BioShock Infinite(バイオショック インフィニット)のネタバレ解説まとめ

『BioShock Infinite』とは、アメリカのゲーム開発会社、Irrational Gamesが開発したPC、PlayStation3、Xbox 360専用ソフトで、「BioShock」シリーズの第3弾である。ジャンルはFPS形式のアクションRPGとなっている。基本的なゲームシステムは前作から引き継ぎながらも、舞台は一新されている。多額の借金を抱えた主人公ブッカー・デュイットは、「娘を連れてくれば借金は帳消しだ」という依頼を受け、空中都市「コロンビア」を訪れる。

クロスボウ

DLC第2弾「ベリアル・アット・シーEpisode2」での、エリザベスのメイン武器。音を立てずに攻撃できるものの、リロードは遅く弾数も限られており、強化もできないので使い所を選ぶ必要がある。敵を眠らせる麻酔矢のほかに、催眠ガスを噴射して敵を眠らせるガス矢と、着弾点から音を立てて敵の注意を引くノイズメーカーがある。

アイテム

シルバー・イーグル

いわゆるお金で、コロンビアのいたるところに落ちている。コインの形のほか、金銀の延べ棒も存在する。また、各種自動販売機にポゼッションをかける、エリザベスに拾ってもらうことで手に入れることもできる。

インフュージョン

ブッカーの強化に使うアイテム。コロンビアの各所にあり、全部で24個。

ライフ回復アイテム

医療キットをはじめとして、さまざまな食べ物がある。回復量は食べ物によって異なる。また、酒類を連続して大量に取得すると酔っぱらい、視界がゆがむ。

ソルト回復アイテム

ソルトの瓶をはじめとして、さまざまな種類がある。回復量は種類によって異なる。

自動販売機

コロンビアの各所に配置されている自動販売機。3種類あり、種類によって弾薬やアイテムの購入、ビガーの購入、武器の強化ができる。

ダラー・ビル

各種弾薬や医療キット、ソルトの瓶といった基本的なアイテムを購入できる。

ビッグ・ビッグ・ビガー!

ビガーのアップグレードを購入することができる。

ミニットマンの武器庫

武器の強化ができる。そのときに所持していない武器の強化も可能。

ビガー

前作における「プラスミド」にあたる全8種類の特殊能力。これまでは各能力を適宜入れ替えることでスロットの数だけ装備する形だったが、今作ではすべての能力を一度にストックでき、戦闘中には最大2種類を随時選択して装備することができるようになっている。使用するためには、前作のEVEに当たる「ソルト」(いわゆるMPに相当)を消費する。前作と同じくレベルがあり、購入していくことで強化・拡張が可能。中ボスクラスの敵である「ヘビーヒッター」には効果が限定される、もしくは無効となるものもある。

ポゼッション

最初に入手するビガーで前作の「ハッキング」に相当する。緑色の幽霊を発射し、ヒットさせた敵を一定時間味方につけることができる。人間タイプの敵なら味方にした後、一定時間経過後その敵は自殺する。タレットなど機械系の敵は時間が切れると敵に戻る。ファイアマン、クロウ、パトリオットに対しては効果時間がごく短い。また、各種自動販売機に使うことで商品が値下げになるほか、少量のお金を入手することができる。長押しでのトラップ設置が可能。

デビルズ・キス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents