無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

本作は、前作『無双OROCHI』より一カ月ほどたった世界が舞台となる。表向きは平和に見えるが、妲己達遠呂智軍の残党など、争乱の種は未だに残っていた。そんな中、妲己達を捕らえるべく仙界から太公望・伏犠・女媧がやってくる。さらに遠呂智に魅入られた半人半魔の僧侶・平清盛によって、古の青年武者・源義経がこの世界へ召喚された。彼らは各々の目的のために各勢力に味方する。やがて、倒したはずの遠呂智が復活する兆しが現れ、各勢力は再び協力して遠呂智に立ち向かう事となるのであった。
本作のストーリーモードは魏・呉・蜀・戦国・遠呂智の5つの勢力(シナリオ)に分かれている。前作のストーリーモードは各勢力がリンクしていたが、本作はほぼ完全に独立したストーリー構成となっているのが特徴である。また、遠呂智のシナリオは前作よりもさらに過去、つまり遠呂智が軍をまとめあげ、英傑達に攻め入るまでの話が描かれている。何故遠呂智が英傑達を異世界へ召喚し、前作の状況を作り上げたのかが、このシナリオで明かされる。
また、本作は無双シリーズでは初となる「前作からの正統な続編」である。そのため武将によっては、前作とは違う勢力にいることもある。例えば前作では呉と組んでいた徳川軍は、本作では蜀軍にいる。そして曹操や劉備のように、前作では最初は行方不明だったり、人質にされたりしていて出番があまりなかった武将が、本作では最初からストーリーに関わり、早くから使用可能となった。それに対して、前作では主役級の活躍だった曹丕などの武将は、前作に比べるとストーリーモードでの出番が控えめにされている。

魏のストーリーモード

前作では終盤でようやく登場した曹操が主役格。再び世が乱れる事を予感した曹操は、曹魏の守備を曹丕と曹仁に任せ、自ら軍を率いて各地の争乱を鎮めに向かう事を決意する。接近してきた謎の美女・女媧の曹操を試すかのような進言に従い、己の覇道で乱世をまとめるべく、各地の英傑達に檄を飛ばす。そして、彼らの協力を仰ぎながら勢力を拡大していった。やがて、曹操の覇道が揺るぎない事を確信した女媧は、妲己や平清盛が遠呂智を復活させようと目論んでいる事を明かし、協力を求めた。しかし遠呂智が復活してしまい、再び曹操達は遠呂智を倒すための決戦に挑む事になる。

呉のストーリーモード

前作では人質にされていたため、ほとんど出番がなかった孫堅が主役格。孫呉はつかの間の平和を満喫していた。しかし各地で動乱が起こり始めたため、孫策に調査を命じる。そんなある時、孫堅達は呂布に襲撃されていた青年武者・源義経を保護する。彼は、遠呂智に魅入られた半魔の怪僧・平清盛によって、この異世界に連れてこられたところ、たまたま出会った呂布と戦闘になったと言う。呂布を追うために、孫呉に協力を申し出る義経だが、孫堅は民を守る事を優先し、出陣を躊躇していた。しかし、情勢の深刻化もあって、これまで防衛に徹していた孫呉は動き出す。やがて遠呂智が復活し、孫呉は今度こそ完全に遠呂智を倒すべく、最終決戦へと向かうのであった。

蜀のストーリーモード

前作では人質として古志城に囚われていたため、物語にほとんど出てこられなかった劉備が主役格。遠呂智を討った後、劉備も戻り、平和を取り戻した蜀軍。劉備の妻の孫尚香も、劉備のそばについている。客将として招かれた徳川家康は、史書で仁君と名高い劉備に出会えて感動していた。そのそばには、前作で独自に反乱軍を率いて戦っていた本多忠勝もいる。しかし妲己をはじめとする遠呂智軍の残党は各地に隠遁していた。やがて妲己は遠呂智復活のために暗躍し始める。そして妲己の暗躍を阻止するために、仙界から降臨した太公望は、蜀軍の力を利用して妲己を捕らえようと画策し、劉備の元を訪れた。劉備は平和を守るため、諸葛亮に蜀の防衛を任せて自ら出陣する。その戦いぶりは、人間をあまり評価していなかった太公望の心をも動かした。人間の可能性を信じるようになった太公望と、その期待に見事に応え続けた劉備達蜀軍は、復活した遠呂智と最後の決着をつけるべく、共に最終決戦の地へと向かう。

戦国のストーリーモード

前作では流浪の軍師として各地の反乱軍を渡り歩き、孫策に孫堅の幽閉された場所を教えるなど、裏方としての活躍が多かった島左近が主役格。遠呂智亡き後の異世界での平和な日々を満喫し、気ままに旅していた島左近は、ある村で董卓の襲撃を受ける張角に遭遇し、再び世が乱れ始めている事を察知する。各地の諸将に同盟を呼びかけるべく行動を開始した左近に、彼の将器に目をつけた仙人・伏犠が近づき、陰になり日向になり彼を補佐した。左近の奮闘が実り、一致団結した諸将らは、妲己や清盛によって復活した遠呂智に最終決戦を挑む。

遠呂智のストーリーモード

前作『無双OROCHI』の前日譚にあたる物語。太古の昔に仙人達の主である天帝を殺害した罪によって、半永久的な地獄の世界に幽閉されていた遠呂智。しかし妲己の手引きで脱出した彼は、自らの力で三國・戦国を融合した異世界を創り上げる。己に挑む強者を求め、ひたすら侵攻を繰り返す遠呂智。彼の望みはただ一つ、己の抱える悲しき業を断ち切るために、己の生を終わらせる事ができる絶対的な強者・猛者と出会う事だった。なお、遠呂智が犯した罪については、本作では太公望達から「仙界の戒律を破った罪」と語られているだけで、詳細は明らかにされていない。次回作の『無双OROCHI 2 Ultimate』にて明かされる事になる。

『無双OROCHI Z』

『無双OROCHI』と『無双OROCHI 魔王再臨』の前二作を合体させたものであり、ストーリー上の変化はない。ただし、新規の無双武将として三蔵法師と弁慶が参戦したため、彼らに関係するステージが追加されている。また、基本的なゲームシステムは『無双OROCHI 魔王再臨』に準拠しており、『無双OROCHI』のステージでも、『無双OROCHI 魔王再臨』で追加された援護攻撃や合体技などのシステムを使用する事ができる。

ゲームシステム

チームバトル

『無双OROCHI』シリーズ最大の特徴とも言えるシステム。戦闘前に使用可能な無双武将の中から3人を選び、チーム編成してプレイする。実際にステージで操作できるのは1人だけで、他の2人は待機メンバーとなる。プレイキャラのチェンジはPS2版はL2またはR2、PSP版は十字キーの左または右を押して行う。一瞬でプレイキャラがチェンジするので、うまく利用するとコンボ数稼ぎにもなる。待機に回った無双武将は、体力ゲージと無双ゲージが少しずつ回復していく。
本シリーズでは、無双ゲージは基本的に武器属性や一部特技を使用しないと回復しないシステムになっている。そのため無双ゲージを使いつくしたらメンバーチェンジという風に、無双武将を次々と切り替えながら進むのが基本プレイとなる。また、大ダメージで体力が大幅に減少した武将を待機メンバーに下げる事もできるので、緊急回避としても利用できるシステムである。
なお、無双武将はどのストーリーモードから始めても最初は3人しか使用できない。ステージをクリアし、ストーリーを進めていくごとに使用可能になる武将が増えていく。そのため使用可能になる武将を増やしたいのなら、どんどんストーリーを進めていく必要がある。ただし、特殊な条件をクリアしないと使用可能にならない武将も一部存在している。

アタッカータイプ

アタッカータイプとは、各武将ごとに設定されている属性の事である。「パワー(力)」「スピード(速)」「テクニック(技)」の3タイプがあり、各武将は設定されたタイプに応じた「固有能力」と呼ばれる特殊能力を持つ。R1ボタンを押すと固有の必殺技「タイプアクション」が出せる。なお、情報画面、または戦闘時に画面左下に表示されるアイコンの色で、武将がどのタイプに該当しているのかを確認する事ができる。

パワータイプ

アイコンの色は赤で、固有能力は「ハイパーアーマー」。攻撃中は敵の通常攻撃や遠距離攻撃を受けてもひるまない。しかし被ダメージは0という訳ではないので、過信は禁物である。タイプアクションは「必殺技」。名前の通り高威力の攻撃である。武将によって攻撃パターンは異なるが、前方にいる広範囲の敵に大ダメージを与えるものが多い。ただし、無双ゲージを大量消費するので使いどころを考える必要がある。パワータイプの該当武将は関羽や張飛、前田慶次や本多忠勝など、猛将とされている武将が多い。

スピードタイプ

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents