交わした「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束のために友達を作ろうとする。しかし、コミュ障のぼっちには前途多難だった。約束から逃げてばかりのぼっちだったが、教室の前の席の少女・砂尾なことの出会いが、次第にぼっちを変えていく。脱ぼっち系日常コメディ。

『ひとりぼっちの○○生活』の概要

『ひとりぼっちの○○生活』とは、日本の漫画家であるカツヲによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。アニメ制作はC2Cが担当している。
アニメは2019年4月から放送を開始。監督は『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』『赤髪の白雪姫』など、様々な作品で演出を務めた安斎剛文、シリーズ構成・脚本は『たまこまーけっと』『こみっくがーるず』『ラブライブ!The School Idol Movie』などの脚本を担当した花田十輝が担当している。
原作者、カツヲは代表作『三ツ星カラーズ』で有名な漫画家である。原作は2013年9月27日よりKADOKAWAの漫画雑誌『コミック電撃だいおうじ』にて連載。2014年11月には単行本第1巻が発売された。

極度の人見知り少女・一里ぼっち。ぼっちは小学校時代の親友と交わした「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束を守るために友達作りを始めるが、コミュ障なぼっちには前途多難だった。約束を諦めかけていた時、ぼっちは教室の前の席の少女・砂尾なこと出会う。なことの交流は、ぼっちを少しずつ前向きに変えていく。脱ぼっち系日常コメディ。

『ひとりぼっちの○○生活』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『はじめての告白』

極度の人見知り少女・一里ぼっちは小学校時代の親友・八原かいと「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束をする。しかしコミュ障のぼっちは、入学式の日の最初の自己紹介から失敗してしまう。落ち込むぼっちだが、教室の前の席の少女・砂尾なこになんとか声をかけることに成功する。なこはぼっちの「友達になりたい」という真っすぐな思いを受け、ぼっちの最初の友達になった。

renote.jp

『ひとりぼっちの○○生活』の登場人物・キャラクター

主要人物

一里ぼっち(ひとり ぼっち)

CV:森下千咲
本作の主人公。極度の人見知りで人と話すのはとにかく苦手。人付き合いに慣れていないためか、どこかずれた言動をすることが多い。人を避けようと俊敏に動くため、走るのはなこよりも早い。心配性で、何をするにもまず作戦を立てる。
小学校時代の親友・かいと「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束をした。当初は約束から逃げてばかりだったが、なこと出会ってからは少し前向きになった。

砂尾なこ(すなお なこ)

CV:田中美海
ぼっちの中学最初の友達。席はぼっちの前。外見から怖いイメージを持たれがちだが、本当は優しくて友達思いである。
事ある毎に躓きがちなぼっちのフォロー役で、アルと共にぼっちの友達作りを見守っている。アルのことは、当初は笑顔が胡散臭いと警戒していたが、本当の彼女を知ってからはからかって遊ぶ仲になった。

本庄アル(ほんしょう ある)

CV:鬼頭明里
ぼっちのクラスの副委員長で、テニス部員。「完璧な副委員長」であろうとしているが、実態は何かと「残念」な少女。本性を知っているのはなことぼっちだけである。ハンガーが付いたままの制服を着ていたり、全身小学生スタイルで登校したりと、度々想像の斜め上を行く残念っぷりを披露する(なこ曰く「残念キャンペーン」)が、本人は気付いていない事が多い。
「まけるなアル かがやけアル」という自作のテーマソングがあり、よく口ずさんでいる。

ソトカ・ラキター

CV:黒瀬ゆうこ
金髪碧眼でスタイル抜群の外国人。ぼっちの弟子。忍者に憧れており、人を避け隠れて行動するぼっちを忍者と勘違いし弟子入りした。
手先が器用で、特技は折り紙である。

倉井佳子(くらい かこ)

CV:市ノ瀬加那
ぼっちのクラスの風紀委員。「体の乱れは、風紀の乱れ」をモットーにしている。小学生時代に仲の良かった友達に急に無視されるようになった経験が原因で、「友達を作らない主義」になった。ぼっちにとっては避けて通れない鬼門である。

その他のクラスメイト・学校関係者

Iolanthe
Iolanthe
@Iolanthe

Related Articles関連記事

ひとりぼっちの○○生活(第1話『はじめての告白』)のあらすじと感想・考察まとめ

極度の人見知り少女・一里ぼっちは小学校時代の親友・八原かいと「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束をする。しかしコミュ障のぼっちは、入学式の日の最初の自己紹介から失敗してしまう。落ち込むぼっちだが、教室の前の席の少女・砂尾なこになんとか声をかけることに成功する。なこはぼっちの「友達になりたい」という真っすぐな思いを受け、ぼっちの最初の友達になった。 今回は「ひとりぼっちの○○生活」第1話『はじめての告白』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

お姉ちゃんが来た(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『お姉ちゃんが来た』とは安西理晃による漫画作品。2014年にはアニメ化もされている。父親の再婚によって新しく出来た姉の過剰な愛情に振り回される主人公、水原朋也の日常を描いた作品である。日本ではまだ理解の浅いステップファミリー(子連れ再婚家庭)が題材となっており、新しい家族と壁を作っていた朋也が徐々に心を許し打ち解けていく反面、これまで見ず知らずの他人だった人間と「家族」になる難しさも描いており、テーマの深さも垣間見える作品となっている。

Read Article

三ツ星カラーズ(Mitsuboshi Colors)のネタバレ解説まとめ

『三ツ星カラーズ』とは、作者「カツヲ」による漫画作品。2014年から月刊コミック電撃大王で連載を開始。2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。「赤松 結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野の平和を守る秘密組織「カラーズ」を名乗り、上野にあるアジトを拠点に今日も活動する。カラーズは新に元盗人野良猫の「モノクロ大佐」をメンバーに加え、警察官の斉藤や雑貨屋のおやじ、パン屋の笹木姉妹などと交流していく。可愛いが悪ガキなカラーズと上野に住む大人たちの日常を描くギャグコメディ。

Read Article

はるかなレシーブ(Harukana Receive)の名言・名セリフまとめ

『はるかなレシーブ』とは、如意自在(にょいじざい)の漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。 英語の苦手な大空遥は親の海外赴任について行かず、祖父母と従姉妹の比嘉かなたが暮らす沖縄の家に引っ越す事にする。引越し当日、祖父母に着いた遥は沖縄の海の美しさに感動して海へ向かい、そこでビーチバレーと出会い楽しさを知る。 ビーチバレーを通して出来た仲間やライバル達と競い合い、競技者としてだけでなく、人としても刺激し合い成長して行く彼女達からは様々な名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents