この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフまとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。
不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。
本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

『この素晴らしい世界に祝福を!』の概要

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。
アニメーション制作はスタジオディーンが行い、監督は2002年に放送された『フルメタル・パニック!』で作画監督を担当し、その他数々のアニメ作品に演出や、脚本などの形で携わった経験を持つ金﨑貴臣(かなさきたかおみ)が務めた。
ライトノベルの『この素晴らしい世界に祝福を!』は、元はウェブサイトである「小説家になろう」にて「自宅警備兵」名義で連載されていたオンライン小説であったが、2013年10月1日からオンライン小説のリメイクという形で角川スニーカー文庫より出版されている。

不慮の事故で命を落とした高校生・佐藤和真(さとうかずま)は、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。
女神アクアは悩むカズマに、強力な武器や神の英知など、天界から一つ選んで異世界へ行き、魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。
魔王を倒し、英雄として語り継がれる可能性に心惹かれ、勇者としての人生を選ぶカズマであったが、たった一つ異世界へ持って行ける物が選べず、悩み始める。
待ちくたびれた女神アクアは、魔王を倒せると思っていないから早く選べと悪言を吐き始める。
怒ったカズマは異世界に持って行く物として女神アクアを選び、二人は異世界へ落とされて魔王を倒す冒険者として暮らし始める。
独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

『この素晴らしい世界に祝福を!』の名言・名セリフ

アンタは俺が持っていく物に指定されたんだ! 女神ならその神パワーとかで! せいぜい俺を楽させてくれよ!

一期、第一話からカズマのセリフ。
不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真(さとうかずま)ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。
悩むカズマに対し女神アクアは、強力な武器や神の英知など、天界から一つ選んで異世界へ行き、魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。
魔王を倒し、英雄として語り継がれる可能性に心惹かれ、勇者としての人生を選ぶカズマであったが、たった一つ異世界へ持って行ける物が選べず、再び悩み始める。
待ちくたびれた女神アクアは悩むカズマに、「ねぇ早くして。どうせ何を選んでも一緒よ。引きこもりのゲームオタクに期待してないから」と悪言を吐き始め、怒ったカズマは女神アクアを持って行く物として指名する。
そんな事が出来る筈がないと高を括る女神アクアであったが、そんな彼女の下に後任の女神が舞い降りて来る。
上記名言はあり得ないと憤る女神アクアに対し、悪言の数々を言われたカズマが反撃とばかりに言い放った一言。
カズマの底意地の悪さが窺えるセリフである。

私、後輩の女神の信者に同情されて、お金も貰っちゃったんですけど

一期、第一話からアクアのセリフ。
駆け出しの冒険者の町「アクセル」に降り立つカズマとアクア。
異世界に転生した事で有頂天のカズマに対し、天界から落とされたアクアは「どうしてくれるの」とカズマを責め立てる。
アクアが天界に帰るには魔王を倒す以外に手段は無く、少し反省したカズマはとりあえず魔王軍と戦う情報を得る為、冒険者ギルドへ向かう。
二人は今後の生活費を稼ぐ為、クエスト報酬を得る事が出来る冒険者として登録する。
受付で登録手数料が必要だと言われる二人。
しかし、二人は転生したてで無一文だった。
そこで女神であるアクアは信者からお布施と称してお金を貰おうと、近くにいた老人に声を掛ける。
しかし老人はアクアの後輩である女神エリスの信者であった。
ショックを受けるアクアに老人は追い打ちを掛ける様に「異教徒の神とはいえ名前を偽ってはいけない」と諭した。しかし老人は「これも女神エリス様のお導きだろうから」と、二人分の登録料を恵んでくれる。
上記名言は、恵んでもらった登録料を手にしたアクアがカズマに言った一言。
アクアが生きる為に、先輩としてのプライドを捨てたセリフである。

我が名はめぐみん! アークウィザードを生業とし、最強の攻撃魔法「爆裂魔法」を操る者!

一期、第二話からめぐみんのセリフ。
冒険者として登録を済ませたカズマとアクアであったが、クエストをこなす為に必要な剣などの装備を揃えるお金がなく、冒険者でありながら土木工事などのアルバイト三昧の日々を過ごしていた。
やっと最低限の装備を揃え、本格的な冒険者クエストに取り組む事が出来るようになった二人であったが、装備不足と経験不足から、初心者クエストの「ジャイアントトードの討伐」で辛うじて二匹を倒す程度にとどまる。
お金をかけずに手っ取り早く戦力を強化する為、共に戦ってくれるパーティーメンバー募集を始める二人。
しかし誰も名乗りを上げず、途方に暮れるカズマとアクア。
上記名言はそんな二人の下に現れた、後にパーティーメンバーに加わるめぐみんが、パーティーメンバー新規加入者として名乗りを上げたセリフ。
中二病の様なポーズで名乗り、カズマとアクアを不安にさせた一言である。
後に二人の不安は見事に的中し、めぐみんは爆裂魔法を極める事にしか興味がなく、魔法は爆裂魔法しか使えず、しかも一度爆裂魔法を放つと一人では身動きできないほど魔力を消耗する、残念な魔法使いである事が判明する。

ちょっと城まで行ってあのデュラハンに、直接爆裂魔法をぶち込んで呪いを解かせてきます

一期、第四話からめぐみんのセリフ。
カズマ達がパーティーメンバーを追加募集する中で、ドMであるクルセイダーのダクネスが新たな仲間として加わるが、町の近くに魔王軍の幹部が住み着いた為に弱いモンスターが逃げてしまい、カズマ達がこなせる初心者クエストが無くなってしまう。
魔王軍の幹部が居なくなるまで、する事がなくなるカズマ達。
所持金を酒代の借金返済に充てた無一文のアクアはアルバイトをし、ダクネスは実家で筋トレをする為に一旦町を離れ、カズマはめぐみんの爆裂魔法のトレーニングに付き合う日々を送っていた。
めぐみんは町から丁度良く離れた距離にある廃城に爆裂魔法を放って気絶し、カズマは倒れるめぐみんをおぶって帰る日々を送っていた。
ダクネスが町に帰って来て数日経ったある日、町の入り口に魔王軍幹部のデュラハンが姿を現す。
「毎日毎日、城に爆裂魔法を打ち込むヤツはどいつだ」と、怒りを露わにするデュラハン。
無人の廃城と思われた城には、デュラハンが住んでいたのであった。
素知らぬふりをするめぐみんであったが、初心者の冒険者しかいない町で爆裂魔法の様な高等魔法を扱える者は数える程しかおらず、誤魔化しきれなくなっためぐみんは体裁を保つために、デュラハンを誘い出す為の作戦だったと嘘をつき、名乗りを上げる。
そんな彼女に、デュラハンは一週間後に命を落とす死の魔法を掛けようとする。
しかしダクネスが身代わりに魔法を受け、めぐみんは助かった。
デュラハンは、死の魔法を解いて欲しかったら城へ来るように、とめぐみんに言い残して去って行く。
上記名言は、一人で城へ向かおうとするめぐみんがカズマ達に言った一言。
身代わりになってくれたダクネスの為に城へ向かおうとするめぐみんの、並々ならぬ決意が感じられるセリフである。
めぐみんと共に魔王軍幹部のデュラハンが待ち換える居城へ覚悟を決めて行こうとするカズマであったが、ダクネスに掛けられた死の魔法は女神であるアクアにあっさり解除され、デュラハンは放置される事になる。

こいつはきっと転生の特典でもらった魔剣グラムとやらで、何の苦労もせずに生きて来たんだろう。そんなヤツに何故一から頑張ってきた俺が、上から目線で説教されなきゃいけないんだ

一期、第五話からカズマのセリフ。
自ら作った借金返済の為に、湖を浄化するクエストを引き受けるアクア。
浄化作業中にモンスターに襲われない様にする為、カズマのアイディアで頑丈な鉄檻の中に入った上で浄化作業を行うアクア。
大型のワニモンスターの群れに襲われるが、鉄檻のお陰で怪我無く湖の浄化には成功する。しかし、浄化された水にモンスター達が怯えて逃げ出すまでの七時間、攻撃に晒され続けたアクアはトラウマを発症し、鉄檻から出て来なくなってしまう。
仕方なく、アクアを鉄檻ごと荷馬車に乗せて町へ連れ帰るカズマ達。そこへアクアの姿に驚いた一人の剣士がカズマの前に立ち塞がる。
魔剣グラムを携え、御剣響夜(ミツルギキョウヤ)と名乗る剣士はカズマと同様、アクアのチカラで転生した転生者であった。
アクアに対するカズマのぞんざいな扱いに、言いたい放題好き勝手に文句を言う響夜。
上記名言は、異世界へ持って行く物をアクアと指名したばかりに、何の特別なチカラも持たずに異世界へ転生する事になったカズマの、怒りの一言。
カズマの仲間は、トラブルと借金ばかり作る女神、一日一度爆裂魔法だけしか使えない魔法使い、そしてドMの性癖を持つことから敵の攻撃を受けたがるだけのクルセイダーであり、カズマの苦労のほどが窺えるセリフである。

クルセイダーは背に誰かを庇っている状況では下がれない。こればかりは絶対に

一期、第六話からダクネスのセリフ。
めぐみんにデュラハンの城へ向けての爆裂魔法の使用を禁止していたカズマであったが、デュラハンが町に再来した事で、めぐみんが未だに城へ向かって爆裂魔法を撃ち続けていた事が判明する。
めぐみんは一度爆裂魔法を放つと、その一日は一人で歩く事も出来なくなる筈であり、カズマは屋敷まで背負って連れ帰っていた共犯者がいることに気付く。
あからさまに誤魔化す態度を見せるアクア。
カズマが問い詰めると、アクアがめぐみんの共犯者であることが明らかになる。
アクアはデュラハンのせいで弱いモンスターが逃げ出し、ロクな初心者クエストが無い事への腹いせだったと白状する。
本気で怒ったデュラハンは多くのアンデッドを召喚するが、カズマ、アクア、めぐみんの連係プレーでこれを撃退する。
残るはデュラハンだけであったが、魔王軍幹部の肩書は伊達ではなく、次々倒されて行く町の冒険者達。
カズマ達冒険者が負ければ町が魔王軍に襲われる事は必至であり、騎士であるダクネスは町の人々を守る為に、デュラハンに一騎打ちを挑む。
しかし実力差は明らかで、ダクネスは徐々に苦境に立たされる。
上記名言は、逃げる様に言ったカズマに対するダクネスの答え。
一見すると騎士の本懐を思わせるセリフであるが、実際には敵の激しい攻撃を体に浴びたいだけであった。

大嫌いだと思っていたあのロクでもない世界の事が、案外気に入っていたらしい。もう少しアイツ等と冒険したかったな

一期、第七話からカズマのセリフ。
アクアがデュラハンを倒す時、限度も考えずに洪水並みの水を魔法で発生させて攻撃した為、町の巨大な城壁が壊れ、膨大な額の借金を背負う事になったカズマ達。
借金返済のために、割の良いクエストである筈なのに誰も手を付けていなかった「雪精の討伐」クエストに出掛けるカズマ達。
反撃もして来ない掌サイズの綿毛のような雪精の討伐に調子に乗るカズマであったが、そんな彼らの下に国から高額賞金をかけられている特別指定モンスターの冬将軍が姿を現す。
雪精に攻撃を仕掛けると冬将軍が現れると言う話を、アクアから初めて聞かされるカズマ。
冬将軍に立ち向かうダクネスであったが、冬将軍はダクネスの固い剣を一刀で切り落とす程の実力を持っていた。
武器を捨て、土下座をして謝れば許してもらえると、率先して頭を下げるアクアに対し、ドMのダクネスは命にかかわる状況でありながら、攻撃を浴びたい一心で土下座を断固拒否する。
ダクネスの頭を無理矢理下げさせたカズマは自身の謝罪が遅れ、冬将軍に切られて命を落とす。
再び死後の世界を訪れるカズマ。
そこにはアクアの後輩である女神エリスが待っていた。
カズマの語る異世界での苦労話に親身になって耳を傾け、幸せな来世を送れる事を約束する女神エリス。
上記名言は来世への転生を待つカズマが呟いた一言。
アクア達に憎まれ口ばかり言っていたカズマの、本人も気付いていなかった本心が垣間見えたセリフである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

唐突に始まった学園生活。担任は『Re:ゼロから始める異世界生活』にも登場するロズワール。スバルはロズワールに学園生活の意図を尋ねるもはぐらかされてしまう。アインズは学園から抜け出そうとするが、ロズワールに「校則違反になってしまう」と警告される。 今回は「異世界かるてっと」第2話『緊迫!じこしょうかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワールの提案により委員会を決めることになった。各々立候補をするがなかなか決まらず、結局またくじ引きで決めることになる。ベアトリスはロズワールがくじ引きを操作したことに気付いた。ロズワールは謎の言葉を残して去っていく。今回は「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第3話『膠着!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園生活を拒否することはこの世界を崩壊させることにつながるのではないか、とデミウルゴスが提言する。 とりあえずは学園生活を送るしかないと覚悟を決める一同。 そんな中、ターニャは同級生の中に、自分を異世界に転生させた自称神こと「存在X」がいるのではないかと疑いを持ち始める。 今回は「異世界かるてっと」第3話『膠着!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ターニャが自身を異世界に転生させた存在Xがアインズなのではないかと疑ったことで一触即発状態になってしまったアインズとターニャ。 しかし、アインズがターニャに日本にいたことがあるかを確認したことをきっかけに状況は一変する。 一方、スバルもカズマのサトウ・カズマという名前から自分と同じ異世界転移された日本人ではないかと疑いを持つ。 今回は「異世界かるてっと」第4話『邂逅!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ある日、カズマたちのもとに謎のボタンが現れた。時を同じくして、アインズ達のもとにも謎のボタンが現れた。異世界に転移してしまった一行は学園生活をおくることに。2組に案内された一行を待っていたのはターニャ達であった。各々が異世界に転移してしまった理由を考えていたところ、ナツキ・スバルたちが遅れてやってきた。それぞれのキャラクターが様々な反応を見せる中、ルーデルドルフが学園生活の始まりを宣言する。 今回は「異世界かるてっと」第1話『集結!かるてっと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

幕末Rock(Samurai Jam -Bakumatsu Rock-)のネタバレ解説まとめ

「幕末Rock」とは、2014年に発売された音楽ゲーム、及びそれを題材としたアニメ・舞台作品。舞台は幕末、幕府の作る天歌(ヘブンズソング)以外の音楽を禁止されていた。ロックを愛する主人公「坂本龍馬」は「高杉晋作」「桂小五郎」、そして序盤は敵であった新撰組の「沖田総司」「土方歳三」の五人でバンドを組み、時代に革命を起こす。

Read Article

機動警察パトレイバー(Mobile Police Patlabor)のネタバレ解説まとめ

「機動警察パトレイバー」は、1988年にリリースされたオリジナルビデオアニメーション(OVA)と少年サンデー誌上での漫画版の連載開始から始まった、メディアミックス・コンテンツの先駆け的タイトルである。 作業用のロボットが需要により暮らしの日常の風景にまで普及した1999年の東京が舞台で、主人公の新米女性警官・泉野明(いずみ のあ)が同僚の仲間たちと共に悪戦苦闘しながら、警察に導入されたロボット部隊の搭乗者のひとりとして日々巻き起こる事件と出来事の数々に立ち向かう様を描いた物語。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)のネタバレ解説まとめ

和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦いを描きます。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれました。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて、Maria Watches Over Us)のネタバレ解説まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

BAKUMATSU(第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオに侵入した際に見たからくり機械の仕組みの記憶を頼りに、鍛冶屋の女将に協力を仰ぎからくり人形の動きを抑止する機械を作り始めた桂小五郎と高杉晋作。一方、無限斎は、巨城スサノオから脱出して隠れていた徳川慶喜を抹殺する為に十二将の一人弁慶を刺客として放った。山崎烝は徳川慶喜から賜った刀で弁慶と戦う。 今回は「BAKUMATSU」第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』)のあらすじと感想・考察まとめ

無限斎に吹き飛ばされた高杉晋作は、桂小五郎と坂本龍馬、岡田以蔵と合流する。意見の食い違いにより決別する高杉晋作と坂本龍馬。高杉晋作は坂本龍馬との思い出を回想する。刻(とき)を操る力を使って時代を作り変えたい坂本龍馬は、高杉晋作と別れた後、独自に刻を操る力を持つ青年・晴明を捜索する。そこに現れた晴明の姿を装った十二将松尾芭蕉。坂本龍馬と松尾芭蕉の戦いが始まる。 今回は「BAKUMATSU」第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオへ物資を運んでいる蒸気機関車の偵察に来た高杉晋作と桂小五郎。高杉晋作は一刻も早く蒸気機関車を破壊しようとする。そこに沖田総司が現れ、逃げる二人は走り出した蒸気機関車に乗り込む。蒸気機関車の中には、ある物を護衛する土方歳三が居た。土方歳三に蒸気機関車の外に蹴り出された高杉晋作は、機関車の後を追いかけていた坂本龍馬達と合流し、桂小五郎の救出に向かう。 今回は「BAKUMATSU」第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BAKUMATSU』とは、大人気恋愛ゲームシリーズ「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」を原案としたアニメオリジナルアニメ。主人公高杉晋作は、「刻(とき)を操る力」を持つ伝説の秘宝「刻辰儀(じしんぎ)」によって巨城スサノウが君臨する「もうひとつの幕末」に導かれる。仮面の将軍・無限斎が支配する世界で熱き心をもった男たちの戦いが始まる。

Read Article

BAKUMATSU(第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

桂小五郎と高杉晋作は、京の町の人達を監視しているからくり人形の秘密を探る為、新撰組への潜入作戦を立てた。桂小五郎は、無事入隊試験に合格し、新撰組への潜入に成功する。近藤勇によって明かされる新撰組の過去。 無事巨城スサノオの見取り図を入手した桂小五郎は、高杉晋作と連携しながらからくり人形の秘密に迫る。 今回は「BAKUMATSU」第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

長州志士・高杉晋作は、桂小五郎と共に伝説の秘宝を幕府海軍から奪い去ろうと目論む。「刻(とき)を操る」と言われる伝説の秘宝を我が物にし、天下を手中に収めようとする徳川幕府に対して、「やり方ってもんがある」と憤る高杉晋作は秘宝を奪い、幕府の目論見もろとも秘宝をぶっ壊すと意気込む。 今回は「BAKUMATSU」第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』)のあらすじと感想・考察まとめ

からくり人形の秘密を探る為、新撰組に潜入した桂小五郎は巨城スサノオ内部に忍び込む事に成功する。しかし巨城スサノオの内部を探っていた桂小五郎は、沖田総司に素性を暴かれてしまう。沖田総司と斬り合いながらも巨城スサノオのからくり機械を壊した桂小五郎。しかし無限斎は、またもや時辰儀の刻(とき)を操る力により、からくり機械を壊す前へ戻したのだった。 今回は「BAKUMATSU」第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第2話『斬れ、高杉 アイのために!』)のあらすじと感想・考察まとめ

新将軍・無限斎を倒すべく巨城スサノオに進入した高杉晋作。無限斎は、時辰儀の刻(とき)を操る力を使って天下を手中に治めようとしていた。そんなやり方面白くないと立ち向かっていく高杉晋作。しかし無限斎の力は強大で返り討ちにあってしまう。一方、捕らわれていた徳川慶喜は山崎烝と御庭番の霞と雹の尽力により巨城スサノオを脱出するが、徳川に恨みを抱く武将真田幸村に命を狙われる。 今回は「BAKUMATSU」第2話『斬れ、高杉 アイのために!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)の技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフまとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)の名言・名セリフまとめ

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』とは羊太郎によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ・漫画等のメディアミックス作品。 暗示特化専用言語のルーン言語を用いた魔法能力を持つ人間がいる異世界が舞台で、主人公のグレンは前職を辞めて以来、育ての親であるアルザーノ帝国魔術学院教授セリカの下で、一年に渡り引きこもり生活を送っていた。しかし業を煮やしたセリカに脅され、嫌々ながら同学院の非常勤講師として勤める所から物語は始まる。 生徒と教師、互いに学び合いながら成長する過程で様々な名言が生まれている。

Read Article

ゲーム好きのひきこもりが異世界で勇者に!『この素晴らしい世界に祝福を!』

2016年冬に放送されていたアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』に関する記事です。この作品は、不慮の事故で死んでしまった引きこもりの主人公が異世界へ転生して個性的なパーティメンバーと共にたくさんのトラブルに立ち向かう物語です。この記事では、主人公をトラブルに巻き込ませるパーティメンバーについて紹介します。

Read Article

目次 - Contents