BioShock Infinite(バイオショック インフィニット)のネタバレ解説まとめ

『BioShock Infinite』とは、アメリカのゲーム開発会社、Irrational Gamesが開発したPC、PlayStation3、Xbox 360専用ソフトで、「BioShock」シリーズの第3弾である。ジャンルはFPS形式のアクションRPGとなっている。基本的なゲームシステムは前作から引き継ぎながらも、舞台は一新されている。多額の借金を抱えた主人公ブッカー・デュイットは、「娘を連れてくれば借金は帳消しだ」という依頼を受け、空中都市「コロンビア」を訪れる。

コーネリアス・スレート(Cornelius Slate)

日本語版声優:飛田展男

一部のコロンビア市民からは「英雄」とも称される初老の軍人。かつてブッカーとともに「ウーンデッド・ニーの虐殺」に参加し、さらに中国の清朝末期の動乱である「義和団の乱」にて北京の制圧にも参加している。当初はカムストックに同調していたが、カムストックが自分たちの戦績を自分のものとして語っていることで失望、部下を率いて反乱を起こす。

『BioShock Infinite』の敵キャラクター

前作と異なり、本作に登場する敵の大半は基本的に警察組織や民兵など、強力な装備や特殊な能力を持っているものの通常の人間である。

市民 / 警察官 / 反乱兵 / 狂信者 / ヴォックス・ポピュライ

容姿や装備がそれぞれ異なるが、基本的には同種の敵キャラクターで本作でもっとも多数登場する。警棒やさまざまな銃器で武装しているが、特殊な能力は持っていない。序盤の武装は棍棒やピストルなどだが、中盤から終盤にはショットガンやスナイパーライフルなどの強力な武装を所持しているものが登場する。頭部が弱点でヘッドショット判定あり。無効なビガーは特にない。

ビースト

重装備の兵士で、高い耐久力と攻撃力を持つ。RPGやヘイルファイア、ボレーガンといった火力の高い武装を所持しており、障害物の向こうからでも高い精度でブッカーを狙ってくる強敵。ポゼッションが有効。

ファイアマン

最初に遭遇するヘビーヒッター(中ボス)。名前の通り全身に炎をまとっており、放物線を描く火炎弾と炎を撒き散らす近接攻撃で襲ってくる。さらに、瀕死状態になると自爆モードになり、こちらに突進してきて自爆しようとするので気が抜けない。火炎攻撃であるデビルズ・キスは無効。バッキング・ブロンコで浮かせるのが有効。

クロウ

全身黒尽くめで棺桶を背負った不気味な姿のヘビーヒッター。カラスの群れに変身してのテレポート能力で移動し、ロングソードで斬りつけてくる。こちらに近づいていくる性質を利用し、トラップを仕掛けるのが有効。マーダー・オブ・クロウは無効。

モーターパトリオット

ブリキの巨人で、クランクガンで猛攻を仕掛けてくる強力なヘビーヒッター。真正面から戦うのは得策ではないので、弱点である背中の赤い歯車を狙うのが有効。また、機械なのでショックジョッキーも有効。

ハンディマン

鋼鉄の巨体と、さらに巨大な両手を持つ改造兵士。巨体だが動きはすばやく、軽快にジャンプしながらこちらを追い詰めてくる。強力な突進や光弾に加えて、スカイラインに電流を流してこちらの移動を阻害してくる厄介な敵。人型だが弱点は頭部ではなく胴体にある心臓。しかし、すばやく動き回るので狙い撃つのは至難の業である。

セイレーン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents