ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

アナンダを誘惑する悪魔

アナンダはブッダに、自分を指差して「私はあなたのおかげで生まれ変われた」という事実を言い、他にも竹林精舎の1千人の弟子たちはブッダの教えにより目が覚めたのだとブッダを励ました。
その言葉に力を取り戻したブッダは、残ったシャカ族を弟子に加えることを決めた。
一方で、アナンダとブッダはタッタがブッダを追ってきた理由を考え、竹林精舎で何かがあったのではないかと不安を感じていた。
ビドーダバはパセーナディの独房へ訪れ、シャカ族を滅ぼしたことを伝えた。
パセーナディは喜び、自分が正気であることを主張し、独房から出すように言った。
ビドーダバは「王位を引退するのならばお出しする」と答えた。
しかし、パセーナディは王位を引退する気は無く、独房から出た暁には再び王座に返り咲くことを頑なに主張した。
それを聞いたビドーダバは踵を返し、パセーナディの元を去った。
パセーナディは王位を奪われるのが嫌でビドーダバをひどく罵倒したが、ビドーダバは聞く耳を持たなかった。
パセーナディはマガダ国のビンビサーラに会えば、事情をわかってくれて王に戻れるかもしれないと思い、いつかビンビサーラに会うため、それまでは絶対に死なないと決心した。
その一方でパセーナディは孤独を感じていた。
そこで、ブッダが書いたメッセージを思い出し、雑草に目をやった。
一度パセーナディはその雑草を折ったが、また生えてきたのだった。
パセーナディは「健気だ」と感じ、雑草を見習うことにした。
それから1年の月日が流れ、デーパが竹林精舎からブッダを訪ねてきた。
デーパはビンビサーラが幽閉され、その原因がダイバダッタがビンビサーラに飲ませていた劇薬であることをブッダに告げた。
続いてデーパは、ダイバダッタがアジャセを味方につけて大金をせしめ勢力を伸ばし、現在では本気でダイバダッタについて行こうとしている弟子たちがいることを伝えた。
ブッダは竹林精舎の弟子たちをおろそかにしてしまったことを後悔したが、先にサーリプッタに「この自体を乗り越えるのがまことの試練だ」と伝えるようにデーパに言いつけた。
ブッダは祇園精舎の弟子たちに一度竹林精舎に戻ることを告げ、再びアナンダだけを連れて竹林精舎へ向かうことにした。
見送りに来たビドーダバは、残ったシャカ族は責任を持って守り抜くことをブッダに約束した。
ビドーダバが他に何かできることはないかと尋ねると、ブッダは「父親を解放してあげなさい」と答えた。
それを聞いたビドーダバは、パセーナディの牢の鍵を開けることを決め、かと言って王宮に連れ戻すことはせずに自由にさせるように部下に命令した。
その頃パセーナディは、雑草の妖精と話をしていた。

雑草の妖精と話し、穏やかな表情になるパセーナディ

ひとりぼっちのパセーナディの話し相手はその雑草の妖精だけだった。
パセーナディはすっかり心が穏やかになっており、優しい人物に変貌していた。
その夜、パセーナディは牢屋の鍵が開いていることに気がついた。
パセーナディは雑草に別れを告げ、よろよろと牢屋を脱出し、マガダ国へ急いだ。
雨に打たれ、汚らしい身なりになっていたパセーナディはマガダ国の王宮にたどり着き、門番に「コーサラ国のパセーナディが来たことをビンビサーラに伝えてくれ」と頼んだが、その頃にはもう王はアジャセになっていた。
門番は無慈悲に門を閉め、絶望したパセーナディはその場に倒れ伏した。
次の日の朝、息絶えたパセーナディは門衛に共同墓地へと運ばれていった。

ダイバダッタ

マガダ国に帰ってきたブッダとアナンダだったが、アナンダは王宮の人間が妙によそよそしいことを感じた。
ブッダはアジャセに会い、ビンビサーラの居場所を問うと、アジャセは「北の塔に入れてある。面会はできない」と答えた。
ブッダはビンビサーラに会いたく、アジャセを説得しようとしたがアジャセは頑なにそれを禁じた。
ブッダは諦めて竹林精舎に帰ろうとしたが、そこでアジャセはすでに竹林精舎の指導者はダイバダッタになっており、ブッダが入る隙はないのだと告げた。
そこへダイバダッタが現れ、ブッダはもう老いており、引退すべきだと主張し、そうすれば竹林精舎に入る許可を出してやると言った。
それに対してブッダは「お前は王に選ばれたが、神に、自然に選ばれる資格はない」と言い放ち、怒ったダイバダッタは2つの杯を出してきて、「この杯のどちらかに毒が入っている」と告げ、「神に選ばれたのであれば毒を選ぶことはない」とブッダに挑戦をさせた。
ブッダはそのうちの1つを手に取り、飲んだが、実はダイバダッタは2つともに毒を仕込ませていた。
しかし、ブッダは無事だった。
ダイバダッタが慌てて杯を用意した人間を問い詰めると、どちらにも毒を入れなかったのだと答えた。
その人間たちは「ブッダに毒を盛ることなどできない。あの方は生き神だから」と言っていた。
ダイバダッタは仕方なく、竹林精舎へ向かう道中でブッダを殺害することを考えた。
そこで、ダイバダッタは「ブッダと自分、どちらかを弟子たちに選ばせようと思う」とアジャセに告げ、ブッダを連れて竹林精舎へ向かった。
その道中の谷間にて、ダイバダッタは岩の陰で休むことを提案した。
そして、ダイバダッタが鏡を光らせて崖の上の仲間に合図をし、ブッダが座っている岩の陰に向かって岩を転がせた。
しかし、その岩は崖のくぼみで跳ね、ブッダに当たることはなかった。
続いてダイバダッタは、象に毒矢を刺して暴走させ、ブッダを踏み殺させようとした。
しかしブッダは静かに象と対峙し、象の心の中に入り込み、象の体を操って毒の入った傷口から毒を吸いださせた。
やがて象は落ち着き、それを見たダイバダッタは自分でブッダを始末することを決意した。
そして、ブッダたちは竹林精舎にたどり着いた。
多くの弟子たちがブッダを歓迎し、ブッダを取り囲んだ。

ブッダを歓迎する弟子たち

そこへサーリプッタとモッガラーナが現れたが、二人とも身体中に傷を受け、ひどくやつれていた。
サーリプッタもモッガラーナもダイバダッタを指導者と認めなかったため、アジャセの部下により拷問を受けていたのだった。
その夜、ダイバダッタはいよいよブッダを殺害する準備を始めた。
傷口から入り、10分も経たずに死に至る毒を爪に染み込ませたダイバダッタは、ブッダが今疲れ果てて眠りこけていると思い、その寝首を掻こうとした。
しかし、ダイバダッタは急ぐあまり木につまづき、転んで爪を剥がしてしまった。
その傷口から毒が回り始め、ダイバダッタの手はあっという間に腫れてきた。
ダイバダッタは毒を受けながらもせめて共にブッダを葬ってやろうとブッダの元へ向かうも、その途中で力尽きてしまう。
ダイバダッタが倒れているところへ、ブッダがやってきた。
ダイバダッタは正直に「あんたが憎い。あんたは私の最大の敵だった」とまっすぐな気持ちを吐き出し、「私はあんたになりたかった」と残して息を引き取った。
ブッダはそれに対して「お前の敵はお前自身なのだ」と言って手を合わせた。

ダイバダッタの最期

アジャセ王の微笑

ビンビサーラが幽閉されている北の塔に、ビンビサーラの妃がやってきて、近衛兵に賄賂を渡してビンビサーラに会いにいった。
ビンビサーラはほとんど食事も与えられず、痩せこけていた。
妃は体に蜜を塗って、その蜜をビンビサーラに舐めさせることで死期を遠ざけていた。
その頃、アジャセはダイバダッタの死を知らされ、悲しみに暮れていた。
アジャセにとってダイバダッタは1番の親友であり、肉親のような存在であった。
アジャセは自分の部屋に閉じこもり、ダイバダッタの死を嘆き悲しんだ。
それから2週間が経ったが、アジャセは自分の部屋から出てこなかった。
心配した部下たちは無理矢理にアジャセの部屋に入ると、アジャセの額が膨れ上がっていた。

額が腫れたアジャセ

アジャセはこの額の腫れはダイバダッタの怨念であり、医者には治せないと主張し、医者の治療を頑なに断った。
ひどい頭痛がアジャセを襲い、アジャセはのたうちまわって苦しんでいた。
ブッダはビンビサーラの死の日が来ているため、ビンビサーラの元を訪れたが、近衛兵に止められてしまう。
そこへ妃が現れ、ブッダに「見舞ってやってほしい」と頼んだ。
その時、近衛兵がビンビサーラの容態が急に悪くなったことに気づき、ブッダと妃は慌ててビンビサーラの元へ急いだ。
ブッダを見たビンビサーラは、最期に「アジャセをあなたの弟子にしてくれ」「あの子は可哀想な子だ」「あの子を救ってやってくれ」とブッダに話し、静かに息を引き取った。
ブッダはビンビサーラの言葉を受け、アジャセの元へ赴いた。
アジャセの額はすでに目が見えないくらいに膨れ上がり、アジャセは言葉も喋れないほどに脳が破壊されていた。
アジャセの診察をしていたジーワカは、原因がダイバダッタが与えていた薬にあるのだろうと言った。
アジャセの長年の幽閉による肉体や精神の弱りを治すために、ダイバダッタが特別に薬を調合して飲ませていたのだ。
しかし、ダイバダッタが死んだ今、その薬を飲むことができず、禁断症状としてこのような症状が出ているらしかった。
アジャセを治す方法は、その薬を再び調合して飲ませることだったが、誰もその調合の仕方を知らないため、八方ふさがりだった。
助けを求めるようにブッダに手を伸ばすアジャセに、ブッダは人差し指をアジャセの額に当てた。
ブッダはアジャセにかけているものは人の手の暖かさだと言った。
ブッダは自分の指先から体温を伝え、アジャセに人の温かさを伝えようとした。
すると、アジャセは心地好さそうに目を瞑り、やがて眠ってしまった。
ブッダはそれから毎日12時間、3年間アジャセの額に指を当て続けた。
アジャセの額の腫れはだんだんと引いていき、やがてアジャセはわずかに言葉を話すことができるようになっていった。
ある日、ブッダがアジャセの元を去ろうとした時、アジャセがブッダの名前を呼んだ。
ブッダが振り返ると、アジャセはにこりと微笑んだ。

ブッダに微笑みかけるアジャセ

それを見たブッダは「初めて陛下が微笑まれた」とひどく感動した。
ブッダはその微笑みを神のようだと思った。
そこから、ブッダは人間の心の中にこそ、神が宿っていることを悟った。
喜びのあまりブッダは走り続け、叫び、喜びを全力で吐き出した。
修行僧でも聖者でもない普通の人間であるアジャセの微笑みに神のような美しさを感じたブッダは、誰でも神になれるのだということを心から悟った。
ブッダはこの新しい悟りをすぐにでも弟子たち、世界中の人々に伝えることを決めた。
ブッダは霊鷲山と呼ばれる場所で説教をするようになった。
その説教は今までと違い、修行僧に向けるような厳しい戒律を強いるものではなく、大衆向けでどんな身分の人間の心に響くようなものだった。
ブッダは、生き物は皆深い絆で結ばれており、まるで兄弟のように平等であると説いていた。
誰もが苦しみを抱えているが、自分の苦しみだけを治すのは心が狭いことであり、家族に対するように相手を救ってやりなさいとブッダは説教をした。
そしてブッダは1つの例え話をした。
ある老人が砂漠で行き倒れになったところ、クマ、キツネ、ウサギがやってきて、それぞれが老人のために食べ物を持ってくることにした。
クマは泉から魚を、キツネは地面から食べられる木の根を持ってくるが、ウサギは何も食べ物を見つけられなかった。
そこでウサギは老人に火をつけるように言った。
老人が言われるがままに火をつけると、ウサギは自分を食べるように言ってそのまま火の中に飛び込んだ。
老人もクマもキツネも驚き、老人は慌てて砂をかけて消火するも、ウサギはすでに焼け焦げた死体になっていた。
ウサギは自分を犠牲にして老人を救ったことから、神になったのだった。
ブッダはこの例え話をした後、自らオオカミに身を差し出したアッサジのことを持ち出した。
このようなことは誰にでもできるようなことではないが、皆は皆でできることをやれば良いとブッダは説いた。
そこへアジャセがやってきて、ブッダの話を聞きにきた。
アジャセは弟子たちに混じって地面に座り、ブッダの話に耳を傾けた。
ブッダは、相手のことを同情してあげるだけでも、相手のために苦しんだことになり、それこそが「慈悲」なのだと言った。
その話を聞いて、アジャセはビンビサーラが最期に自分のことを憐れんでくれたことを思い出した。
アジャセはビンビサーラを思い嗚咽を漏らし、大臣にビンビサーラ前王のために盛大な葬儀を行うように言いつけた。
そして、アジャセはブッダに向かって「予は生ある限りあなたの弟子だ」と言った。

旅の終わり

新しい悟りを得た後からブッダはより死の予感を強めていた。
そして、サーリプッタとモッガラーナの死がブッダに伝わった。
サーリプッタは事故、モッガラーナは病により死亡したとのことだった。
ブッダは今までにないほどにショックを受け、「信じたくない」と現実逃避したほどだった。
そこでアナンダがモッガラーナからブッダへの手紙をブッダに差し出した。
その内容はサーリプッタとモッガラーナの死を予見し、ブッダに別れを言うものだった。
そこにはブッダの寿命も書かれており、ブッダに残された時間は10年と4ヶ月とのことだった。
ブッダは絶望に暮れ、声を上げて泣いた。

サーリプッタとモッガラーナの死を嘆き悲しむブッダ

その夜、ストレスによりブッダは激しい腹痛を起こした。
おまけに悪魔からの「死ね」「お前のこの世の仕事は済んだ」というささやきがブッダを苦しめた。
しかしそれが治ると、ブッダはまた旅に出ることを決めた。
そのことをブッダはデーパに告げ、デーパの反対は聞かずにブラフマンとの約束を守るために、5百人の弟子を連れて旅に出た。
様々な土地で、様々な人間に教えを伝えたが、ブッダの心の中はまだ満たされなかった。
なぜ命はあるのか、なぜ生き物は生きるのか、なぜ生き物は死ぬのか、それがブッダにはまだ分からなかった。
やがて、ブッダの寿命も後3ヶ月に迫った。
そのことをアナンダに伝えると、アナンダはショックを受けて言葉を失った。
アナンダは「人は死んだらどうなるのか」と再び尋ねた。
それに対してブッダはチョウの蛹を指差し、長い時間の中で人間でいられる時間はわずかであり、死ぬと言うことは蛹から蝶が飛び出すように、人間の肉体から命が飛び出していくだけだと言った。
しかし、アナンダはブッダが死んだらブッダの教えはもう聞けないと恐れた。
ブッダはどんな動物も自分の体験を教えて死ぬと言うことを挙げ、自分もそれと同じで自分の教えを他の人間に伝え、アナンダのような人間がまた他の人に伝えるのだと説いた。
ある大草原を通り抜けようとした時、あまりの広さにブッダの体が持ちそうにないため、途中で信心深い鍛冶屋の家で休むことにした。
その鍛冶屋で食事をとり、休憩を取った後、ブッダたちは再び歩き出した。
しかし、その途中、ブッダは急に体調が悪くなり、歩けなくなってしまった。
ブッダは沙羅双樹の木の下で休むことにしたが、容態は良くなかった。
吐いたり、下痢をしたり、ブッダはどんどん弱っていっていた。
その夜、ブラフマンが再びブッダの元に現れた。
ブラフマンはブッダが最後まで約束を守ったことを褒め、「もう終わりだ。ゆっくり休みなさい」と声をかけた。
ブッダはもう死は怖くなくなっていた。
そこへ、一人の老人がやってきてブッダの話を聞きたいと言ってきた。
弟子たちはブッダが具合が悪いからと追い払おうとしたが、ブッダは重い体を起こしてその老人の話を聞いた。
ブッダは老人に「仏・法・僧」の3つ、「天の教え・真理の教え・正しい人々の集い」を信じることでいつか悟りを持てると説教をした。
老人は感謝の言葉を述べて去っていった。
やがて、沙羅双樹に花が咲いた。

沙羅双樹が咲き、ブッダに最期の時が迫っていた

ブッダはすでに意識が朦朧としており、弟子たちは「死なないでくれ」と懇願するも、ブッダは「生あるものはいつか死ぬ。これは運命」であると言い、そのまま横になった。
ブッダは最期に「わしはいま、涅槃に入る」とだけ言い残した。
そして、ブッダの精神のもとにブラフマンが現れた。
ブッダはブラフマンに自分がこの世から去った後教えはどうなるのかと尋ねた。
するとブラフマンは「見せてしんぜよう」とブッダの手を取り、未来の世界を見せにいった。
こうしてブッダは命を終えた。
周りの弟子たちはすすり泣き、中には大声で泣き叫ぶ者もいた。
これは、紀元前483年の出来事だった。

『ブッダ』の登場人物・キャラクター

教団

ブッダ

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents