サスペリア(Suspiria)のネタバレ解説まとめ

『サスペリア』とは、1977年に制作されたイタリア映画。イタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督の代表作。日本公開当時、音響立体移動装置(サーカム・サウンド・システム)の導入と、 「決して、ひとりでは見ないでください」というキャッチフレーズが話題となり大ヒットを記録した。ドイツのバレエ名門校に入学したアメリカ人の娘スージー。だが彼女の周りに奇怪な現象や殺人が次々と起こる。やがて彼女は学校に魔女が棲んでいる事実を突き止めていく。

ミス・タナー(演:アリダ・ヴァリ)

フライブルクバレエ学校の女主任教師。
バレエのレッスンだけでなく学校でのあらゆる仕事をテキパキと取り仕切る厳格な教師。初めて学校へ来たスージーへの対応では笑顔を見せるが、ダニエルの盲導犬が子供に噛み付いた件では、烈火のごとくダニエルを責めてクビにした。
学校近くの街に住んでいて毎日決まった時間に帰宅すると言うが、その足音が校内を出ていないことに気付いたサラに疑われる。

ダニエル(演:フラヴィオ・ブッチ)

盲目のピアニスト。
フライブルクバレエ学校の専属ピアニストとしてバレエレッスンの伴奏を務めている。
常に盲導犬を学校の外へ繋いで仕事をしているが、副校長の甥のアルバートがその盲導犬に腕を噛みつかれた件では、タナー女史から学校をクビにされ「こんな呪われた所、出て行ってやる」と捨て台詞を吐いてその場を立ち去った。その夜、立ち寄ったビアホールからの帰りに人気の無い道に差し掛かると、いつもは大人しく忠実な盲導犬が突然狂ったように激しく吠え出し、首に噛みつかれて大量出血により絶命する。

フランク・マンデル(演:ウド・キア)

精神科医の男性。
3年前に母の死で神経症に掛かったサラを患者として看ていた。
サラが行方不明となった朝、彼女が信頼していたと言っていたことを思い出したスージーからの連絡を受けて病院の前で彼女と会う。スージーに、サラが学校の創立者であるエレナ・マルコスが”黒の女王”と呼ばれた魔女だったという事実を掴んでいたという話をすると、魔女の話に興味を持ったスージーに魔女の専門家であるミリウス教授を紹介する。

マーク(演:ミゲル・ボセ)

フライブルクバレエ学校の男子生徒。
学費を稼ぐために、学校に住み込んでミス・タナーの世話係をしている。
ハンサムで女生徒に人気があり、殺されたパットと付き合っていたという噂もある。スージーが入学してからは何かと彼女を気にする仕草を見せる。

パット・ヒングル(演:エヴァ・アクセン)

フライブルクバレエ学校の女生徒。
スージーがドイツの空港から学校へ直行した際、玄関の前で怯えるように、「秘密のドア、アイリスが3つ、青を回して…」と呟き、スージーとすれ違うように豪雨の中をずぶ濡れになって走り去った。その夜、友人の女性が住むアパートに転がり込んだが、部屋の窓外の闇から突然窓現われた毛むくじゃらの腕に締めつけられ、胸や腹を何度もナイフで刺され、ガラス張りの天窓を突き破って首吊りにされるという悲惨な死を遂げる。
生前はサラと親しく、校内で感じた不信な事柄を全てまとめたメモを彼女に渡していた。

オルガ(演:バーバラ・マグノルフィ)

フライブルクバレエ学校の女生徒。
入学したスージーが最初に下宿した豪華な部屋の持ち主。部屋代は週50ドルとスージーに吹っ掛けるが、その後レッスン中に体調を崩したスージーを伝染病扱いし、下宿させることを一方的にキャンセルした。

ミリウス教授(演:ルドルフ・シュンドラー)

精神医学が専門の大学教授。
フランク・マンデルが、訪ねて来たスージーに魔女の専門家だと紹介した人物。
「偏執病と魔術」という著書があり、”黒の女王”エレナ・マルコスのことを聞くスージーに、魔女の習性や魔術の恐ろしさについての話を力説する。

『サスペリア』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

第1の殺人/首吊り状態で惨殺されるパット

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents