東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。
戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

出典: www.amazon.co.jp

歩鈴がミュウプリンに変身した時の姿。

よわいものいじめはいけないのだーっ

出典: www.zerochan.net

れたすは緑色の髪の女の子で、歩鈴は黄色い髪の女の子だ。

1巻で歩鈴が奥村大付属中学に通うれたすをいじめる女の子たちに言ったセリフである。

れたすはいじめっ子の女の子たちと博物館に来ていた。れたすはいじめっ子たちにホットコーヒーを買ってくるように頼まれるが、いじめっ子たちにホットコーヒーを渡した途端に「ムカつくんだよっ!うぜぇな、ったくよおっ」とコーヒーを投げつけられてしまう。
れたすが「ごっ、ごめんなさい。で、でもわたし言われたとーりにホットコーヒーを買って⋯」といじめっ子たちに言うと、「このクソ暑いのにホットなんて買ってくんじゃねーよ!」と返ってきた。
れたすが「でもさっき確かめたらホットって⋯⋯」と反論すると、「気が変わったんだよ!それくらい気づけバーカ!」と言い返されてしまう。

見出しのセリフは偶然泣いているれたすを見かけた歩鈴がいじめっ子たちに言ったもので、初対面のれたすを庇う歩鈴の正義感が表れた名セリフである。

大変?そんなコトはないのだ。チンチャもハナチャもルーチャもホンチャもヘイチャもみんないいコなのだ。歩鈴じまんのおとーとといもーとなのだ!

出典: twitter.com

歩鈴にはたくさんの弟や妹がいる

5巻で歩鈴が言葉が通じるペットの猿に言ったセリフである。

歩鈴には、たくさんの弟や妹がいる。歩鈴の母親は病気で他界し、父親は山でなんらかの修行をしているため、家での家事はすべて歩鈴が受け負っていた。
ある日、歩鈴が夕食を家族みんなで食べるが、歩鈴の妹のひとりが「あれー?ケチャップがないのだ!やなのだ、焼き魚にはケチャップがないとたべれないのだーっ!」と言いだした。
そこで歩鈴は夜遅くにケチャップを買いに行くことになる。

見出しのセリフは「大変そう」という意味で「う〜き〜」と言葉をかけるペットの猿に対して歩鈴が言ったもので、しっかり者で兄弟思いな優しい一面が表れた名台詞である。

⋯⋯⋯⋯⋯タルタルに歩鈴は殺せないのだ。歩鈴とタルタルは友達なのだ♡

出典: twitter.com

5巻で歩鈴が地球を侵略しようとするエイリアンのひとりであるタルトに言ったセリフである。

「夕食の魚にはケチャップを合わせたい」という妹の希望で、歩鈴は夜遅くに家には無かったケチャップを買いに行くこととなる。
買い物が終わって家に帰る途中、歩鈴はエイリアンのパイやタルトに襲われ、捕まってしまう。

歩鈴が捕まえられたのは、TOKIOドームの地下だった。

歩鈴が目を覚ますと、敵のひとりで歩鈴と同じくらいの年の子供に見えるタルトが「ここはTOKIOドームの地下だ!!これからキメラアニマを使ってドームを沈下させるんだ。それも5万人も集まるコンサートの真っ最中になっ!!おまえはなあっ、人質なんだ!でも用がすめば殺されちゃうんだ。どーだ!?こわいだろー!」と歩鈴を脅す。

ところが、天真爛漫で怖いもの知らずの性格の歩鈴はタルトの言葉に恐れなかった。

「歩鈴もどーむで芸したいのだっ!一万人のおひねりほしーのだっ!」と歩鈴はマイペースにタルトに話しかける。

タルトは、どんなに脅しても笑顔やマイペースさを崩さない歩鈴に対してやきもきした感情を抱いていた。

歩鈴を怖がらせるため、タルトは小型のキメラアニマを歩鈴の目の前に見せ、「いまこいつらが、何百ぴきも土を汚染しながらここの地下を掘り進んでいるんだ。どーだ?こんどこそこわいだろー!」と言う。

歩鈴は「わーい!かわいいのだーっ!」とキメラアニマをペットのように触ろうとすると、タルトは「やめろー!死ぬ気かバカ!あいつらの毒を人間が直接受けると死⋯」と歩鈴を勢いで助けた。

敵である自分を助けてくれたタルトに、歩鈴は「ありがとなのだ♡やっぱりタルタルはいいやつなのだ!歩鈴を助けてくれたのだ♡はいっ、これお礼なのだっ!」と飴玉を渡してお礼をいう。

見出しのセリフは一瞬飴玉を受け取ろうとするがすぐさま躊躇して「おっ、おまえなんかいますぐ殺してやる!!」というタルトに対し歩鈴が言ったもので、タルトが人間を襲う敵でも根は優しい性格なのを察し、友達になろうとした歩鈴の明るさと聡さが表れた名台詞である。

藤原ざくろ/ミュウザクロの名言・名セリフ

出典: mangasouko-shop.jp

ざくろは普段、モデルの仕事をしている中学生だ。クールな性格の一匹狼だったが、いちごたちと過ごすうちに笑顔を見せるようになる。

出典: www.amazon.co.jp

ざくろがミュウザクロに変身した時の姿。

あたし⋯仲間とかってキライなの。でも⋯⋯あなたたちのことは考えてみるわ。

出典: www.zerochan.net

2巻でざくろがいちごたちに言ったセリフである。

ひとりでいることが好きなざくろは、「ミュウミュウの仲間になってほしい」といういちごやみんとたちの願いをキッパリと断っていた。
ところが、いちごたちと協力してキメラアニマを倒すことで、いちごたちを認めるようになった。さらに、TVのカメラが回っている中でいちごが堂々と「あたしたち五人そろって正義の味方、東京ミュウミュウ!これからも地球の未来にご奉仕するにゃん♡」と宣言したことで、ざくろはいちごのことを面白いと感じて少し笑顔を見せるようになった。

見出しのセリフはざくろがいちごたちに心を開き、「ミュウミュウの仲間となった」と示す名台詞である。

無事でよかった。

出典: www.zerochan.net

ミュウミュウのみんなとすごすうちにいちごやみんとたちが大切な存在となっていったざくろ。

7巻でざくろがいちごに対して言ったセリフである。

エイリアンとの最終決戦で自分の命と引き換えでディープブルーを倒した青山を蘇らせるため、いちごは自らの命を青山に捧げる。
みんとやざくろたちがいちごの元へと駆け付けると、いちごはすでに息をしていなかった。いちごの死を悲しんだ青山はいちごにキスをする。
すると、奇跡が起きていちごは蘇った。
自分の命を救ってくれた青山に対して「青山くん大好き!!」と笑顔で抱きつくいちごだが、みんとやれたすたちは「なっ、なにが青山くん大好きですのーっ!?」「心配させておいてひどいですーっ!」と涙をながしていちごに迫る。とくにみんとは、いちごが生き返った嬉しさでいちごに泣きながら抱きついた。

見出しのセリフはみんなが涙をながすなかでいちごに優しく声をかけたざくろのもので、ざくろの優しさや仲間想いの一面が表れた名台詞である。
以前ざくろは「仲間なんかいらない」と考えていた。だが、ミュウミュウとしていちごやみんとたちと共に敵と戦う内に、仲間と共に何かを成し遂げる楽しさや、いちごたちへの友情や信頼感が生まれたのだ。

青山雅也/蒼の騎士の名言・名セリフ

出典: www.zerochan.net

青山はいちごのことが好きな少年で、後にいちごと恋人同士となる。最初はいちごがミュウミュウとして戦っていることを知らなかったが、ミュウイチゴのすがたをみて正体に気がつく。

出典: twitter.com

青山は、一つの体のなかに青山、蒼の騎士、ディープブルーの3つの人格を持つ。蒼の騎士は青山が金髪のときの姿で、「厳しい戦いに身を投じるいちごを守りたい」という思いから誕生した人格だ。ディープブルーは長髪の姿をした男性で、地球を支配しようとするエイリアンのトップだ。青山は、ディープブルーが生み出した人格だった。

いちごには鈴つけとかなきゃ、もう二度とかってにいなくならないように。約束、いちごはぼくのネコなんだから⋯⋯⋯

出典: tokyo-mewmew.net

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

十二国記(The Twelve Kingdoms)とは

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。古代中国風の異世界を舞台に、権力とそれに伴う責任、コンプレックスなどを通して成長する人々を描くこの物語は、異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents