篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(しのだ みう)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れない女優で、物事を冷静且つ客観視出来るしっかり者の大人な女性。周囲からは名前の美雨をもじった「ミュー」と呼ばれている。恋愛経験が少なく、孤独からリストカットを繰り返したり、過呼吸の症状を持っていたりする。後に主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」のリーダー兼ドラム担当であるヤスと付き合う。

篠田美雨の概要

篠田美雨(しのだ みう)は、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。

主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」が所属する芸能事務所「四海コーポレーション」で売れない女優をしている。
恋愛経験が少なく、孤独から精神不安定でリストカットを繰り返し、過呼吸の症状もある。

後にブラストのリーダー兼ドラム担当であるヤス/高木泰士(たかぎ やすし)と付き合い、愛を知り女として、人間として成長する様子が描かれている。

篠田美雨のプロフィール・人物像

生年月日:1973年9月12日
血液型:A型
星座:乙女座
年齢:27歳

CV:千葉紗子

色白、ストレートロングヘアの着物が似合う和美人。
周りからは美雨という名前をもじった「ミュー」と呼ばれているが、自身の名前を気に入っている為、本当はきちんと名前で呼んでほしいと思っている。
好きなお酒はヤスと同じ純米酒とバーボン。朝は必ず牛乳を飲むようにしている。
着付け技能士の師範免許をもっており、主人公 小松奈々(こまつ なな)、通称「ハチ/奈々」を弟子のように可愛がっている。奈々の練習用の着物を骨董市に買い付けに行った際は店の主人に値切ってあげたりするなど、姉さん気質を見せた。

職業はブラストも所属する芸能事務所「四海コーポレーション」で売れない女優をしている。芸名は「美雨」。年齢は職業上では22歳という設定にしている。Vシネマの出演から麻雀が強くなり、ブラストやトラネスのメンバーと比較しても群を抜いて強い。
しっかり者で気遣いが出来る大人な女性だが、とても神経質な性格からか精神的に不安定になる一面もあり、手首にリストカットの跡がある。また過呼吸に陥ることもしばしば。癒しの為に自分の部屋で熱帯魚(グッピー)を飼育している。

初めはブラストのギタリスト ノブ/寺島信夫(てらしまのぶお)とイイ感じになりつつあったが交際には発展せず、後にのリーダー兼ドラム担当のヤスと付き合うようになる。

篠田美雨の来歴・活躍

篠田美雨の初登場

ナナの症状が過呼吸ではないかと告げる篠田美雨(右のセンター分けの女性)。

コミックでは11巻から登場する。

ブラストはデビューに向けて山奥で7泊8日のレコーディング兼強化合宿を行っていた。そして東京に戻った後は事務所「四海コーポレーション(通称:四海)」の寮に入ることになった。
そこで篠田美雨と出会うのである。

ブラストのチーフマネージャー 諸星銀平(もろぼしぎんぺい)が寮内をナナに案内した。
寮は四海のタレント限定で安全で快適と聞いていたが、実際は窓を開けるとラブホテルがあり、日当たりや治安も悪く、警備員も寝ているような環境にナナはげんなりしていた。

そんな中、ハチに失恋したばかりのノブが隣の部屋のAV女優、高坂百合(こうさかゆり)と仲良くしている姿を目にする。
ナナはハチを自分の周りに置いておく為、ハチとノブに元サヤに戻って欲しい願望があるので、百合の部屋の隣は危険だと言い強引にノブと部屋を代わった。
ナナはノブの失恋時に交わした「ハチ公取り戻せ大作戦」を忘れてないか問うと、ノブはバンドとハチは関係ないし、もう諦めていると言う。
ナナはショックを受け、過呼吸になってしまう。

パニックになったノブはヤスに助けを求めた。
ヤスはナナを抱き抱え、「ずっと着いててやるから心配するな。俺はどこにも行かねぇよ…」と言って慰め救急車の到着を待った。
そこに美雨が現れ「過呼吸じゃない?それ死ぬほど苦しいのに絶対死ねないのよね。生き地獄?」と冷ややかな目で言い去っていった。
これが美雨の初登場だ。

ノブはヤスに言われ、紙袋かビニール袋を探しに隣の部屋の戸を叩く。
そこは美雨の部屋だった。

美雨は「紙袋の方がいいよ。ビニールは下手に使うと余計苦しくなるから」と言い紙袋をノブに渡した。
使い方など知らず困惑するノブに「あたしはいつも自分でやってる」と言い紙袋の使い方を教えた。
ノブが「ありがとう。やってみるよ」と慌てて部屋を出ようとすると、ヤスのような安定剤みたいな人がいるから慌てなくて大丈夫と諭し、羨ましくて意地悪をってしまった事を謝罪し扉を閉めた。

ノブとの恋愛の行方

寮のコインランドリーで美雨の初登場後、初めて顔を合わす美雨(左)とノブ(右)。

ナナの過呼吸問題後、美雨とノブは徐々に話すようになっていった。
美雨が寮のコインランドリーで芝居の台本を読んでいるとそこにノブがやってきた。
ノブは美雨を気遣いながらもナナの発作について相談し始める。内容は、もしナナがまた発作を起こした時、本人が不安にならないよう平然とするように医者やスタッフから言われたが、苦しい時に平然とされた方が寂しくないか、またノブは平然と出来る自信がないという内容だった。
美雨はくすりと笑いながら、平然とされても動揺されても思いやりが感じられたら寂しくはないと答えた。ノブは人として当たり前の事を相談してしまった自分に恥ずかしく思い、会話を美雨の読んでいた台本に向けた。
「女優さんなの?!」と美雨を知らない事にまたもや気まずそうに謝るノブは、発売されたら観るからとタイトル聞き出す。
「単騎な女」というタイトルを聞き、ノブは「麻雀映画?!」と麻雀好きを伝えて喜ぶ。美雨は一喜一憂し子供っぽいノブにクスクス微笑み、ノブはその笑顔を見て満更でもない様子を見せた。
少しの沈黙の後、ノブは「もういっこ質問していいですか?」と言い「君の名は?」と問うたのであった。

美雨(左)の撮影現場に顔を出したノブ(右)。

ノブに本当の年齢を聞かれ「27」と怒りながら答える美雨。

とある日、「ミューおはよー♡」と呼ぶノブに美雨は「ミューじゃなくて美雨」と「ミュー」と呼ぶのをやめて欲しいと伝える。
ノブは「可愛いあだ名だからいいじゃん」と楽し気だが、美雨は自分の名前を気に入っている為、誰も自分の名前を「美雨」と呼んでくれない事に落ち込んでいた。すると、ノブは「じゃあ俺だけ美雨って呼ぼっと♡」と言い、美雨も嬉し気な様子で会話を楽しんだ。
その日の午後、リハの合間を見て美雨の撮影現場にノブの姿があった。「似合うね、銀行コス。大人っぽい♡」と朝からハートマーク全開のノブに美雨は「今朝から口説かれてる気がする」と困惑気味。
ノブは焦ったように「いえ、そんなつもりは!いや、ちょっぴりあるけど」と照れるが、「大人をからかわないで」と言い、去ろうとする美雨。
美雨の誕生日や年齢、血液型なども調査済みのノブは美雨の腕を引き、ガキっぽく見えるかもしれないが3ヶ月後には21だから1個しか変わらない事を美雨に伝える。しかし美雨は年齢は公称だと言った。「本当はいくつなの?」というノブの問いに「27」と睨みを利かせて答える美雨に、ノブはあからさまにドン引きし「すいません…」と後ずさりするのである。
「さっさと仕事に戻りなさい」と言われ、ノブは一人タクシーの中で7つも年上のお姉さんに相手にされる訳ないと落ち込んでいた。

薄い寮の壁はノブの部屋の目覚ましが美雨の部屋まで聞こえるくらい薄く、孤独で精神不安定な美雨には心地がいい。
鳴り響く目覚ましが止みノブが起きたと安心したが、シーンとしているので二度寝したと察した姉さんタイプの美雨はノブの部屋をノックし起こしに行った。毎日うるさくてごめんと謝るノブに美雨は「おかげで最近よく眠れるよ」と安心感を口にした。
また逆にノブが仕事から帰ってくると、美雨の部屋からブラストの曲が流れている事もあった。

そんな中、ブラストのベース シン/岡崎真一(おかざきしんいち)とトラネスのボーカル レイラ/芹澤レイラ(せりざわれいら)の合同誕生日パーティーが行われ、美雨と百合も招待された。
美雨はショートドレスでカクテルを持ち、一人壁際でぼ―っと立っていた。
そこにノブの元カノ ハチが現れた。ハチは一人で居心地が悪い中、一人ぼっちで立つ美雨を見つけ仲間意識から目が合い笑いかけるが、ぷいっと知らんぷりをする美雨。
美雨の視線の先にはハチに薄っすら笑顔を見せるノブの姿があった。
その後ノブは百合の強引な色仕掛けに乗ってしまい、パーティー会場から百合と姿を消した。

美雨が一人帰宅しようと会場を出ると、ヤスが声をかけてきた。美雨はきちんと名前で呼んでくれたヤスにビックリした。
ヤスはノブに惚れてるなら単純だから直球勝負しないと通じないと美雨にアドバイスする。美雨は元カノ(奈々)を引きずっていながら、百合の色仕掛けに乗るなんて最低だし嫌いだとノブに対する思いを告げた。
ヤスは男という低俗な生き物が嫌いって事だなと諭したところ、美雨は「ヤスはそうゆう浮ついた感じがしないからヤスの事は好きだよ」と笑顔で答える。
「あっそう?じゃあ色仕掛けなら乗るよ」とくわえタバコをしながら冗談交じりに言い、その場を去った。幸せになりたくて、美雨も揺れ動いているのである。
帰宅した美雨はまたリストカットをしてしまう。

こうしてノブとは恋愛関係には発展しないまま自然に流れたのである。

ヤスとの恋愛までの道のり

ヤスの核心をついた言葉に背中を向け涙を流す美雨。

シンとレイラの合同誕生日パーティーの翌日の深夜、美雨の部屋では隣のノブの部屋からノブと百合がイチャつく声が聞こえていた。
美雨は耐えられず、洗濯をしに部屋を出てコインランドリーに向かう。そこにはお酒を片手に「続♡となりの奥さん」という本を読みながら洗濯が終わるのを待つヤスの姿があった。
美雨は何かと気の合うヤスの空気に触れ、なんとなくほっとした様子だ。
小銭を切らしていた美雨は5千円を両替してほしいとヤスに頼むが、ヤスもそんなに持ち合わせておらず「やるよ」と言って小銭を美雨に差し出す。
受け取ろうとした美雨の手首にはリストカットの包帯が巻かれており、それがヤスの目に留まった。
咄嗟に手首を隠しお礼を言う美雨に、ヤスは「美雨、昨日は俺も一緒に帰ればよかったな。寮に一人きりじゃ寂しかったろ。」と優しい言葉をかけるが、美雨は別に一人で居る方が好きだと強がる。ヤスは自分もそうだと共感し隣の部屋のナナが嫁に行き急に静かになったと言い、「一人でいるのと一人になっちまうのは違うよな」と呟いた。
その言葉は美雨の心にグサリと刺さり、美雨はヤスに背を向けヤスにバレないよう涙を浮かべ流した。
ヤスはバンドをしている限りナナの子守役で明日からの巡業でまた暫く世話焼かされる為、今だけ感傷的になっていると伝え、「だからナナより601号室の女(美雨)の事の方が心配だ。ちょっと気が多いか」と優しく冗談交じりで話すのであった。美雨はヤスの優しさに触れ、ヤスに背を向け洗濯をしながら嬉しそうに微笑んだのである。

ヤスと美雨のメール交換のシーン。二人は忙しい合間を縫ってメールのやり取りをしていた。

ブラストが巡業中に百合のマネージャー杉村から美雨に百合が仕事をすっぽかし行方不明になった旨を告げられる。
杉村曰く、百合は男が出来るたびに仕事をドタキャンして姿を消してしまう問題児だ。
美雨はヤスにノブが何か知らないか聞き、もしノブが知らないなら百合が姿をくらます事はよくあるから黙っていてとメールした。

当の百合は某ホテルに身を隠し、ノブからのメールを待ちながら求人誌を読んでいた。
1週間経ちノブからメールがきた。もう限界だから早く会いたいという内容のメールに百合はシンに誰にも内緒で今晩泊まるホテルを教えて欲しいと頼み、荷物をまとめてサプライズでノブの泊まるホテルに向かい、部屋番号を伝え待ってる旨ノブにメールをした。

一方ヤスはノブに百合の探りを入れようと仕事が終わり部屋にノブを呼び出すが、百合からのメールを見たノブは遥々百合が会いにきてくれたから明日にしてとお願いする。
ヤスは今居場所が分かったが百合が行方不明だった事をノブに伝えたところ、ノブはビックリし驚きを隠せないでいた。
ヤスは百合と事務所には莫大な契約金が発生しており、百合は契約期間が終わるまではAVに出続けなければいけない事をノブに伝えた。ノブは四海のやり口が汚いと四海に対しての文句を言うが、ヤスはそれを承知で契約した百合も百合だと口にする。出回ったビデオは一生消えない事、それを嫌がる男(ノブ)と一緒に居ても百合が追い詰められるだけだという事をノブに告げ、もう一度よく考えろとノブを叱責した。

考えたノブは百合のいる部屋に行き、契約が切れる残り半年間、最後までAV女優としての百合を見届けるよう百合に伝え二人は一件落着した。

美雨は百合を迎えに翌朝福岡に発つことになった。
美雨は何であたしがと面倒くさそうだが、ヤスから美雨が来てくれたら心強いと言われ行くことに。
9時頃着くという美雨にヤスは10時に出るからそれまで自分の部屋で朝食を食べようと美雨を呼び出した。

ホテルで朝食をとる美雨とヤス。

ホテルに着くと、二人で朝食をとるが何かぎこちない様子。
ヤスはいきなりデザートから出された感じで順番が違うと違和感を伝えた。
美雨は「なんの順番?」と聞くと、ヤスは「朝食ってのは一日の始まりというより締めくくりなのかもな。一緒に夜を過ごしたもの同士の。きっとその後一日が始まるんだよ。」と言うと、美雨も「夜明けのコーヒーとか言うもんね」と大きく共感し盛り上がった。
そんな中、急に二日酔いのナナが部屋に入ってきて薬を懇願するが美雨を見るやいなや走り去っていった。
美雨はナナにとってヤスは精神安定剤みたいなものだから、自分が居たことにショックを受けたんじゃないかと心配するが、ヤスはナナはレンが居ればそんなに不安定にならないから大丈夫だと諭す。更に美雨の事も気遣い、「これからは俺も遠慮なく誰かと朝飯ぐらい食いてぇよ」と座って美雨に言った。
美雨は「あたしといきなりデザートじゃ意味ないよ?」というと、ヤスは東京に戻ったら酒でも飲もうと美雨が好きな酒を買って帰ると約束した。
美雨が純米酒とバーボンが好きな事を知ると、ヤスは固まり「つくづく気が合うな」と言いやれやれとした様子でコーヒーを口にした。

心の準備が出来ていないとヤスを拒む美雨。

東京に戻ると昔からのブラストの追っかけである上原美里(本名:都築舞)がブラストのマネージャーとして就任していた。
美里の就任祝いをした後、ヤスと美雨は部屋に戻り約束通りお酒を一緒に呑んでいた。
灰皿に置いたタバコが煙を出して燃えている中、美雨とヤスはキスをした。吸いかけのタバコをヤスが消した瞬間、美雨が次の行動を察しまだこれ以上は心の準備が出来ていないとストップをかけた。美雨は27にもなってごめんと謝るが、ヤスは美雨が男嫌いなのも知ってる為、嫌なら何もしないし謝らなくていいと大きく包み込んだ。
ヤスは自分が何を考えているか分からないとよく言われる為、美雨のように洞察力があって人の内側を見てる女じゃないと上手くいかないと伝えた。ヤスが初めて美雨への本心を伝えた一言だ。美雨も何故自分を選んだか悩んでいたためやっと府に落ちたと納得した。

さらに美雨はヤスが彼女を作らなかったのはナナの為だと思っていて、そうゆう関係が羨ましかったが、ナナはどんどん甘やかされて幼児化するのではないかと心配もしていたと語った。
ヤスは元々ナナのヤス依存症を断つ為、彼女を作るという理性的な判断が先にあった。その考えのもと冷静に考えこいつだと美雨を選んだ事に対し、そんな嬉しい事はないと美雨はヤスに言う。美雨は一時の衝動で舞い上がり色んな事を見失う恋愛感情というものを信じていない。美雨は「あたしはそういうヤスの浮ついてないところが好きなの」と再度思いを伝えた。ヤスも「俺だって浮かれることくらいあるんだから、そうゆう事言うと浮かれますよ!」と二人は笑い合った。

こうしてヤスと美雨は自然な流れで付き合うことになっていったのである。

nesheba55ok6
nesheba55ok6
@nesheba55ok6

Related Articles関連記事

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

本城蓮(ほんじょうれん)は、矢沢あい作の漫画『NANA』の主人公である大崎ナナの婚約者。人気バンド「TRAPNEST」のギター、作曲担当。港町の倉庫街に捨てられていた。地元では「BlackStones」のベースを担当し、ナナと同棲。「TRAPNEST」に誘われたことにより上京し、ナナと別れる。2年後にナナの上京により、再会。再び付き合うこととなり婚約する。薬物依存症。ナナの20歳の誕生日の前日、車の自損事故で死亡している。

Read Article

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬巧(いちのせたくみ)は矢沢あいの漫画『NANA』の登場人物。人気バンドTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のリーダーであり、ベースを担当している。理性的に物事を考え、頭の回転が早く常に冷静である。愛称はタクミ。 同じトラネスのレイラは幼馴染で特別な絆があり、レイラを守るナイトのような一面もある。 恋愛に関しては自由奔放で、一度に何人とも関係を持ち安定はしていなかったが、小松菜奈と出会いのちに結婚する。

Read Article

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(おかざき しんいち)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物で主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)通称:「ブラスト」」のベースを担当。仲間からは「シン」、「シンちゃん」という愛称で呼ばれている。親に見放されているシンは愛情を知らずに育ち、未成年にして喫煙、飲酒、売春を行っているがレイラや仲間との出会いにより、愛について悩み、揺れ動きながら成長していく。

Read Article

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(せりざわレイラ)とは、人気漫画『NANA』の登場人物であり、作中に登場する人気バンド「TRAPNEST」(トラップネスト)のボーカリストである。日本とアメリカのハーフであり幼い頃からその美貌と、ボーカリストとしての才能に注目されていた。同級生から差別を受けいじめられた過去を持つ。幼馴染であり後にTRAPNESTのベーシストとして共に活動していくタクミからバンドのボーカルとして誘われ、徐々に自分らしい生き方を見出していく。

Read Article

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(たかぎ やすし)とは矢沢あい作の漫画『NANA』に出てくる登場人物。 バンドのBLACK STONESではリーダーであり、ドラム担当。ナナの保護者代わりを担っている。メンバー内からは時たまやっさんと呼ばれている。スキンヘッドにサングラスという強面な風貌とは裏腹に、いつも心穏やかで周りのことを常に見守り、冷静に物事を判断できる性格。それもあってか周りからの信頼も厚く、頼りにされている。

Read Article

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。 身長が低いことがコンプレックス。 パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。 人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

Read Article

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬奈々(いちのせなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。愛称はハチ。 恋愛体質で夢見がちな性格。情に流されやすく、涙もろい。 ナナとは同居人の仲でBLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)のことを一番応援している。 ブラストやTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のメンバーからとても可愛がられており、奈々自身も仲間想い。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格の寺島伸夫(てらしまのぶお)とは相性が合う。

Read Article

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(おおさきなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のボーカル。二の腕に蓮のタトゥーが入っている。TRAPNESTの本城蓮(ほんじょうれん / レン)とは恋人同士。 レンの影響を受けており、ファッションやしゃべり方、癖などよく似ている。 幼少期に母に捨てられており、育ての親である祖母も亡くなってしまい天涯孤独。 友人や恋人など、自分と近い存在の人との関係性に悩み傷つきやすい性格。

Read Article

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合(こうさかゆり)/松本朝海(まつもとあさみ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れっ子AV女優。香坂百合は芸名で本名は松本朝海。主人公の大崎ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)も所属している芸能事務所「四海コーポレーション(通称:四海)」の寮に住んでいる。ここでブラストのギタリスト寺島伸夫(てらしま のぶお)と出会い、特技の色仕掛けから交際に発展する。恋愛と仕事の狭間で思い悩む様子が描かれている。

Read Article

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(えんどうしょうじ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターで、『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の元恋人である。地元の専門学校を卒業後、1年浪人し東京の美大に合格した。奈々の上京後、奈々のわがままに疲れていた章司はアルバイト先で出会った川村幸子(かわむらさちこ)と二股をかけた末、幸子を選びそのまま奈々と破局。その後は、幸子と同棲を始めたり、誕生日に花束を渡したりと幸子のことをすごく大切にしている。

Read Article

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞(つづきまい)/上原美里(うえはらみさと)は、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場するキャラクターである。作中に登場するバンド「BLACK STONES」のお世話係として四海コーポレーションに勤務している。中学時代から「BLACK STONES」の熱狂的なファンであり、「BLACK STONES」が東京でライブをするたびに上京するほどだ。本名は都築舞であり、ナナの母親が再婚相手との間にできた子である「上原美里」という名前を名乗っていた。

Read Article

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(ふじえだなおき)は矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する人気バンド「TRAPNEST」のドラム担当。中学時代からバンドをはじめ、高校時代に「TRAPNEST」に加入。高校卒業後に上京しメジャーデビュー。目立ちたがり屋で中学時代から金髪にしている。ムードメーカーであり、天然な発言や行動も多く、バンドメンバーによくつっこまれている。周りでは多くの事件が起こるが能天気に過ごしていることが多い。未来のシーンではイギリスに住んでおり、いなくなったナナを探している。

Read Article

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(さおとめじゅんこ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。主人公 小松奈々(こまつなな)の親友。実家は農家を営んでいる。元ヤンの為、物怖じしない性格でしっかり者。愛称は「淳子」や「淳ちゃん」。ピンチになる度に泣きついてくる奈々を時には母親のように叱り、時には愛のムチで突き放したりする姉御肌気質の大人な女性。上京し美大に通いながら油彩を勉強している。地元の専門学校時代に高倉京助(たかくら きょうすけ)に出会い、飲み会で意気投合し恋人となり都内で同棲している。

Read Article

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(たかくらきょうすけ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターである。『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の友人で、奈々の親友である早乙女淳子(さおとめじゅんこ)の恋人である。淳子と共に東京の美術大学へと通い、淳子と大学の友人とともに画廊を借りて個展を開いている。専攻は油絵。淳子と同様、大人びているため奈々からは「熟年カップル」と呼ばれている。コミックスの未来のシーンでは淳子と結婚していると思われる場面が描かれている。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

【NANA】ネタバレあり!22巻の途中までのあらすじ・ストーリーまとめ

【NANA】ネタバレあり!22巻の途中までのあらすじ・ストーリーまとめ

若い女性を中心に絶大な人気を誇る漫画『NANA』。2005年には映画化され、大きな話題になりましたよね。そんな中、作者が療養を発表。2009年から2022年現在に至るまで休載されており、再開が待ち望まれています。コミックスとしては22巻の途中までにあたるところでストップしているので、そこまでのあらすじ・ストーリーをまとめてみました。ネタバレを含むので、まだ読んでいない方は閲覧注意!

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents