魔法にかけられて(Enchanted)のネタバレ解説まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

『白雪姫』

・冒頭、ジゼルがサファイアを両目にかざし王子の人形の目に着ける。
・冒頭、ジゼルの呼び声に応えて顔を出す森の動物たち。
・恋に落ちたジゼルとエドワード王子が白馬に乗って太陽に向かって進んでいく。
・ニューヨークで戸惑うジゼルが、小さな男性に「おこりんぼさん(7人の小人の一人)」と呼ぶ。
・ロバートの部屋に入るなり眠ってしまうジゼル。
・ジゼルがロバートの家のリビングを掃除しているときの動物たち。
・ロバートの弁護士事務所内の看板の文字「チャーチル、ハーライン&スミス」(『白雪姫』の作曲家フランク・チャーチル、リー・ハーライン、ポール・J・スミスを組み合わせ)。
・エドワード王子がホテルで観ていたテレビを「魔法の鏡」と呼んだ。
・公園のシーンでナサニエルがリンゴ飴に見せ掛けた毒リンゴをジゼルに渡す。リンゴに髑髏のシルエットが浮かぶ。
・終盤、ジゼルが毒リンゴを食べて倒れる。

『シンデレラ』

・結婚式当日にジゼルを城まで乗せた馬車。
・ジゼルがロバートの家の浴室を掃除しているときのシャボン玉。
・掃除のシーンで裁縫を手伝うネズミや鳩。
・掃除の後にシャワーを浴びるジゼル。
・ナンシーの姓の「トレメイン」(シンデレラの継母に由来)。
・エドワード王子が入るホテルの名が「大公ホテル(Grand Duke Hotel)」(グランド・デュークは『シンデレラ』に出てくる王様の側近の名前)。
・ロバートが意識の無いジゼルにキスをする瞬間に12時の鐘が鳴る。
・竜を追うジゼルが靴を片方落として行き、後にエドワード王子がその靴をナンシーに履かせる。

『ふしぎの国のアリス』

・井戸に落とされたジゼルが、上下逆さまの状態でマンホールに辿り着く。
・出会ったばかりのロバートとモーガンに、穴(井戸)に落ちたことを話すジゼルのセリフ「Down, down, down...」。

『眠れる森の美女』

・冒頭で王子の夢を語るジゼル。
・竜に変身するナリッサ女王。

『メリー・ポピンズ』

・ロバートが担当する離婚調停中の夫婦の姓はバンクス(メリーを雇う家の姓)。
・公園のシーンでベンチに座り鳩の餌を売る老女。

『リトル・マーメイド』

・冒頭で王子の人形に歌い掛けるジゼル。
・城の中のナリッサ女王の隠れ家(『リトル・マーメイド』の魔女・アースラの洞窟に似ている)。
・ロバートの秘書のサム役に、アリエル役の声優ジョディ・ベンソンが出演。
・掃除の後シャワーを終えたジゼルが体にタオルを巻き、ロバートに倒れ掛る。
・ジゼルがロバートの事務所の水槽を眺めるシーンのBGMが、ジョディ・ベンソンが歌う『リトル・マーメイド』の主題歌「Part of Your World」。
・ジゼルが公園で歌い踊る「想いを伝えて」のカリプソ風のメロディ(『リトル・マーメイド』のミュージカルナンバー「Under the Sea」や「Kiss the Girl」をイメージしている)。
・「想いを伝えて」のシーンで、川を渡るボートに向かい合って座るジゼルとロバート。その後、岩に腰掛けて歌うジゼルとそれを見つめるロバート。

『美女と野獣』

・ニューヨークのマンホールからジゼルが出てくるシーンで、一番近い劇場がパレス劇場(ディズニー初のブロードウェイ・ミュージカルである『美女と野獣』が初演された劇場)。
・エドワード王子がホテルで見るテレビドラマの女優はベル役の声優ペイジ・オハラ。このドラマのBGMが「美女と野獣」。
・エドワード王子が剣を鏡にして歯のチェックする(『美女と野獣』の英雄で怪力男であるガストンの仕草)。
・舞踏会でのジゼルとロバートのダンスシーン(シャンデリアのデザインと、シャンデリアからフロアへ移動する映像)。

「その他のディズニー作品」

・ロバートが娘のモーガンに「すぐに大人になる」と諭す(ピーター・パン)。
・ニューヨークのタイムズスクエアにミュージカル版「ターザン」の看板。
・エドワード王子がホテルで見ているテレビに最初に映る、剣の闘いのシーン(ロビン・フッド)。
・エドワード王子がホテルで見ているテレビから「Pink Elephants on Parade」が流れる(ダンボ)。
・ナサニエルがホテルの部屋から出て行く時、一瞬テレビに映る腹話術士(『ミッキーと豆の木』にナレーターとして出演したエドガー・バーゲン(腹話術士)とモーティマー・スナード(人形)をイメージしている)。
・ナサニエルにハンガーに張り付けられたピップが、ハンガーにぶら下がりながら電線を伝うシーン(トイ・ストーリーシリーズ)。
・ロバートとジゼルが食事したレストランの名称が「ベラ・ノッテ」(わんわん物語)。
・エドワード王子がマンションをさまよう際、ドアノッカーをガチャガチャ鳴らしながら揺れる不気味なドア(ホーンテッドマンション)。
・ジゼルとモーガンが買い物する店の名の「カリプソ」(パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ)。
・ロバートをさらった竜を追うため、床に刺さった剣を抜くジゼル(王様の剣)。
・ラストで竜がビルの塔から落下した後、ジゼルとロバートが塔から滑り落ちそうになるシーン(ノートルダムの鐘)。
・バスの女性運転手のアフロヘアの形、舞踏会のジゼルとロバートのダンスシーンでスポットライトと床の模様が一瞬だけミッキー・シルエットに(ミッキー・マウス)。

「複数のディズニー作品」

・オープニングで作品タイトルが書かれた厚手の本が開き、エンディングでその本が閉じられる(白雪姫、ピノキオ、シンデレラ、眠れる森の美女、くまのプーさんなど)。
・エドワード王子が狩りをするターゲットの巨人・トロールの越に巻いた服と胸当ての貝殻(服は白雪姫、シンデレラ、『眠れる森の美女』のオーロラ姫、『美女と野獣』のベルがそれぞれ着ていたもの。胸当ては『リトル・マーメイド』のアリエルが耳に着けていたもの)。
・森の中から響く歌声に聞き惚れ、声の主を捜しに森へ行くエドワード王子(白雪姫、眠れる森の美女)。
・ジゼルにインタビューするTVリポーターの名前「メリー・アイリーン・カセロッティ」(オーロラ姫役の声優メアリー・コスタ、シンデレラ役の声優アイリーン・ウッズ、白雪姫役の声優アドリアナ・カセロッティの名前の組み合わせ)。
・恋人(ロバート)からのキスで目を覚ますジゼル(眠れる森の美女、白雪姫)。
・高いところから落下していく悪役(白雪姫、美女と野獣、オリビアちゃんの大冒険、ライオン・キング、ノートルダムの鐘)。
・終盤の舞踏会のシーンで過去のディズニーキャラクターに似た仮装をした人がいる(アナスタシア・トレメイン「シンデレラ」やヘラクレス「ヘラクレス」など)。

ディズニー作品以外からのパロディ

・ニューヨークに戸惑うジゼルやエドワード王子、ジゼルとエドワードのデートシーンで二人が渡る橋など、ジゼルとロバートの関係を含む本作の全体的な雰囲気(ニューヨークの恋人)。
・タイムズスクエアの『ウィキッド』の看板。ナンシー役のイディナ・メンゼルは『ウィキッド』のエルファバ役のオリジナル・キャスト(ウィキッド)。
・タイムズスクエアの『ヘアスプレー』の看板。エドワード王子役のジェームズ・マースデンは映画版『ヘアスプレー』にコーニー・コリンズ役で出演(ヘアスプレー)。
・タイムズスクエアの『スーパーマン リターンズ』の看板。エドワード王子役のジェームズ・マースデンは『スーパーマン リターンズ』にリチャード・ホワイト役で出演(スーパーマン リターンズ)。
・ロバートの家でカーテンからドレスを作るジゼル。「想いを伝えて」のシーンでジゼルが芝生の上を駆け寄るシーン(サウンド・オブ・ミュージック)。

『魔法にかけられて』の受賞歴

<アメリカ>
第34回サターン賞
ファンタジー映画賞
主演女優賞(エイミー・アダムス)
音楽賞(アラン・メンケン)

第13回放送映画批評家協会賞
ファミリー映画賞

第8回ゴールデン・トレイラー賞
アニメ・ファンタジー映画賞

第8回フェニックス映画批評家協会賞
ファミリー映画賞

<日本>
映画館大賞
「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」
第31位

『魔法にかけられて』の主題歌・挿入歌・劇中歌

オープニング曲:「Andalasia」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

シュガー・ラッシュ:オンライン(Ralph Breaks the Internet)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ:オンライン』とは、2012年に公開された『シュガー・ラッシュ』の続編となる長編3DCGアニメーション映画。前作の舞台だったアーケードゲームの世界を飛び出し、おなじみのヴァネロペとラルフの仲良しコンビが広大なインターネットの世界で大冒険を繰り広げる。劇中にはGoogleやTwitterなど実在するIT企業のロゴが登場するなど、インターネット関連のネタが数多く散りばめられている。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。日本での公開は2018年12月。

Read Article

塔の上のラプンツェル(Tangled)のネタバレ解説まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

美女と野獣(Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

メッセージ(Arrival)のネタバレ解説まとめ

『メッセージ』とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。 突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

Read Article

美女と野獣(実写映画、Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ムーラン(Mulan)のネタバレ解説まとめ

古代中国を舞台としたディズニー映画でアニー賞作品賞を受賞。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。主題歌はクリスティーナ・アギレラの「Reflection」である。 ムーランは古くからのしきたりにより、求められる自分と本当の自分とで葛藤をする。そんなムーランにある転機が。様々な困難を乗り越えて自分の運命を切り開いていくムーランの物語である。

Read Article

ズートピア(Zootopia)のネタバレ解説まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

アラジン(Aladdin)のネタバレ解説まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪、Frozen)のネタバレ解説まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

『アナと雪の女王』とは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれ、大ヒットを記録した。ディズニー史上初のダブルヒロインともなる今作で描かれるものは、従来のディズニープリンセスの映画では描かれてこなかった愛の形がある。アナ雪で描かれる愛の形について、他のディズニープリンセス作品と比較しつつまとめていく。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

目次 - Contents