YUKI(ミュージシャン)の徹底解説まとめ

YUKIとは、1993年にJUDY AND MARYのボーカリストとしてメジャーデビューした日本の女性歌手。
2001年にバンド解散後、2002年からソロでの活動を開始する。
幅広い年齢層に絶大な人気を誇りキュートな姿からは想像出来ないパワフルな歌声と独創的な世界観、奇抜なファッションで90年代以降の多様化するJ-POP音楽シーンの中で今もなお、変わらない存在感を放つ。

2005年9月7日の発売されたYUKIの12thシングル。2005年に公開された映画『タッチ』主題歌。
映画の主題歌として書き下ろされたこの楽曲は映画の世界観に沿って作詞されているが、それだけでなく人生に大きな意味を示している歌詞になっている。

『青い首飾りを ほら あげるよ 毒入りのりんごを 食べてしまえば ステージの上から 落ちちゃうわ 結びなおしてね』
”青い首飾り”や”毒入りのりんご”は様々な誘惑を意味しており、誘惑が原因で”人生”というステージの上から落ちてしまう事がある。
『甘い誘惑に惑わされてはいけない。周りに惑わされず気を引き締めて生きて=”結び直してね”』という表現になる。
『見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょう 流されてしまう 力尽きてしまう 大きな何かに 動かされている』
”人生”というものは一瞬で過ぎ去ってしまうもので、時に流されて人生で起こる”歓び”を見逃してしまうという意味。

YUKIの楽曲の中でもメッセージ性が非常に強い楽曲であり、ファンからの人気も高い。

j-lyric.net

メランコリニスタ

2006年1月25日発売のYUKIの13thシングル。
”憂鬱”という言葉や”眠れない”などの言葉が入っており、とても刺激的な詞が特徴的。

『メランコリニスタ静かなハイで眠れない よろしくフランチェックベニスタ フライパンの上で眠らない 君のくちづけ 決して 忘れない 僕の書く下手な詩は たぶん世界を救えない』

2005年の花王『エッセンシャル ダメージケア』のCMソングに起用されたこともあり、YUKIの曲ではめずらしく韻を踏んだ歌詞や、耳から離れないメロディーが話題を呼んだ。
YUKIが、少女のようで、かつ色気あるエロティックな動きをするMVも話題になった。
この曲についてYUKIは、『とにかく踊れるようにしたくて、詞の内容に意味があまりないようなものにしたかった。』と語っている。
『メランコリニスタ』というYUKIにしか作れない独自の世界観の言葉を作れることは、アーティストにとって大きな魅力だ。

j-lyric.net

ビスケット

2007年5月25日にて公式サイトで配信し発売され、MVに出てくるYUKIがとにかくキュート。
可愛らしい歌詞なだけでなく様々な意味があるのがYUKIの詞の特徴。

『いつだって 逢いたくて 涙の海でおぼれた 抜け出して 逢いに来て 月を味方につけて』
月の引力で海水が引いたり満ちたりするのは有名な話だが、”会えなくて涙が満潮の状態から月の力を借りて涙の海を干潮にさせて会いに来て!”という海のように深い意味の詞になっている。

『ポケットに忍ばせた 甘いビスケットあなたに半分だけあげるよ 始めたばかりの つらいダイエット ううん その他うやむやのせいにして』
好きなあなたの為ならダイエットを理由にして、本当は全部食べたいビスケットを半分、相手にあげたい気持ちを隠しているピュアな女の子の恋の気持ちを歌っている。

j-lyric.net

ランデヴー

2009年3月4日にリリースされた曲でライブでも定番の人気曲。

『例え暗い星の見えない夜でも その名前呼ぶから 目には見えない 不思議なサイン 綱渡りのランデヴー 歓びも哀しみも 人の行く 道寄り添っているから 笑わせたいな 特別なキスの魔法で君を守ろう』
特別なキスの魔法で君を守ろう』など、非常に楽曲の世界観に沿ったロマンチックな作詞がされている。

真っ暗な夜の中にYUKIがステップを刻みながら迷路のように進んでいき周りには、キラキラに飾り付けされた照明が光り輝き、プラネタリウムを使った演出などもとても綺麗でメルヘンチックなMVに仕上がっている。

j-lyric.net

YUKIの名言・名セリフ

『生きていく上で決めてる事はあります。それは、覚悟を決めて笑顔でいること。』

2017年7月に始まり2019年の3月を持って終了したYUKIが務めるレギュラーラジオ番組『YUKI HELLO! NEW WORLD』での”人生を過ごしていく中で大切にしている事は何か”とリスナーから質問を受けた際に生まれた言葉。
YUKIは『こんなに恵まれた毎日で私が落ち込んだりしょぼくれたり不機嫌でいるのは申し訳ない気持ちになる。この元気で健康な身体も持って生まれているのに不平不満はださい。って自分では思っていて、ある時から覚悟を決めて毎日幸せにご機嫌で過ごすって事は決めています。』とラジオ内で語っている。
”覚悟を決めて”という強いセリフが”YUKI”としての生き様を感じる。

『ありがとう、私に起きた全ての出来事に。』

幸せな出来事はもちろん、不幸な出来事も全ての出来事に対して感謝の気持ちを忘れない全てを受け入れるYUKIの強い生き方が表れている言葉。
嫌な出来事に関して不平不満を言うのではなく、前を向いて生きて行くために”感謝”をするということは、とても難しい事。
こういった姿が多くの人から憧れの存在である所以である。

MV『世界はただ、輝いて』での一言。

『愛すること 信じること 理解すること 優しくすること 思いやること 胸がぎゅーっと苦しくて泣きそうになるくらい大切に思うこと 幸せなこと 単純ではないけど とても簡単なこと。』

go-1121488833287627161338
go-1121488833287627161338
@go-1121488833287627161338

Related Articles関連記事

【YUKI】まさに美魔女!奇跡のアラフォー女性芸能人たち【中川祐子】

【YUKI】まさに美魔女!奇跡のアラフォー女性芸能人たち【中川祐子】

年をとっても美貌や若々しさが衰えない女性のことを“美魔女”という。スキンケアなど様々な努力を欠かさない芸能人には特に多く、興味を持った新規のファンが年齢を調べて驚くこともしばしばである。 ここでは、実際の年齢より若く見えるアラフォー(36~44才まで)の芸能人・女優・タレント・歌手などを年齢順に紹介する。

Read Article

奇跡のアラフィフ!信じられないほど可愛いYUKIの画像まとめ

奇跡のアラフィフ!信じられないほど可愛いYUKIの画像まとめ

かつて、ロックバンド・JUDY AND MARYのボーカルとして一世を風靡したYUKI。2022年時点で50歳という節目を迎えた彼女ですが、その外見は驚くほど昔と変わっていません。音楽だけではなくメイクや髪型などファッションへのこだわりも強かった彼女は、日本人の多くの女性にとって今でも憧れです。この記事では、そんなYUKIの画像についてまとめました。こんなに可愛いアラフィフ、なかなかいません!

Read Article

目次 - Contents