やがて君になる(やが君)のネタバレ解説・考察まとめ

『やがて君なる』とは、仲谷鳰によるマンガ作品。同作を元にアニメ化、舞台化、小説化がされている。人に恋する気持ちがわからない小糸侑と、誰に告白されても心動かされることがなかった七海燈子を中心に少女同士の恋愛が描かれている百合作品。
2018年10月から12月まで全13話でアニメ化、2019年5月に舞台化されている。外伝ノベライズとして『やがて君になる 佐伯沙弥香について』も発売されている。

園村 菜月(そのむら なつき)

声:東内マリ子
5月6日生まれ。侑、こよみ、朱里の中学生時代からの友人。遠見東高校ではない別の高校に通っている。
侑とは中学時代にソフトボール部で共に活動していた仲間。生徒会に入った侑とは違い、菜月は高校でもソフトボールを続けている。

箱崎 理子(はこざき りこ)

声:中原麻衣
9月8日生まれ。遠見東高校、生徒会の副顧問。侑の担任でもある。
児玉都と交際している。都が経営している喫茶店が学校から近いことをありがたく思いつつも、生徒たちの溜まり場となりつつあることが悩みの種でもある。

児玉 都(こだま みやこ)

声:森なな子
4月13日生まれ。喫茶店『Echo』の店主。
理子とは大学時代からの恋人関係。自分と同じように女性にしか恋心を抱くことが出来ない沙耶香のことを気にかけており、度々様子を気にかけている。

市ヶ谷 知雪(いちがや ともゆき)

声:興津和幸
12月7日生まれ。理子と同じ市民劇団に所属している男性。彼女持ち。
生徒会のOBで、燈子の姉とは同級生だった。生徒会劇を成功させるため、理子の誘いを受けて生徒会メンバーに演劇指導をする。

『やがて君になる』の用語

遠見東高校

侑や燈子が通う共学の高校。急な坂を登った先に校舎が建っている。
女子制服はジャンパースカートとボレロが印象的で、リボンは学年により色が異なる。一年生である侑のリボンは黄色、二年生である燈子のリボンは赤色で、三年生は緑色となっている。侑は初めて燈子と出会った時、このリボンの色で学年を判別した。
遠見東高校の生徒会室は、使わなくなった書道室だったもの。虫がよく出没するようだ。
『やが君』の舞台を共学の高校とした理由について作者は「女の子だけの世界で女の子を選ぶよりも、男も選べるという選択肢が多い中で、女の子を選んだという形をとるために共学にしました」と語っている。

生徒会劇

生徒会劇の復活は、燈子にとって大きな意味を持つ

遠見東高校の生徒会では、文化祭で劇を行うのが伝統となっていた。ステージを使った出し物を考えた手芸部や美術部などの文化部が共同の企画として持ち込み、演劇部がなかった代わりに当時の生徒会役員が役者を務めたことがきっかけだ。それ以来は毎年の恒例であったが、七年前、燈子の姉である当時の生徒会長・七海澪が他界したことで伝統が途切れていた。
燈子は姉がやり遂げることの出来なかった生徒会劇を成功させるため、自身も生徒会長となり、伝統の復活に力を入れる。

喫茶店『Echo』

遠見東高校の近くにある喫茶店。児玉都が店主を務めている。侑と燈子が生徒会選挙の打ち合わせ場所として使ったことをきっかけに、その後も生徒会劇の相談や、歓談の場として登場する。
都には店を大きくしたいという展望があり、二号店の進出なども考えているようだ。目玉となる看板メニューを考案中で、都は有名店への視察も怠らない。現在提供しているメニューはコーヒー、カフェオレ、紅茶の他、サラダとヨーグルトつきのエビドリアセットなどがある。

『やがて君になる』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

燈子「私の好きってこういうことしたい好きだったんだ」

燈子もはじめは自分の気持ちに対して手探りの状態だった

侑に対して特別な感情を覚え始めていた燈子だが、侑の反応は鈍かった。ただでさえ女同士である上に、侑には誰かを特別に思う気持ちがない。たとえ異性同士であったにしても、侑が燈子を好きになることなどありえない。その言葉を聞いた燈子は、人目のある外であるにも関わらず唐突に侑の唇を奪ってしまう。
『私の好きってこういうことしたい好きだったんだ』
誰に対しても感じた事のなかった胸の高鳴りを侑に感じた燈子は、曖昧だった自分の「特別」をこの瞬間に意識する。

srtykmr
srtykmr
@srtykmr

目次 - Contents